メインメニューを開く

ティム・ハワード

アメリカのサッカー選手

ティム・ハワードTim Howard, 1979年3月6日 - )は、アメリカ合衆国出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはGK。父親はアフリカ系アメリカ人で母親はハンガリー[1](しかしハワードが3歳の時に離婚)。

ティム・ハワード Football pictogram.svg
Howard Austria vs. USA 2013-11-19 (003) (cropped).jpg
アメリカ代表でのハワード(2013年)
名前
本名 ティモシー・マシュー・ハワード
Timothy Matthew Howard
ラテン文字 Tim Howard
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 ハンガリー
生年月日 (1979-03-06) 1979年3月6日(40歳)
出身地 ノースブランズウィック
身長 191cm
体重 88kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997 アメリカ合衆国の旗 NJインペリアルズ 16 (0)
1998-2003 アメリカ合衆国の旗 メトロスターズ 88 (0)
1998 アメリカ合衆国の旗 MLSプロ-40 (loan) 1 (0)
2003-2007 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 45 (0)
2006-2007 イングランドの旗 エヴァートン (loan) 25 (0)
2007-2016 イングランドの旗 エヴァートン 329 (1)
2016-2019 アメリカ合衆国の旗 コロラド・ラピッズ 100 (0)
代表歴
1999  アメリカ合衆国 U-20 3 (0)
1999  アメリカ合衆国 U-23 4 (0)
2002-2017 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 121 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1998年メトロスターズに入団し、2000年にはシドニーオリンピックのU-23アメリカ代表として出場[1]2001年には正GKとして活躍し、MLSの最優秀ゴールキーパーに選出された。

さらに2002年3月10日エクアドル戦で代表デビューを果たすと、2002 FIFAワールドカップこそ出場を逃したものの、以降は代表の正GKとして活躍。この活躍がアレックス・ファーガソンの目に留まり、2003-2004シーズンにマンチェスター・ユナイテッドに移籍。シーズン序盤はファビアン・バルテズに代わって正GKとして活躍するも、チャンピオンズリーグ準々決勝のFCポルト戦での終了間際の失点を機に長いスランプに陥る。その後はロイ・キャロルとの併用となり、2005年フラムFCからエドウィン・ファン・デル・サールが移籍してきた後は控えとなった。シーズン後のドイツW杯でも代表には選ばれたものの、ケーシー・ケラーマーカス・ハーネマンの控えに甘んじ、チームもグループリーグで姿を消した。

2006年7月4日エヴァートンFCレンタル移籍。長きに渡るスランプを脱し、正GKとして完全復活を果たした。2007-08シーズンよりエヴァートンに完全移籍。正GKとしてエヴァートンの堅守を支えた。

FIFAコンフェデレーションズカップ2009ではイタリア戦・ブラジル戦で計6失点を喫するも、決勝トーナメント進出を決めたエジプト戦、準決勝のスペイン戦では好セーブを連発し、チームの完封勝利・準優勝に貢献。大会選定の最優秀ゴールキーパー(ゴールデングローブ)に選ばれた。2010 FIFAワールドカップ初戦のイングランド戦では先制点は与えたものの好セーブでその1失点のみに抑え、格上相手の引き分けに貢献。大会選定のマンオブザマッチに選ばれた。また第3戦のアルジェリア戦で後半ロスタイムに先制ゴールの起点となったスローイングをしたり、決勝トーナメント1回戦のガーナ戦で延長後半にFKの際に前線まで出て、相手GKリチャード・キングソンと競り合うなどフィールドプレーヤーさながらの姿勢を見せた。2014 FIFAワールドカップにも出場し、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では、延長戦となった試合で38本のシュートを打たれたが16セーブを記録した。これはワールドカップでの1試合最多のセーブ数であり、チームは敗れたもののマン・オブ・ザ・マッチに選出された[2][3]

2016年3月20日、シーズン終了後、エヴァートンを退団し、MLSのコロラド・ラピッズに移籍することが発表された[4]。退団発表時点でプレミアリーグで352試合に出場しており、これはクラブの最多出場記録である[5]

2019年1月22日、2019年シーズン限りでの現役引退を発表した[6][7]。10月に正式に引退[8]

エピソード編集

  • 幼少時はバスケットボールでも将来を嘱望されていた。
  • 比較的軽度であるが、トゥレット症候群の診断を受けており、同病の患者団体のための活動もしている。
  • 2012年1月4日、対ボルトン・ワンダラーズ戦で自陣ペナルティエリアから蹴ったボールが相手ペナルティエリア付近で大きくバウンドし、そのまま相手ゴールに入った。ゴールキーパーによる得点はリーグ史上4人目[9]

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ a b Sports” (英語). The American Hungarian Federation. 2014年5月30日閲覧。
  2. ^ “打たれたシュートは38本…好守連発の米国GKハワードがMOMに”. サッカーキング. (2014年7月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140702/208014.html?cx_art=recommend 2018年5月7日閲覧。 
  3. ^ “アメリカ代表GKハワード、W杯歴代最多の1試合16セーブを記録”. サッカーキング. (2014年7月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140702/208143.html 2018年5月7日閲覧。 
  4. ^ エヴァートン、ハワードが今季限りで退団 アメリカ帰国でコロラド・ラピッズに加入 | Goal.com”. Goal.com (2016年3月21日). 2018年5月7日閲覧。
  5. ^ “エヴァートンで10年プレー…GKハワードが退団を発表、母国へ復帰”. サッカーキング. (2016年3月21日). https://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160321/413223.html 2018年5月7日閲覧。 
  6. ^ Tim Howard to retire at end of '19 MLS season”. ESPN (2019年1月22日). 2019年1月22日閲覧。
  7. ^ GKティム・ハワードが今季限りで現役引退へ…エヴァートンなどで活躍 ”. サッカーキング (2019年1月23日). 2019年11月21日閲覧。
  8. ^ Tim Howard: Ex-Man Utd & Everton goalkeeper retires” (2019年10月7日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ スポーツニッポン (2012年1月5日). “強風にあおられた!節目にプレミアリーグ4人目のGK得点”. 2012年1月8日閲覧。

外部リンク編集