メインメニューを開く

ティム・ケネディTim Kennedy1979年9月1日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州サンルイスオビスポ出身。ジャクソンズMMA所属。

ティム・ケネディ
Tim Kennedy blood donor.jpg
基本情報
本名 ティモシー・フレッド・ケネディ
(Timothy Fred Kennedy)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1979-09-01) 1979年9月1日(40歳)[1]
出身地 カリフォルニア州サンルイスオビスポ[1]
所属 ピットファイト・チーム
ジャクソンズMMA
身長 180cm
体重 84kg
リーチ 188cm
階級 ミドル級
バックボーン 空手柔術
テンプレートを表示

アメリカ陸軍特殊部隊の一等軍曹であり、ウサーマ・ビン・ラーディンの捕獲作戦にも参加している[2]

来歴編集

空手柔術を学び、コロンビア大学在学中の2001年総合格闘技デビュー[1]。大学卒業後はアメリカ陸軍に入隊し、グリーンベレーの隊員としてアフガニスタン紛争イラク戦争で戦果をあげブロンズスターメダルを授与された[3]

Strikeforce編集

2009年6月19日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce Challengers 2でニック・トンプソンと対戦し、パウンドでギブアップ勝ちを収めた。

2010年8月21日、Strikeforce: Houstonの世界ミドル級王座決定戦でホナウド・ジャカレイと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[4]

2011年3月5日、Strikeforce: Feijao vs. Hendersonメルヴィン・マヌーフと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ちを収めた。

2011年7月30日、Strikeforce: Fedor vs. Hendersonロビー・ローラーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2012年7月14日、Strikeforce: Rockhold vs. Kennedyの世界ミドル級タイトルマッチでルーク・ロックホールドと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

UFC編集

2013年7月6日、UFC初参戦となったUFC 162ホジャー・グレイシーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2013年11月6日、UFC: Fight for the Troops 3でハファエル・ナタウと対戦し、パウンドでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年4月16日、UFC Fight Night: Bisping vs. Kennedyでミドル級ランキング5位のマイケル・ビスピンと対戦し、判定勝ち。

2014年9月27日、UFC 178でミドル級ランキング10位のヨエル・ロメロと対戦し、パウンドでTKO負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後に2R終了後のインターバルにロメロが余分に28秒間休み続けた行為を不服とし、ネバダ州アスレチック・コミッションへ提訴したが裁定は覆らなかった[5]

2016年12月10日、2年3か月ぶりの復帰戦となったUFC 206ケルヴィン・ガステラムと対戦し、パウンドでTKO負け。2連敗となり試合後に引退を表明した。

戦績編集

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 6 8 4 0 0 0
6 3 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ケルヴィン・ガステラム 3R 2:45 TKO(左フック→パウンド) UFC 206: Holloway vs. Pettis 2016年12月10日
× ヨエル・ロメロ 3R 0:38 TKO(パウンド) UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日
マイケル・ビスピン 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Bisping vs. Kennedy 2014年4月16日
ハファエル・ナタウ 1R 4:40 KO(左フック→パウンド) UFC: Fight for the Troops 3 2013年11月6日
ホジャー・グレイシー 5分3R終了 判定3-0 UFC 162: Silva vs. Weidman 2013年7月6日
トレバー・スミス 3R 1:36 ギロチンチョーク Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedine 2013年1月12日
× ルーク・ロックホールド 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Rockhold vs. Kennedy
【Strikeforce世界ミドル級タイトルマッチ】
2012年7月14日
ロビー・ローラー 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Fedor vs. Henderson 2011年7月30日
メルヴィン・マヌーフ 1R 3:41 リアネイキドチョーク Strikeforce: Feijao vs. Henderson 2011年3月5日
× ホナウド・ジャカレイ 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Houston
【Strikeforce世界ミドル級王座決定戦】
2010年8月21日
トレヴァー・プラングリー 1R 3:35 リアネイキドチョーク Strikeforce: Los Angeles 2010年6月16日
ザック・カミングス 2R 2:43 ノースサウスチョーク Strikeforce Challengers 3 2009年9月25日
ニック・トンプソン 2R 2:37 ギブアップ(パウンド) Strikeforce Challengers 2 2009年6月19日
イライアス・リベラ 1R 2:00 KO(パンチ連打) IFL: World Grand Prix Finals 2007年12月29日
× ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 5分3R終了 判定0-3 HDNet Fights: Reckless Abandon 2007年12月15日
ライアン・マッギヴァーン 2R 1:25 ギロチンチョーク IFL: Chicago 2007年5月19日
ダンテ・リベラ 2R 2:29 ギブアップ(パンチ連打) IFL: Atlanta 2007年2月23日
ヘクター・ウルビナ 1R 1:51 KO(パンチ連打) Fightfest 7 2006年9月23日
クルーズ・チャコン 2R 1:21 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 50
【ミドル級トーナメント 決勝】
2003年2月23日
ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 5分3R終了 判定3-0 Extreme Challenge 50
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2003年2月23日
ライアン・ナート 1R 1:22 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 50
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2003年2月23日
マック・ブリューワー 1R 1:03 TKO(パンチ連打) WEC 5: Halloween Fury 2002年10月18日
ジョディ・バーク 1R 0:44 前腕チョーク IFC Warriors Challenge 16 2001年11月9日
× スコット・スミス 1R 2:53 TKO(カット) IFC Warriors Challenge 15 2001年8月31日

獲得タイトル編集

  • Extreme Challenge 50ミドル級トーナメント 優勝(2003年)

表彰編集

出演編集

ドキュメンタリー編集

  • ヒトラーを追跡せよ! 〜浮かび上がった亡命説〜

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集