ティボー1世 (ブロワ伯)

ティボー1世フランス語:Thibaud Ier, 913年 - 975年)は、初代ブロワ子爵およびトゥール子爵。のちブロワ伯、シャルトル伯、シャトーダン伯およびトゥール伯(在位:956年 - 975年)。詐欺師(le Tricheur)のあだ名でよばれる。

ティボー1世
Thibaud Ier
ブロワ伯
Old Arms of Blois.svg
在位 956年 - 975年

出生 913年
死去 975年
配偶者 リューガル・ド・ヴェルマンドワ
子女 ティボー
ユーグ
ウード1世
イルドガルド
エマ
家名 ブロワ家
父親 ティボー・ランシェン
テンプレートを表示

生涯編集

ティボー1世はティボー・ランシェンの息子として913年に生まれた。

父ティボーは908年からトゥール子爵となっていた[1]。また、父ティボーの妻・リシルドはメーヌ伯ロルゴ1世の曾孫にあたる[2]

ティボー1世ははじめフランス公ユーグ大公の家臣であった[3]。945年ごろ、西フランク王ルイ4世がスカンディナヴィア人に捕まり、ユーグ大公に引き渡され、ユーグ大公はルイ4世をティボー1世のもとで監禁した[3]

約1年後、ルイ4世はユーグ大公にランの街を譲ることで自身の解放を交渉した。ユーグはその後ランの街をティボー1世に与えた[4]

ティボー1世は942年よりトゥール伯およびブロワ伯、960年からはシャトーダン伯およびシャルトル伯となった[5]

ティボー1世の異母妹アデライードブルターニュ公アラン2世と結婚し、アラン2世はレンヌに至るまでの地域に対し、ティボー1世に支配力を与えた[6]。しかし、アラン2世の死によりブルターニュに政治空白が生じ、ノルマン人やアンジュー家からの侵入に対して脆弱な状態となった[7]。ティボー1世はアンジュー伯フルク2世と同盟を結び、アンジュー辺境領を守るためにロワール川とトゥエ川の間に造られた城塞ソミュールの支配権を与えた[7]。これにはソミュール城壁内にあるサン=フロラン修道院の支配権も含まれていた[7]。一方、最近妻を亡くしたばかりのフルク2世は、ティボー1世の妹でブルターニュ公アラン2世の未亡人アデライードと再婚した[7]

960年、ティボー1世はノルマンディー公リシャール1世と対立するようになり、ノルマン人との長い戦いが始まった。

961年、ティボー1世はエヴルーを攻撃した[8]。これに対し、ノルマンディー軍はデュノワを攻撃した。

962年、ティボーはルーアンへの攻撃を開始したが失敗に終わった[8]。ティボー1世はロワール=エ=シェールのサン=テニャン要塞、ヴィエルゾンおよびベリーのアンギヨン要塞の支配権を握った。ユーグ・カペーが幼年の間、彼はシャルトルとシャトーダンの軍備を増強した。また、シノン城を建設した。

ティボー1世は975年のその死までに、ロワール川流域で巨大な力を築き、フランス中部を支配した。

943年か944年に[9]、ティボー1世はノルマンディー公ギヨーム1世の未亡人リューガル・ド・ヴェルマンドワと結婚している[10]。リューガルはヴェルマンドワ伯エルベール2世西フランク王ロベール1世の王女アデールの娘で[11]、母アデールはフランス公ユーグ大公の異母姉にあたる[12]

子女編集

リューガル・ド・ヴェルマンドワとの間に以下の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ The Gesta Normannorum Ducum of William of Jumièges, Orderic Vitalis, and Robert of Torigni, Ed. & Trans. Elisabeth M.V. Van Houts (Clarendon Press, Oxford, 1992), pp. 56-7 n. 1
  2. ^ K.S.B. Keats-Rohan, 'Two Studies in North French Prosopography', Journal of Medieval History, Vol. 20 (1994), p. 10
  3. ^ a b The Annals of Flodoard of Reims; 919-966, Ed. & Trans. Steven Fanning & Bernard S. Bachrach (University of Toronto Press, 2011), pp. 41-2
  4. ^ The Annals of Flodoard of Reims; 919-966, Ed. & Trans. Steven Fanning & Bernard S. Bachrach (University of Toronto Press, 2011), p. 44
  5. ^ Pierre Riché, The Carolingians; A Family who Forged Europe,Trans. Michael Idomir Allen (University of Pennsylvania Press, Philadelphia, 1993), p. 264
  6. ^ Bernard S. Bachrach, Fulk Nerra the Neo-Roman Consul, 987-1040 (University of California Press, 1993), p. 7
  7. ^ a b c d Bernard S. Bachrach, Fulk Nerra the Neo-Roman Consul, 987-1040 (University of California Press, 1993), p. 8
  8. ^ a b Potts 1997, p. 65.
  9. ^ a b c d Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany, J. A. Stargardt, 1984), Tafel 46
  10. ^ The Normans in Europe, Ed. & Trans. Elisabeth van Houts (Manchester University Press, UK, 2000), p. 183
  11. ^ Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band III Teilband 1 (Marburg, Germany, J. A. Stargardt, 1984), Tafel 49
  12. ^ Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany, J. A. Stargardt, 1984), Tafel 10
  13. ^ Bradbury 2007, p. 56.
  14. ^ Potts 1997, pp. 65–66.

参考文献編集

  • Bradbury, Jim (2007). The Capetians: The History of a Dynasty. Hambledon Continuum 
  • Potts, Cassandra (1997). Monastic Revival and Regional Identity in Early Normandy. The Boydell Press. p. 65 
先代
ブロワ伯
 
956年 - 975年
次代
ウード1世