ツィンメルベルクトンネル

ツィンメルベルクトンネル(Zimmerbergtunnel)は、スイスにある全長1984メートル単線鉄道トンネルである。チューリッヒ州(Zürich)ホルゲン英語版(Horgen)に所在する。

概要編集

トンネルはスイス北東鉄道 (NOB: Schweizerische Nordostbahn) により、チューリッヒからタルヴィルドイツ語版(Thalwil)を通りツーク(Zug)、さらにゴッタルド鉄道ドイツ語版 (GB: Gotthardbahn) への路線の一部として1897年6月1日に開通した。現在はスイス連邦鉄道(スイス国鉄)の路線の一部となっている。チューリッヒからの線路はホルゲン・オーベルドルフ駅英語版(Horgen Oberdorf)まで複線で、トンネルの東口で単線となる。トンネル西口を出ると、ジール川(Sihl)と交差してジールブラッグ駅英語版(Sihlbrugg)でジールタル鉄道ドイツ語版 (Sihltalbahn) と接続する。駅を出るとまもなくアルビストンネルドイツ語版(Albistunnel)となる。

ツィンメルベルクトンネルとアルビストンネルは、チューリッヒとツークの間のボトルネックとなっている。単線区間と13パーミルの勾配というボトルネックを解消するためにツィンメルベルクベーストンネルが計画されている。計画は2段階に分かれており、最初のチューリッヒ - タルヴィル間はバーン2000計画の一環として完成した。第2段階のタルヴィル - リッティ(Litti)間はアルプトランジット計画の一環として建設される予定となっているが、資金上の問題から延期されて完成予定は未定となっている。

関連項目編集