ティム・シェンケン

ティモシー・"ティム"・テオドール・シェンケン[1]Timothy "Tim" Theodore Schenken, 1943年9月26日 - )は、オーストラリアシドニー出身の元レーシングドライバー。

ティム・シェンケン
Tim Schenken 1971 Hockenheim.JPG
基本情報
フルネーム ティモシー・テオドール・シェンケン
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・シドニー
生年月日 (1943-09-26) 1943年9月26日(77歳)
F1での経歴
活動時期 1970-1974
所属チーム '70 デ・トマソ
'71 ブラバム
'72 サーティース
'73 イソ・マールボロ (ウィリアムズ)
'74 トロージャン
'74 ロータス
出走回数 36 (34スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 7
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1970年オーストリアGP
最終戦 1974年アメリカGP
テンプレートを表示

来歴・人物編集

 
1971年のヨーロッパF2選手権でシェンケンがドライブしたロンデル・レーシングのブラバム・BT36

1968年にフォーミュラ・フォードイギリスF3選手権のチャンピオンを獲得[2]

1970年、F2に昇格し、この年のオーストリアGPでデ・トマソからF1デビューするが両方とも目立った成績は挙げられなかった[3]。翌1971年ロン・デニス率いるロンデル・レーシング英語版からF2に出場、シリーズ4位に入る[4]。それと並行してブラバムからF1にフル参戦し、オーストリアGPで3位表彰台に立つ。1972年サーティースに移籍。入賞はアルゼンチンGPでの5位のみに終わったが、世界メーカー選手権ではフェラーリでF3時代のライバル、ロニー・ピーターソンと組んでフェラーリ・312PBをドライブ、ブエノスアイレス1000km・ニュルブルクリンク1000kmで優勝しフェラーリの選手権王座獲得に貢献する。

 
1972年ニュルブルクリンク1000km

1973年はロンデル・レーシングのF1参戦計画のドライバー候補に挙げられる[5]が、計画が頓挫したためF2とフェラーリでのメーカー選手権に引き続いて参戦、F1はカナダGPでのスポット参戦にとどまる。1974年は新チームのトロージャンでF1復帰するも、シーズン途中でチームが撤退。最終戦アメリカGPはロータスから出走。翌1975年からツーリングカーレース・スポーツカーレースに転向した。

その後、ハウデン・ガンレイタイガ・レースカーズ英語版を設立[4]。引退後はオーストラリア・モータースポーツ連盟に所属。V8スーパーカー選手権やオーストラリアGPのレースディレクター、コース役員を務める[4]

レース戦績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1970年 デ・トマソウィリアムズ 505 RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER AUT
Ret
ITA
Ret
CAN
NC
USA
Ret
MEX NC 0
1971年 ブラバム BT33 RSA ESP
9
MON
10
NED
Ret
FRA
12
GBR
12
GER
6
AUT
3
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
14位 5
1972年 サーティース TS9B ARG
5
RSA
Ret
ESP
8
MON
Ret
BEL
Ret
FRA
17
GBR
Ret
GER
14
AUT
11
ITA
Ret
CAN
7
19位 2
TS14 USA
Ret
1973年 イソ・マールボロ (ウィリアムズ) IR ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN
14
USA NC 0
1974年 トロージャン T103 ARG BRA RSA ESP
14
BEL
10
MON
Ret
SWE NED
DNQ
FRA GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
10
ITA
Ret
CAN NC 0
ロータス 76 USA
DSQ
  • DSQは失格。

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1970年   エクィップ マトラ-シムカ   ジャン=ピエール・ジャブイーユ
  パトリック・デパイユ
マトラ-シムカ・MS650 P
3.0
70 DNF DNF
1973年   SpA フェラーリ SEFAC   カルロス・ロイテマン フェラーリ・312PB S
3.0
182 DNF DNF
1975年   Gelo レーシング チーム   ハウデン・ガンレイ ポルシェ・911 カレラ RSR GT 106 DNF DNF
1976年   トイン・ヘズマン ポルシェ・936 GT 277 16位 2位
1977年   トイン・ヘズマン
  ハンス・ヘイヤー
ポルシェ・935 Gr.5 15 DNF DNF
  トイン・ヘズマン
  ハンス・ヘイヤー
Gr.5 269 DNF DNF

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『オートスポーツ』(三栄書房)1972. 7/1、74頁。
  2. ^ 『オートスポーツ』1972. 7/1、75頁。
  3. ^ 『オートスポーツ』1972. 7/1、76頁。
  4. ^ a b c Tim Schenken”. GrandPrix.com. 2012年11月8日閲覧。
  5. ^ 『オートスポーツ』1974. 7/1、66頁。

関連項目編集

外部リンク編集

タイトル
先代:
ハリー・スティラー
レス・レストン・シリーズ
イギリスF3選手権
ロンバンクシリーズ・チャンピオン

1968
次代:
エマーソン・フィッティパルディ