ツール・ド・フランス1974

第61回 ツール・ド・フランス 1974
全行程 22区間, 4098 km
総合優勝 エディ・メルクス 116時間16分58秒
2位 レイモン・プリドール +8分04秒
3位 ビセンテ・ロペスカリル +8分09秒
4位 ヴラディミオ・パニツァ +10分59秒
5位 ゴンザロ・アハ +11分24秒
ポイント賞 パトリック・セルキュ 283ポイント
2位 エディ・メルクス 270ポイント
3位 バリー・ホーバン 170ポイント
山岳賞 ドミンゴ・ペルレナ 161ポイント
2位 エディ・メルクス 118ポイント
3位 ホセルイス・アビレイラ 109ポイント

ツール・ド・フランス 1974は、ツール・ド・フランスとしては61回目の大会。1974年6月27日から7月21日まで、全22ステージで行われた。

みどころ編集

前年、当大会不参加だったエディ・メルクスジロ・デ・イタリアの3連覇を達成。ジャック・アンクティルと並ぶ、当大会5度目の総合優勝並びに、史上最多となる3度目のダブルツールを狙う。

一方、前年の当大会を圧勝したルイス・オカーニャヨープ・ズートメルクは逆に今大会は参加せず、メルクス断然ムードはますます高まっていた。

今大会の概要編集

メルクスが挨拶代わりともいうべくプロローグを制したが、第5ステージまでは、トラックの6日間レースでは同郷のメルクスの良きパートナーとして知られるパトリック・セルキュがマイヨ・ジョーヌを着ていた。しかし第7ステージを制したメルクスが早くもこの時点でマイヨを奪取。

第9ステージからは今大会のヤマ場であるアルプスステージがスタート。7時間を越える過酷なステージをメルクスが制し、この時点で総合2位のジョアキン・アゴスティーニョに1分37秒、同3位のレイモン・プリドールに2分1秒の差をつける。

メルクスは続く第10ステージも制するが、プリドールも頑張ってメルクスと同タイムゴール。プリドールは総合2位に浮上した。

しかしやはりメルクスは追撃してくる選手をことごとく潰していく。第11ステージではビセンテ・ロペスカリルゴンザロ・アハらのクライマーの力を利し、区間2位でゴールしたのに対し、プリドールはこの区間だけで6分17秒の差をつけられ、総合でも6位に転落した。

第14ステージを終えてメルクスがトップ。アハが2分5秒差の2位、ロペスカリルが3分20秒差の3位につけていた。

第15ステージからはピレネーステージ。そして第16ステージでプリドールが会心の走りを見せる。標高2680mのプラダーデ峠をトップで通過したプリドールはロペスカリルの追撃を振り切って区間制覇。メルクスは何とか1分49秒差の区間5位に入るが、総合2位に浮上したロペスカリルとは2分24秒差となった。

第17ステージ。ここでもプリドールが健闘。区間2位でフィニッシュし、メルクスとのタイム差を5分18秒差にまで縮め、総合3位に浮上してきた。対するメルクスは何とかロペスカリルとほぼ同タイムゴールを果たす。

ピレネーステージを終えて、トップのメルクスに対し、ロペスカリルが2分24秒、プリドールが5分18秒差で続いていたことから、まだまだこの時点では総合優勝の行方は分からない状況だった。しかし、山岳ステージを全て終えてからのメルクスの強さはさすがだった。

第19ステージ後半の個人タイムトライアルを制したメルクスは、第21ステージ前半の平坦ステージにおいて、平均時速48.532Kmの高速レースに持ち込んでロペスカリル、プリドールを完全に引き離し、同ステージ後半の個人タイムトライアルでも区間2位に入り、この時点で2位に浮上したプリドールに7分48秒、同3位のロペスカリルに7分49秒の差をつけ、ついに決着をつけた。

メルクスは最終ステージも制覇。そして終わってみれば何と今大会区間8勝を果たし、5度目の総合優勝に華を添えた。

日程編集

区間 月日 コース 距離 (km) 種類 区間優勝者
P 6/27 Brest 7   個人タイムトライアル   エディ・メルクス
1 6/28 Brest - Saint Pol de Léon 144   平坦ステージ   エルコーレ・グアラッツィーニ
2 6/29 Plymouth   164   平坦ステージ   ヘンク・ポッペ
3 6/30 Morlaix - Saint Malo 190   平坦ステージ   パトリック・セルキュ
4 7/1 Saint Malo - Caen 184   平坦ステージ   パトリック・セルキュ
5 7/2 Caen - Dieppe 165   平坦ステージ   ロナルド・デ・ワイト
6a 7/3 Dieppe - Harelbeke   239   平坦ステージ   ジャン=リュク・モリネリス
6b Harelbeke   9   チームタイムトライアル   モルテニ
7 7/4 Mons   - Châlons sur Marne 221   平坦ステージ   エディ・メルクス
8a 7/5 Châlons sur Marne - Chaumont 136   平坦ステージ   シリル・ギマール
8b Chaumont - Besançon 152   平坦ステージ   パトリック・セルキュ
9 7/6 Besançon - Gaillard 241   山岳ステージ   エディ・メルクス
10 7/7 Gaillard - Aix les Bains 131   山岳ステージ   エディ・メルクス
11 7/8 Aix les Bains - Serre Chevalier 199   山岳ステージ   ビセンテ・ロペス
7/9 Colomiers   休息日
12 7/10 Savines le Lac - Orange 231   山岳ステージ   ヨス・スプリュイト
13 7/11 Avignon - Montpellier 126   平坦ステージ   バリー・ホーバン
14 7/12 Lodève - Colomiers 249   平坦ステージ   ジャン=ピエール・ジェネ
7/13 Colomiers   休息日
15 7/14 Colomiers - La Seu d'Urgell   225   山岳ステージ   エディ・メルクス
16 7/15 La Seu d'Urgell   - Saint Lary Soulan Pla d'Adet 209   山岳ステージ   レイモン・プリドール
17 7/16 Saint Lary Soulan - La Mongie 119   山岳ステージ   ジャン=ピエール・ダンギヨーム
18 7/17 Bagnères de Bigorre - Pau 141   山岳ステージ   ジャン=ピエール・ダンギヨーム
19a 7/18 Pau - Bordeaux 196   平坦ステージ   フランシス・カンパネール
19b Bordeaux 12   個人タイムトライアル   エディ・メルクス
20 7/19 Saint Gilles Croix de Vie - Nantes 120   平坦ステージ   ゲラルド・ヴィアーネン
21a 7/20 Vouvray - Orléans 113   平坦ステージ   エディ・メルクス
21b Orléans 37   個人タイムトライアル   ミシェル・ポランティエール
22 7/21 Orléans - Paris 146   平坦ステージ   エディ・メルクス

その後編集

  • メルクスはこの年の世界自転車選手権・個人ロードも優勝し、史上初のジロ・ツール・世界チャンピオンという、トリプルクラウンを達成した。

総合成績編集

順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 エディ・メルクス   ベルギー 116h 16' 58"
2 レイモン・プリドール   フランス 8' 04"
3 ビセンテ・ロペスカリル   スペイン 8' 09"
4 ヴラディミオ・パニツァ   イタリア 10' 59"
5 ゴンザロ・アハ   スペイン 11' 24"
6 ジョアキン・アゴスティーニョ   ポルトガル 14' 24"
7 ミシェル・ポランティエール   ベルギー 16' 34"
8 マリアーノ・マルチネス   フランス 18' 33"
9 アラン・サンティ   フランス 19' 55"
10 ヘルマン・バンスプリンゲル   ベルギー 24' 11"

 マイヨ・ジョーヌ保持者編集

選手名 国籍 首位区間
エディ・メルクス   ベルギー プロローグ、第4、第7-最終
ヨセフ・ブルイエール   ベルギー 第1-第3
ヘルベン・カーステン   オランダ 第5、第6(b)
パトリック・セルキュ   ベルギー 第6(a)

外部リンク編集

第61回 ツール・ド・フランス 1974(フランス語)