メインメニューを開く

ツブリナ綱(Tubulinea)は、アメーバ属アルケラ属ディフルギア属等の大型で身近なもののほとんどを含む、アメーボゾアの主要な分類群の1つである。

ツブリナ綱
Amoeba (PSF).svg
典型的な構造
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: アメーボゾア Amoebozoa
: ツブリナ綱 Tubulinea
学名
Tubulinea Smirnov et al. 2005
下位分類群

特徴編集

移動の際には、大部分が身体を円筒形にするか、多くの円筒形の仮足を形成する。それぞれの円筒は、その内部にある、顆粒を含んだ細胞質の流れによって進み、亜仮足は持たない。いくつかの種では、これが通常の移動法ではないものもあるが、この特徴がアメーバの他の分類から本綱を分けている。

分類編集

この分類は、全てのアメーバを仮足の顆粒によって分類したJahn等の一部の生物学者により予測はされていたが[1]、大多数は、葉状根足虫(Lobosea)を、廃止されたTestacealobosiaやGymnamoebiaに区分していた。後者は多系統群であったが、Bolivarらによる分子系統解析が核となる単系統のサブグループを同定した[2]。続く研究により、有殻の葉状アメーバが同じグループに属することが分かり、狭義のロボセア綱(Lobosea sensu stricto)[3]またはツブリナ綱(Tubulinea)[4]に改名された。

出典編集

  1. ^ Jahn, Bovee, Jahn (1979). How to know the protozoa. Wm. C. Brown Company Publishers. ISBN 0-697-04759-8. 
  2. ^ Bolivar, I., Fahrni, J.F., Smirnov, A. & Pawlowski, J. (2001). “SSU rRNA-based Phylogenetic Position of the Genera Amoeba and Chaos (Lobosea, Gymnamoebia): The Origin of Gymnamoebae Revisited”. Molecular Biology and Evolution 18 (12): 2306–2314. doi:10.1093/oxfordjournals.molbev.a003777. PMID 11719580. 
  3. ^ Cavalier-Smith, T., Chao, E-Y, Oates, B. (2004). “Molecular phylogeny of the Amoebozoa and evolutionary significance of the unikont Phalansterium”. European Journal of Protistology 40: 21–48. doi:10.1016/j.ejop.2003.10.001. 
  4. ^ Smirnov, A.V., Nassonova, E.S., Berney, C., Fahrni, J., Bolivar, I. & Pawlowski, J. (2005). “Molecular phylogeny and classification of the lobose amoebae”. Protist 156 (2): 129–142. doi:10.1016/j.protis.2005.06.002. PMID 16171181.