ツール・ド・フランス2021

ツール・ド・フランス2021は、ツール・ド・フランスの108回目の大会。2021年6月21日から7月18日までの日程で開催された。

ツール・ド・フランス2021
レース詳細
コース108. ツール・ド・フランス
競技UCIワールドツアー2021 2.UWT
ステージ21
日付2021年06月26日 – 07月18日
距離3,414.4 キロメートル
FRA フランス
AND アンドラ
スタートブレスト
ゴールパリ
チーム23
参加人数184
完走人数141
平均速度41.165 キロメートル毎時
結果
優勝SLO タデイ・ポガチャル (UAE Team Emirates)
準優勝DEN ヨナス・ヴィンゲゴー (Jumbo-Visma)
3位ECU リチャル・カラパス (Ineos Grenadiers)
ポイント賞GBR マーク・カヴェンディッシュ (Deceuninck-Quick Step)
山岳賞SLO タデイ・ポガチャル (UAE Team Emirates)
新人賞SLO タデイ・ポガチャル (UAE Team Emirates)
敢闘賞FRA フランク・ボナモー[1] (B&B Hotels p/b KTM)
チームBRN Bahrain Victorious
◀20202022▶
ドキュメンテーション

スタート地はツール・ド・フランス2008以来となるブレスト

出場チーム 編集

ワールドチーム (19)プロチーム (4)

エントリーリスト 編集

注釈:

  • DNS-N: 第"N"ステージで、出走しなかった(Did Not Start)
  • DNF-N: 第"N"ステージで、ゴールしなかった(Did Not Finish)
  • OTL-N: 第"N"ステージで、制限時間を超過した(Over the Time Limit)
  • DSQ-N: 第"N"ステージで、失格となった(Disqualified)

大会日程 編集

ステージ開催日コースtype距離 (km)獲得標高ステージ勝者全体リーダー
1  06月26日ブレストランデルノー
 
丘陵ステージ
197.82785 m  ジュリアン・アラフィリップ    ジュリアン・アラフィリップ  
2  06月27日ペロス=ギレック – ミュール=ド=ブルターニュ
 
丘陵ステージ
183.52154 m  マチュー・ファン・デル・プール    マチュー・ファン・デル・プール  
3  06月28日ロリアンポンティヴィ
 
平坦ステージ
182.91539 m  ティム・メルリール    マチュー・ファン・デル・プール  
4  06月29日ルドンフージェール
 
平坦ステージ
150.41354 m  マーク・カヴェンディッシュ    マチュー・ファン・デル・プール  
5  06月30日Changé – ラヴァル
 
個人タイムトライアルステージ
27.2304 m  タデイ・ポガチャル    マチュー・ファン・デル・プール  
6  07月01日トゥール (アンドル=エ=ロワール県)シャトールー
 
平坦ステージ
160.6926 m  マーク・カヴェンディッシュ    マチュー・ファン・デル・プール  
7  07月02日ヴィエルゾンル=クルーゾ
 
丘陵ステージ
249.13111 m  マテイ・モホリッチ    マチュー・ファン・デル・プール  
8  07月03日オヨナ – ル・グラン・ボルナール
 
山岳ステージ
150.83558 m  ディラン・トゥーンス    タデイ・ポガチャル  
9  07月04日クリューズ – ティーニュ
 
山岳ステージ
144.94624 m  ベン・オコナー    タデイ・ポガチャル  
7月5日休息日 ティーニュ英語版
 
Ruhetag
10  07月06日アルベールヴィルヴァランス (ドローム県)
 
平坦ステージ
190.71472 m  マーク・カヴェンディッシュ    タデイ・ポガチャル  
11  07月07日ソルグ – Malaucène
 
山岳ステージ
198.94647 m  ワウト・ファン・アールト    タデイ・ポガチャル  
12  07月08日サンポール=トロワ=シャトー – ニーム
 
平坦ステージ
159.41959 m  ニルス・ポリッツ    タデイ・ポガチャル  
13  07月09日ニームカルカソンヌ
 
平坦ステージ
219.91973 m  マーク・カヴェンディッシュ    タデイ・ポガチャル  
14  07月10日カルカソンヌ – Quillan
 
丘陵ステージ
183.72901 m  バウク・モレマ    タデイ・ポガチャル  
15  07月11日セレ  アンドラ・ラ・ベリャ
 
山岳ステージ
191.34574 m  セップ・クス    タデイ・ポガチャル  
7月12日休息日   アンドラ
 
Ruhetag
16  07月13日  パス・ダ・ラ・カザ – サン=ゴーダンス
 
丘陵ステージ
1693250 m  パトリック・コンラッド    タデイ・ポガチャル  
17  07月14日ミュレ – Col de Portet
 
山岳ステージ
178.44368 m  タデイ・ポガチャル    タデイ・ポガチャル  
18  07月15日ポー – リュス・アルディダン
 
山岳ステージ
129.73555 m  タデイ・ポガチャル    タデイ・ポガチャル  
19  07月16日Mourenx – リブルヌ
 
平坦ステージ
2071241 m  マテイ・モホリッチ    タデイ・ポガチャル  
20  07月17日リブルヌサン=テミリオン
 
個人タイムトライアルステージ
30.8239 m  ワウト・ファン・アールト    タデイ・ポガチャル  
21  07月18日シャトゥーパリ
 
平坦ステージ
108.4619 m  ワウト・ファン・アールト    タデイ・ポガチャル  
  • 当初グランデパールはデンマークの首都コペンハーゲンとなる予定であったが、前年に続き新型コロナウイルスの世界的流行が続いたため2022年大会に順延することとなり、代わってブルターニュ地方で開幕を迎えることとなった。
  • 第7ステージの距離249.1kmは、21世紀に入ってから最長のステージ距離となった。
  • 個人タイムトライアルは第5・20ステージの2回あり、いずれも平地のコース。平地系の個人タイムトライアルが2度あるのは2017年以来。
  • 二大山脈はアルプス山脈ピレネー山脈の順に通過。ほとんどはフランス国内のステージだが、第15~16ステージでアンドラに入る。

各賞の変遷 編集

区間 区間勝者 総合首位
 
ポイント賞
 
山岳賞
 
新人賞
 
チーム総合首位
 
敢闘賞
 
1 ジュリアン・アラフィリップ ジュリアン・アラフィリップ ジュリアン・アラフィリップ イーデ・スヘリンフ タデイ・ポガチャル チーム・ユンボ・ヴィスマ イーデ・スヘリンフ
2 マチュー・ファン・デル・プール マチュー・ファン・デル・プール マチュー・ファン・デル・プール エドワード・トゥーンス
3 ティム・メルリール イーデ・スヘリンフ バーレーン・ヴィクトリアス ミヒャエル・シェアー
4 マーク・カヴェンディッシュ マーク・カヴェンディッシュ ブレント・ファンムール
5 タデイ・ポガチャル チーム・ユンボ・ヴィスマ -
6 マーク・カヴェンディッシュ フレフ・ファン・アーヴェルマート
7 マテイ・モホリッチ マテイ・モホリッチ マテイ・モホリッチ
8 ディラン・トゥーンス ワウト・プールス バーレーン・ヴィクトリアス ワウト・プールス
9 ベン・オコナー タデイ・ポガチャル ナイロ・キンタナ ベン・オコーナー
10 マーク・カヴェンディッシュ ユーゴ・ウル
11 ワウト・ファン・アールト ケニー・エリッソンド
12 ニルス・ポリッツ ニルス・ポリッツ
13 マーク・カヴェンディッシュ カンタン・パシェ
14 バウケ・モレマ マイケル・ウッズ バウケ・モレマ
15 セップ・クス ワウト・プールス ワウト・ファン・アールト
16 パトリック・コンラッド パトリック・コンラッド
17 タデイ・ポガチャル アントニー・ペレス
18 タデイ・ポガチャル タデイ・ポガチャル ダヴィド・ゴデュ
19 マテイ・モホリッチ マテイ・モホリッチ
20 ワウト・ファン・アールト -
21 ワウト・ファン・アールト -
最終成績 タデイ・ポガチャル マーク・カヴェンディッシュ タデイ・ポガチャル タデイ・ポガチャル バーレーン・ヴィクトリアス フランク・ボナムール英語版

観客の行為による大規模な落車 編集

第1ステージの終盤、フィニッシュまで残り46.8kmの地点で、「おじいちゃん、おばあちゃん、頑張ろう!」という祖父母へのメッセージを書いた段ボール製のプラカードを持った30代のフランス人女性が、テレビ放送のカメラに映るためにコースに接近して乗り出すようにプラカードを掲げた。

このプラカードに接触したトニー・マルティンが転倒[2]。この影響でメイン集団で大規模な落車が発生し、先頭の10数人を除くほぼ全ての選手が将棋倒しに転倒もしくは停車、または転倒した選手らを轢いた。ヤシャ・ジュターリン英語版イグナタス・コノヴァロヴァスを始めたとした何名かの選手はリタイアを余儀なくされたほか、多くの負傷者が発生した。ジュターリンは手を骨折したが、幸い死者は出なかった。

大落車の原因となった女性は現場から逃走したが、レース主催者のアモリ・スポル・オルガニザシオンはこの女性を訴え[3]、後に逮捕された[4]。この事故により最高1年の懲役、または1万5,000ユーロ(約197万円)の罰金が科せられる可能性があった。

しかし、SNSなどによって事故の原因となった女性への過剰なバッシングが世界的に加熱したことに配慮し、7月1日になって大会ディレクターのクリスチャン・プリュドムフランス語版は「事故は大げさに騒ぎ立てられた」「沿道のファンは気を付けなければならないというメッセージは伝わったはず」として、訴えを取り下げることを表明した[5]

最終成績 編集

 総合順位
選手チーム時間
1.   タデイ・ポガチャル    UAE Team Emirates82時間56分36秒
2.   ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma+ 5分20秒
3.   リチャル・カラパス Ineos Grenadiers+ 7分03秒
4.   ベン・オコナー AG2R Citroën Team+ 10分02秒
5.   ウィルコ・ケルダーマン Bora-Hansgrohe+ 10分13秒
6.   エンリク・マス Movistar Team+ 11分43秒
7.   アレクセイ・ルツェンコ Astana-Premier Tech+ 12分23秒
8.   ギヨーム・マルタン Cofidis+ 15分33秒
9.   ペリョ・ビルバオ Bahrain Victorious+ 16分04秒
10.   リゴベルト・ウラン EF Education-Nippo+ 18分34秒
11.   ダヴィド・ゴデュ Groupama-FDJ+ 21分50秒
12.   マッティア・カッタネオ Deceuninck-Quick Step+ 24分58秒
13.   エステバン・チャベス Team BikeExchange+ 37分48秒
14.   ルイ・メインティース Intermarché-Wanty-Gobert Matériaux+ 38分09秒
15.   オレリアン・パレ=パントル AG2R Citroën Team+ 39分09秒
16.   ウァウテル・プールス Bahrain Victorious+ 51分22秒
17.   ディラン・トゥーンス Bahrain Victorious+ 51分40秒
18.   ルーベン・ゲレイロ EF Education-Nippo+ 54分10秒
19.   ワウト・ファン・アールト Jumbo-Visma+ 57分02秒
20.   バウク・モレマ Trek-Segafredo+ 1時間02分18秒
21.   セルヒオ・エナオ Qhubeka NextHash+ 1時間03分12秒
22.   フランク・ボナモー B&B Hotels p/b KTM+ 1時間04分35秒
23.   ジョナタン・カストロビエホ Ineos Grenadiers+ 1時間06分20秒
24.   アレハンドロ・バルベルデ Movistar Team+ 1時間07分50秒
25.   セルヒオ・イギータ EF Education-Nippo+ 1時間09分16秒
出典: ProCyclingStats


脚注 編集

参考文献 編集

外部リンク 編集