メインメニューを開く

ティム・シルビアTim Sylvia1976年3月5日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家メイン州イーストブルック出身。チーム・エクストリーム所属。元UFC世界ヘビー級王者。

ティム・シルビア
Tim Sylvia.jpg
基本情報
本名 ティモシー・ディーン・シルヴィア
(Timothy Deane Sylvia)
通称 ザ・メイニアック (The Maine-iac)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1976-03-05) 1976年3月5日(43歳)
出身地 メイン州イーストブルック
所属 ミレティッチ・マーシャルアーツ・センター
→チーム・エクストリーム
身長 203cm
体重 120kg
リーチ 203cm
階級 ヘビー級
バックボーン 空手レスリング
テーマ曲 Hillbilly Deluxe
(Brooks & Dunn)
テンプレートを表示

2メートルを超える長身から繰り出すパンチを主体とした打撃を得意とする。

目次

来歴編集

高校からレスリングを始め、卒業後はアマチュアのトーナメントに出場するなどしていたが、観客として入場した2000年UFC 28パット・ミレティッチの勧誘を受けたことがきっかけでアイオワ州に移り、ミレティッチの元でトレーニングを積んだ[1]

UFC編集

2002年9月27日、UFCデビュー戦となったUFC 39ウェズリー・コレイラを打撃で攻め立て、2RでTKO勝利。

2003年2月28日、UFC 41のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者リコ・ロドリゲスに挑戦し、パウンドによるTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2003年9月26日、UFC 44のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで挑戦者ガン・マッギーと対戦し、パウンドでTKO勝ち。王座の初防衛に成功するも、試合後のドーピング検査で陽性。10月15日、ネバダ州アスレチック・コミッションでの公聴会でステロイド使用を認め、6か月の出場停止処分および1万ドルの罰金を受けた。この処分を受け、自らUFC王座を返上することを発表した[2]

2004年6月19日、UFC 48のUFC世界ヘビー級王座決定戦でフランク・ミアと対戦。ミアの腕ひしぎ十字固めで右前腕を骨折して見込み一本負けを喫し王座獲得に失敗した。

2005年2月5日、UFC 51で、正王者ミアの交通事故による怪我のために制定された暫定王座を懸けてアンドレイ・アルロフスキーと対戦。開始直後にパンチでダウンを奪われ、1ラウンド47秒でアキレス腱固めで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。

2006年4月15日、UFC 59のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者アンドレイ・アルロフスキーに挑戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。同年7月8日のUFC 61のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでは挑戦者となったアルロフスキーと3度目の対戦をし、3-0の判定勝ちを収め王座の初防衛に成功。11月18日、UFC 65のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで挑戦者のジェフ・モンソンに判定勝ちを収め、2度目の王座防衛に成功した。

2007年3月3日、UFC 68のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで挑戦者ランディ・クートゥアと対戦。序盤で右ストレートを喰らいダウンを奪われ、その後はペースを掴まれ続けて判定負けを喫し王座から陥落した。

2007年10月20日、UFC 77ブランドン・ヴェラと対戦。体格差を利用して終始圧力をかけ続け、3-0で判定勝ち。

2008年2月2日、UFC 81のUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、1Rではパンチでダウンを奪うが、3Rにフロントチョークで一本負けを喫し王座獲得に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

シルビアが契約解除を要求し、UFCが承認した。

UFCリリース後編集

2008年7月19日、Affliction旗揚げ大会「Affliction: Banned」のWAMMA世界ヘビー級王座決定戦でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦し、パンチでダウンを奪われ、チョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。

2009年2月25日、元WBO世界ヘビー級王者レイ・マーサーとボクシングルールで対戦することが発表される。しかしコミッションが承認しなかったことで試合前日の12日になって総合格闘技ルールの試合に変更された。6月13日、シルビアは練習不足の140.8kgの体でレイ・マーサーと対戦し、開始9秒右フックで失神KO負けを喫した。

2010年5月21日、「Moosin(武神)」でマリウシュ・プジアノフスキと対戦。サイドポジションからのパウンドでギブアップ勝ちを収めた。

2010年8月14日、PWP世界ヘビー級王座決定戦でポール・ブエンテロと対戦し、2R終了間際に右アッパーをヒットさせてTKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

2012年8月31日、ONE FC 5にてアンドレイ・アルロフスキーと対戦。2Rにアルロフスキーのパンチでダウンしたところ、そこにすかさずアルロフスキーがサッカーボールキックを2度放ちシルビアが完全に倒れるが、反則であるためアルロフスキーにイエローカードが出される。当時のONE FCはルール上、サッカーボールキックは特定の条件の場合に蹴ってもいいというやや不可解なルールであったため、アルロフスキーの蹴りは条件を満たしていない状態での蹴りゆえに反則であった。しかしインターバル後もシルビアは試合が続行出来ずノーコンテストとなった。

2012年12月31日、INOKI BOM-BA-YE 2012石井慧と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2015年1月3日のReality Fightingでジュリアーノ・コウチーニョと対戦予定だったが、MRI検査で問題が出たためライセンスが発行されず欠場となり、1月5日に健康面の不安を理由に引退を表明した[4]

戦績編集

総合格闘技 戦績
42 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
31 20 4 7 0 0 1
10 3 4 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ルスラン・マゴメドフ 5分3R終了 判定0-3 Fight Nights: Battle of Moscow 13 2013年10月26日
× トニー・ジョンソン 3R 3:25 TKO(ドクターストップ) ONE FC 9: Rise to Power 2013年5月31日
× 石井慧 5分3R終了 判定0-3 INOKI BOM-BA-YE 2012 2012年12月31日
アンドレイ・アルロフスキー 2R 4:46 ノーコンテスト(反則) ONE FC 5: Pride of a Nation 2012年8月31日
ランディ・スミス 1R 0:12 TKO(パンチ連打) NEF: Fight Night 3 2012年6月16日
アンドレアス・クラニオタキス 5分3R終了 判定3-0 ProElite 2: Big Guns 2011年11月5日
パトリック・バレンタイン 1R 2:09 TKO(パンチ連打) Fight Tour 2011年8月20日
× エイブ・ワグナー 1R 0:32 TKO(スタンドパンチ連打) Titan FC 16 2011年1月28日
ヴィンス・ルセロ 1R 2:44 ギブアップ(パウンド) CFX: Extreme Challenge on Target 2010年12月11日
ポール・ブエンテロ 2R 4:57 KO(右アッパー) PWP: War on the Mainland
【PWP世界ヘビー級王座決定戦】
2010年8月14日
マリウシュ・プジアノフスキ 2R 1:43 ギブアップ(パウンド) Moosin: God of Martial Arts 2010年5月21日
ジェイソン・ライリー 1R 2:32 TKO(パウンド) Adrenaline MMA 4 2009年9月18日
× レイ・マーサー 1R 0:09 KO(右フック) Adrenaline MMA 3 2009年6月13日
× エメリヤーエンコ・ヒョードル 1R 0:36 チョークスリーパー Affliction: Banned
【WAMMA世界ヘビー級王座決定戦】
2008年7月19日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 3R 1:28 フロントチョーク UFC 81: Breaking Point
【UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦】
2008年2月2日
ブランドン・ヴェラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 77: Hostile Territory 2007年10月20日
× ランディ・クートゥア 5分5R終了 判定0-3 UFC 68: The Uprising
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2007年3月3日
ジェフ・モンソン 5分5R終了 判定3-0 UFC 65: Bad Intentions
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2006年11月18日
アンドレイ・アルロフスキー 5分5R終了 判定3-0 UFC 61: Bitter Rivals
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2006年7月8日
アンドレイ・アルロフスキー 1R 2:43 TKO(右アッパー→パウンド) UFC 59: Reality Check
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2006年4月15日
アスエリオ・シウバ 5分3R終了 判定3-0 Ultimate Fight Night 3 2006年1月16日
トレイ・テリグマン 1R 4:59 KO(左ハイキック) UFC 54: Boiling Point 2005年8月20日
マイク・ブロック 1R 1:26 TKO(パンチ連打) IFC: Caged Combat
【ISKA MMA世界スーパーヘビー級王座決定戦】
2005年5月21日
× アンドレイ・アルロフスキー 1R 0:47 アキレス腱固め UFC 51: Super Saturday
【UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦】
2005年2月5日
ウェス・シムズ 1R 1:32 TKO(パンチ連打) SuperBrawl 38 2004年12月12日
× フランク・ミア 1R 0:50 腕ひしぎ十字固め UFC 48: Payback
【UFC世界ヘビー級王座決定戦】
2004年6月19日
ガン・マッギー 1R 1:54 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 44: Undisputed
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2003年9月26日
リコ・ロドリゲス 1R 3:09 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 41: Onslaught
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2003年2月28日
ウェズリー・コレイラ 2R 1:43 TKO(タオル投入) UFC 39: The Warriors Return 2002年9月27日
ジェフ・ガーリック 1R 3:17 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 48 2002年7月27日
マイク・ホワイトヘッド 1R 2:38 TKO(パンチ連打) SuperBrawl 24: Return of the Heavyweights 2
【ヘビー級トーナメント 決勝】
2002年4月27日
ジェイソン・ランバート 2R 4:13 TKO(ドクターストップ) SuperBrawl 24: Return of the Heavyweights 2
【ヘビー級トーナメント 準決勝】
2002年4月27日
ボイド・バラード 1R 3:21 KO(膝蹴り) SuperBrawl 24: Return of the Heavyweights 2
【ヘビー級トーナメント 2回戦】
2002年4月27日
マイク・ホワイトヘッド 1R 3:46 TKO(パンチ連打) SuperBrawl 24: Return of the Heavyweights 1
【ヘビー級トーナメント 1回戦】
2002年4月26日
マット・フレンブリング 5分2R終了 判定3-0 Extreme Challenge 47
【決勝】
2002年3月16日
ジーノ・デ・ラ・クルーズ 1R 0:43 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge 47
【準決勝】
2002年3月16日
アーネスト・ヘンダーソン 1R 0:29 TKO(リング外に転落) Extreme Challenge 47
【1回戦】
2002年3月16日
グレッグ・ワイカン 3R 2:20 チョーク Extreme Challenge Trials 2001年11月17日
ベン・ロズウェル 5分3R終了 判定3-0 Extreme Challenge 42 2001年8月24日
グレッグ・ワイカン 1R終了時 TKO(タオル投入) Ultimate Wrestling: Ultimate Fight Minnesota 2001年6月2日
ゲイブ・ビューパーシー 2R 4:16 チョーク Gladiator Challenge 3: Showdown at Soboba 2001年4月7日
ランディ・デュラン 1R 2:05 TKO(パンチ連打) IFC: Battleground 2001 2001年1月19日

獲得タイトル編集

  • Extreme Challenge 47 優勝(2002年)
  • SuperBrawl 24ヘビー級トーナメント 優勝(2002年)
  • 第9代UFC世界ヘビー級王座(2003年)
  • ISKA MMA世界スーパーヘビー級王座(2005年)
  • 第12代UFC世界ヘビー級王座(2006年)
  • 初代PWP世界ヘビー級王座(2010年)

表彰編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
リコ・ロドリゲス
第9代UFC世界ヘビー級王者

2003年2月28日 - 2003年10月15日

空位
次タイトル獲得者
フランク・ミア
前王者
アンドレイ・アルロフスキー
第12代UFC世界ヘビー級王者

2006年4月15日 - 2007年3月3日

次王者
ランディ・クートゥア