メインメニューを開く

ティア・レオーニTéa Leoni, 1966年2月25日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市生まれの女優

ティア・レオーニ
Téa Leoni
Téa Leoni
本名 Elizabeth Téa Pantaleoni
生年月日 (1966-02-25) 1966年2月25日(53歳)
出生地 ニューヨーク州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 イタリア系アメリカ人
ジャンル 女優
活動期間 1984年-
配偶者 Neil Joseph Tardio, Jr. (1991年-1995年)
デイヴィッド・ドゥカヴニー (1997年-2014年)
テンプレートを表示

来歴編集

1966年ニューヨーク市に生まれたレオーニは、テキサス州出身の母親とイタリア人とポーランド人の血を引く父親を持つ[1][2]。尚、父方の祖母も女優であった。

ニューヨークバーモント州にある高校を経て、サラ・ローレンス大学へ進学するが卒業はしていない。その後は女優として活動を始め、アメリカ版昼ドラマ『サンタバーバラ』でテレビデビュー。ウィル・スミスマーティン・ローレンスと共演したアクションコメディー映画『バッドボーイズ』あたりから徐々に名前も知られ始め、大作映画『ディープ・インパクト』で主役を演じて一気に知名度が上がった。その後も順調にキャリアを重ねていく。コメディーセンスを開花させていくつかのシットコムにも出演。コメディエンヌとしての才能を発揮した彼女は、後に『おかしな泥棒 ディック&ジェーン』のリメイク作品『ディック&ジェーン 復讐は最高!』でジム・キャリーと競演し、主役のキャリーと息の合った夫婦を演じてコミカルな演技を披露した。

私生活編集

私生活では、1991年にNeil Joseph Tardio, Jr.と結婚するが4年後に離婚。しばらくした後、『Xファイル』シリーズのモルダー捜査官役で知られるデイヴィッド・ドゥカヴニーと結婚、2018年現在は二児の母親である。2000年には夫が主演する同ドラマに本人役でゲスト出演を果たした。また2004年にドゥカヴニーが監督を務めた『最高のともだち』にも出演している。しかしこのカップルは2008年10月15日現在別居中であり、離婚する予定であると発表された[3][4] が、そのまま離婚には至らず、2009年にはしばしば家族そろって旅行等に出かけているのが目撃されている[5]。同年12月3日には公の場に夫婦そろって現れ、完全に元の鞘に収まったと伝えられた[6]。2011年には再び別居したことが分かっている[7]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

脚注編集

外部リンク編集