ティティパン・プアンチャン

タイのサッカー選手

ティティパン・プアンチャン: Thitiphan Puangchan, Thitipan Puangchanタイ語: ฐิติพันธ์ พ่วงจันทร์1993年9月1日 - )は、タイ王国スパンブリー県出身のプロサッカー選手タイ・リーグ1バンコク・ユナイテッドFC所属。タイ代表。ポジションはミッドフィールダーボランチ)。

ティティパン・プアンチャン Football pictogram.svg
Thitipan Puangchan 20191001.jpg
タイ代表でのティティパン
AFCアジアカップ2019にて)
名前
愛称 ニュー[1]
ラテン文字 THITIPHAN Puangchan,
THITIPAN Puangchan
タイ語 ฐิติพันธ์ พ่วงจันทร์
基本情報
国籍 タイ王国の旗 タイ
生年月日 (1993-09-01) 1993年9月1日(29歳)
出身地 スパンブリー県
身長 178cm[2]
体重 65kg[2]
選手情報
在籍チーム タイ王国の旗 バンコク・ユナイテッドFC
ポジション MF (DH[2])
背番号 44
利き足 右足
ユース
2005-2010 サトリウィタヤ・2スクール英語版
2010-2011 ムアントン・ユナイテッド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2016 タイ王国の旗 ムアントン・ユナイテッド 87 (8)
2011 タイ王国の旗 スパンブリー (loan) 15 (3)
2016-2017 タイ王国の旗 チェンライ・ユナイテッド 42 (6)
2018- タイ王国の旗 BGパトゥム・ユナイテッド 55 (8)
2019 日本の旗 大分トリニータ (loan) 20 (0)
2021 タイ王国の旗 バンコク・ユナイテッドFC (loan) 27 (3)
2022- タイ王国の旗 バンコク・ユナイテッドFC 15 (2)
代表歴2
2011-2012 タイ王国の旗 タイ U-19 10 (4)
2012-2016 タイ王国の旗 タイ U-23 18 (7)
2013- タイ王国の旗 タイ 36 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年1月5日現在。
2. 2021年8月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

日本ではティッチパン・プアンジャンというカナ表記も使用される事がある[3]

来歴編集

 
ムアントン・ユナイテッド時代

クラブ編集

ムアントン・ユナイテッドFCトップチームへの昇格後、1年目からタイ2部に所属していたスパンブリーFC期限付き移籍し試合経験を積んだ。ムアントンに復帰した2012年にはタイ・プレミアリーグ優勝を経験。

その後は順調に年代別代表に選出されるなど活躍を続けていたが[4]2016年チャナティップ・ソングラシンら3選手が加入すると出場機会が減り、同年5月にチェンライ・ユナイテッドFCに移籍した[4]2018年に移籍金3000万バーツ(約1億4000万円)でバンコク・グラスFC(現:BGパトゥム・ユナイテッドFC)に移籍[5]。同年5月に加入したタナブーン・ケサラットと中盤を構成するも、チームの調子は上がらず最終節でタイ・リーグ2降格の憂き目に遭った[4]

2018シーズン終了後にバンコク・グラス公式サイト内のライブ番組にて、同クラブ会長のパウィン・ピロムパクディが提携先であるJリーグ・セレッソ大阪に期限付き移籍する見込みであると語ったが[4]、後に交渉は立ち消えになったとタイ国内で報道された[6]。その後、新たな移籍先として大分トリニータが浮上し、2019年1月18日に大分への期限付き移籍での加入内定が発表された[2]AFCアジアカップ参加により、チームへの合流はリーグ開幕の約3週間前であったが、本人も予想外であったという2月23日の開幕節・鹿島アントラーズ戦のスターティングメンバーに選出されると、カウンターの起点も担うなどチームの勝利に貢献。試合後同僚の松本怜は「大分の細かい戦術を理解するのは難しいし、ましてや外国人。あそこまで理解してスムーズにプレーできるのはかなりすごい」と称賛し、ボランチコンビを組んだ前田凌佑は「ニューは攻撃も守備も両方できるので、ちょっとフォローするだけで良い」とコメントした[7]5月8日YBCルヴァンカップグループステージ第5節・ヴィッセル神戸戦にて、同試合の決勝点となる来日初得点を記録した[8]。ただ、第7節で島川俊郎にポジションを奪われるとその後は先発機会が減少、通算でリーグ戦20試合の出場であった。

2020年、BGパトゥム・ユナイテッドに復帰[9]。復帰後はチームの主力として2020-21シーズンのタイ・リーグ1優勝に貢献した。

2021年8月、同年末で満了するBGパトゥム・ユナイテッドとの契約を延長せずにJリーグ復帰を希望しているとサイアムスポーツによって報じられたが[10]、8月16日に1シーズンローンバンコク・ユナイテッドFCに加入することが発表された[11][12]

タイ代表編集

2011年にU-19タイ代表に選出されて以降、U-23代表、A代表と各世代で名を連ねている。2019年、AFCアジアカップ2019のメンバーに選出されると、予選リーグ・決勝トーナメントと計4試合にフル出場し[2]、グループA最終節・開催国のUAE戦では0-1の状況から同点となるゴールを決め、チームを決勝トーナメント進出に導いた[13]

人物・エピソード編集

  • タイ代表選手のパイロテ・プアンチャン英語版を父親に持つ[5]。父親の活躍がニュースになったことから、ニュースという語句を短くした「ニュー」という愛称で周りから呼ばれるようになった[1][14]
  • 同級生で2017年から北海道コンサドーレ札幌でプレーしているチャナティップとは幼少期からの仲で、「彼の活躍がタイで大きく報道され、Jリーグの人気も出て試合が放送されていることも大きい」と、自身の後のJ入りの決断に影響を与えた事を明かしている[14]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2011 スパンブリー 25 ディビジョン1 15 3 15 3
2012 ムアントン・U TPL/
T1
10 3 10 3
2013 25 0 25 0
2014 14 0 14 0
2015 30 5 30 5
2016 8 0 8 0
チェンライ・U 28 12 1 12 1
2017 8 30 5 30 5
2018 バンコク・G 32 5 32 5
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 大分 44 J1 20 0 3 1 2 0 25 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 BGパトゥム・U 8 T1
通算 タイ T1 161 19 161 19
タイ ディビジョン1 15 3 15 3
日本 J1 20 0 3 1 2 0 25 1
総通算 196 22 3 1 2 0 201 23
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2013 ムアントン・U 25 2 0
2014 2 0
2016 2 0
通算 AFC 6 0

タイトル編集

クラブ編集

ムアントン・ユナイテッドFC
チェンライ・ユナイテッドFC
BGパトゥム・ユナイテッドFC

代表編集

U-19タイ代表
U-23タイ代表
タイ代表

代表歴編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 33試合 6得点(2013年 - )

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2013年3月22日 レバノンベイルート   レバノン ●2-5 AFCアジアカップ2015 (予選)
2.
3. 2017年7月14日 タイバンコク   朝鮮民主主義人民共和国 ○3-0 2017キングスカップ
4. 2017年10月5日 ミャンマーマンダレー   ミャンマー ○3-1 親善試合
5. 2018年10月14日 タイ、スパンブリー   トリニダード・トバゴ ○1-0
6. 2019年1月14日 アラブ首長国連邦アル・アイン   アラブ首長国連邦 △1-1 AFCアジアカップ2019

脚注編集

  1. ^ a b 鹿児島キャンプレポート5日目(1月29日)”. 大分トリニータ (2019年1月30日). 2019年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e “ティティパン選手 バンコク・グラスFCより期限付き移籍加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2019年1月18日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20190148291/ 2019年1月18日閲覧。 
  3. ^ チャナティップ起点にゴール! ザッケローニUAEとタイ、共に決勝T進出決定”. サッカーキング. フロムワン (2019年1月15日). 2019年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c d タイ代表ティティパンが来季Jリーグ、セレッソ大阪入り?”. BKK Sport Online (2018年12月13日). 2019年1月19日閲覧。
  5. ^ a b アジアで最もホットな大会AFFスズキカップ。注目選手を一挙に紹介:MF編”. FOOTBALL TRIBE (2018年11月14日). 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ ティーラトンは横浜Fマリノス、ティティパンは大分トリニータ入りへ”. BKK Sport Online (2019年1月18日). 2019年1月19日閲覧。
  7. ^ 同僚からも賞賛の声…大分のタイ代表MFティティパンが開幕Jデビュー”. ゲキサカ. 講談社 (2019年2月23日). 2019年5月14日閲覧。
  8. ^ 【ルヴァン杯】タイ代表MFの移籍後初ゴールで大分が2位浮上!首位C大阪は名古屋とドロー|Cグループ”. サッカーダイジェストWeb. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月8日). 2019年5月8日閲覧。
  9. ^ “ティティパン選手 期限付き移籍満了のお知らせ” (プレスリリース), 大分トリニータ, (2020年1月7日), https://www.oita-trinita.co.jp/news/20200156173/ 2020年1月7日閲覧。 
  10. ^ 本多辰成 (2021年8月7日). “元大分のタイ代表MFティティパンがJリーグ復帰を希望か”. サッカーキング. 2021年8月16日閲覧。
  11. ^ “BG UPDATE : "เดอะ แรบบิท" ปล่อยยืม "ฐิติพันธ์" ซบ "แข้งเทพ"” (タイ語) (プレスリリース), BGパトゥム・ユナイテッドFC, (2021年8月16日), https://www.facebook.com/123681449973/posts/10159932501624974/ 2021年8月16日閲覧。 
  12. ^ “An unveiling recap of New Thitiphan Puangjan, True Bangkok United’s latest singing midfielder.” (タイ語) (プレスリリース), バンコク・ユナイテッドFC, (2021年8月16日), https://www.facebook.com/truebangkokunited/posts/4635002459896103 2021年8月16日閲覧。 
  13. ^ タイ代表MFティティパンが大分に期限付き移籍! アジア杯UAE戦で値千金同点弾”. 超ワールドサッカー. CWS Brains (2019年1月18日). 2019年1月19日閲覧。
  14. ^ a b ““タイのランパード”大分MFティティパンが入団会見「10位以内に導きたい」”. スポーツニッポン. (2019年2月8日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/02/08/kiji/20190208s00002179277000c.html 2019年2月8日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集