メインメニューを開く

ティエリ・ジャルネThierry Jarnet1967年3月24日 - )はフランスの元騎手である。歴代2位タイの凱旋門賞4勝を記録している[1]

ティエリ・ジャルネ
Thierry Jarnet - Prix du Jockey Club 2016.jpg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 フランスの旗 フランス
生年月日 (1967-03-24) 1967年3月24日(52歳)
騎手情報
初免許年 1985年フランスの旗 フランス
免許区分 平地競走
経歴
所属 1985年- 2017年 フランス
テンプレートを表示

来歴編集

1985年メゾンラフィット競馬場を本拠地とする見習い騎手としてデビュー。1991年から名門アンドレ・ファーブル厩舎所属となり、1992年から1995年まで4年連続でフランスリーディングジョッキーとなる。1994年には自己最多の158勝を記録している[2]

晩年は名牝トレヴとのコンビで凱旋門賞連覇など数々の大レースを制覇した[1]

2017年11月29日、ドーヴィル競馬場にてゲート内で騎乗馬が暴れて膝を強打し、その後は騎乗を控えていた。2018年2月24日になって現役引退を表明した。ジェルネの引退にあたって、武豊は「僕がフランスで騎乗し始めたころ[注 1]の若手ナンバーワンで、それからもずっとトップであり続けた。騎乗技術は卓越していました。本当にジェントルマンで、そんな姿も騎手としてかっこいいな…と、いつも憧れていました」と語った[1]

フランス国内での通算成績は1万9412戦2304勝(GI48勝)。フェアな騎乗に徹し、制裁が極端に少ないことで知られていた。クリストフ・ルメールも憧れの騎手としてジャルネの名を挙げていた[1]

主な勝ち鞍編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 武がホワイトマズル凱旋門賞に初騎乗(6着)した際、カーネギーで優勝したのがジャルネである[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e 【沢田康文の欧州リポート】仏の名手ジャルネ引退…武もルメールも憧れた「アイドル」. サンケイスポーツ(2017年3月1日付). 2018年8月16日閲覧
  2. ^ 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.73】ティエリ・ジャルネ(PART-2). UMAJIN(2017年3月2日付). 2018年8月26日閲覧