メインメニューを開く

ティペット・スタジオTippett Studio)は、アメリカVFX制作会社である。映画テレビコマーシャルにおけるCGIを制作している。ストップモーション・アニメーションのパイオニアであるフィル・ティペット1984年に設立した。

過去22年間でティペット・スタジオは40作もの大作映画やCMにおいて視覚効果やアニメーションを担当し、『ジュラシック・パーク』においてアカデミー賞を1度受賞し、クリオ賞を4度、エミー賞を2度受賞している。

目次

歴史編集

ティペット・スタジオは当初、ストップモーション・アニメーションの制作会社としてスタートし、『ロボコップ』、『ロボコップ2』、『ロボコップ3』などの大作映画に参加、模型を使用したコマ撮りアニメーションを提供していた。

1991年『ジュラシック・パーク』の時に初めてCGに取り組み、デジタル・インプット・デバイス(DID)を開発した。Craig Hayesによって開発されたDIDは、実際に手に取れるキャラクターの骨組みを動かし、センサーによって動きの情報をコンピュータに入力するという新しい技術であった。Craig Hayesはアカデミー科学技術賞を受賞し、会社にオスカーをもたらした。『コーンヘッズ』のクリーチャーが、この会社の最後のストップモーションの仕事になった。

1997年『スターシップ・トゥルーパーズ』は当時のスタジオの最大のプロジェクトとなり、500ショットを超えるエフェクトを制作した。フィル・ティペットは副監督を務め、巨大なスケールの戦闘シーンを描いた。この映画のために数百のクリーチャーをアニメートし、コンポジットした。アカデミー賞にもノミネートされている。

現在、従業員は150人ほどで、カリフォルニア州バークレーに所在している

主な参加作品編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

外部リンク編集