メインメニューを開く

レッドブル・アレナRed Bull Arena)は、ドイツザクセン州ライプツィヒにあるスタジアム。2010年6月まではツェントラールシュタディオンZentralstadion)という呼称であったがレッドブルが2010年に命名権を取得し、現在の名称となった。かつては1. FCロコモティフ・ライプツィヒFCザクセン・ライプツィヒが本拠地としていたが現在はレッドブルが出資するブンデスリーガのサッカークラブ、RBライプツィヒの本拠地。旧称のドイツ語の“Zentral”は、英語の“central”にあたり、英語で言うところの「セントラル・スタジアム」である。そのため日本語では「ライプツィヒ中央競技場」と訳出される。

レッドブル・アレナ
Red Bull Arena
Red Bull arena, Leipzig von oben Zentralstadion.jpg
施設情報
所在地 Am Sportforum 1, 04105 Leipzig
位置 北緯51度20分45秒 東経12度20分53秒 / 北緯51.34583度 東経12.34806度 / 51.34583; 12.34806座標: 北緯51度20分45秒 東経12度20分53秒 / 北緯51.34583度 東経12.34806度 / 51.34583; 12.34806
開場 1956年
修繕 2000年 - 2004年
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m x 68 m
建設費 9000万ユーロ
旧称
ツェントラールシュタディオン(Zentralstadion)
使用チーム、大会
RBライプツィヒ(2010年 - )
FCザクセン・ライプツィヒ(2004年 - 2008年)
東ドイツ「スポーツと体操の祭典」
2006 FIFAワールドカップ
収容能力
44,345人

概要編集

東ドイツ時代の1956年に完成、10万人を収容するスタジアムは当時ドイツ最大級のスタジアムであり、東ドイツの「スポーツと体操の祭典ドイツ語版」(Turn- und Sportfest der DDR)やサッカーの試合などで使用された。

しかし、次第に老朽化が進むにつれて1997年に改修を決定。2000年から2004年にかけて改修工事がなされ、2004年始めに新スタジアムとしてオープンした(写真で見るとおり、旧スタジアムのスタンドの傾斜が新スタジアムの周りに残ったままになっている)。改修に伴い、収容人数は44,199人となった。シュポルトフォールム・ライプツィヒにあり、隣にはスポーツやコンサートなどに使われるアレーナ・ライプツィヒがある。

地元のサッカークラブであるFCザクセン・ライプツィヒが2008-09シーズンまでホームグラウンドとしていた他、2006年ドイツW杯ではセルビア・モンテネグロオランダイランアンゴラフランス韓国スペインウクライナのグループリーグ4試合、アルゼンチンメキシコの決勝トーナメント1試合、合計5試合が行われた。

同大会の試合会場で唯一、旧東ドイツ領にあったスタジアムである(ベルリン・オリンピアシュタディオンは旧西ベルリンの領域に所在するため、東ドイツ領ではない)。

外部リンク編集