ツァンパ

ツァンパチベット語: རྩམ་པrtsam pa: tsampa: 糌粑 [zānbā])とは、主にオオムギの変種であるハダカムギ(裸麦、学名:Hordeum vulgare L. var. nudum Hook. f.、 繁体字: 青稞 /qīngkē/ )の種子脱穀し、乾煎りしてから、粉にした食品である。コムギオオムギ上新粉など別の穀物を用いる場合もある。

目次

概要編集

チベット人の主食で、日に3回ほど食べる。年間を通じて食べられる保存食でもある。遊牧生活をしているチベット人は、粉にしたものをヒツジの皮袋に入れて保存、携行している。

日本のはったい粉(麦焦がし)とほぼ同じものであるが、調味の方法が異なる。 ジャ(チベット語バター茶のこと)、または、湯とヤクギー[1]であるヤクバターを加えて練り、粘土状にしてから食べる。水分、ヤクバターの配合比率が適切であれば、器の中できれいにまとまるが、多すぎたり、少なすぎたりすると、べたべたするか、ばらばらのままとなるので、慣れない者は、徐々に水分を足してゆくと良い。

ツァンパを使った菓子編集

  • マルセン - ツァンパにヤクバター、粉チーズ、黒砂糖を混ぜて作る練り菓子

伝統行事編集

ツァンパ祭り
チベットではダライ・ラマの生誕日に、すれ違った人に挨拶しながらツァンパをふりかける風習があり、俗にツァンパ祭りと呼ばれている。
チェマー
元旦にはツァンパを練って作った、チェマーと呼ぶ山状の供え物の一部をつまみ取り、無病息災などを祈りながら、空中に投げる祭礼を行う風習がある。

タルカン編集

新疆ウイグル自治区などに住むウイグル人も、タルカン(talqan、تالقان)と称してツァンパを食べる場合があるが、ウイグル人の主食は小麦粉ナンと呼ばれるパン類や、ラグマンなどの麺類なので、補助的な食品である。

編集

  1. ^ 光永俊郎「嗜オオムギについてⅤ-歴史・文化・科学・利用」、『FFIジャーナル』第216巻第1号、日本食品化学研究振興財団、2011年1月、 64頁。

関連項目編集