メインメニューを開く

略歴編集

1967年サルフォードに生まれ[1]チェシャー州の町であるノースウィッチで育つ[2]。The Electric Crayonsのヴォーカリストとして1枚のシングルを発表後ザ・シャーラタンズに加入。バンドは1990年に自主レーベルDead Dead Goodレコードよりシングル「インディアン・ロープ」でデビューを果たす。同年にリリースした1stアルバム『サム・フレンドリー』はマッドチェスター・ムーヴメントの追い風も受け、全英アルバムチャート初登場1位を獲得するなど、バンドは華々しいデビューを飾った。'90年代中盤以降もブリットポップ・ブームの波に乗りナンバーワンアルバムを2枚リリースし、メンバーの逮捕や死といった苦難を乗り越えながら、バンドは根強い支持を集めている。

ソロ活動編集

2003年8月25日にシングル「I Believe in the Spirit」をリリースしソロデビューを果たした。全英44位を記録。9月8日に1stソロアルバム『I Believe』をリリースし、全英38位を記録。11月3日に2ndソロシングル「Only a Boy」をリリースし、全英54位を記録。アルバムの発表に合わせて英国ツアーも行った。

2012年には2ndソロアルバム『Oh No I Love You』をリリースし、Artrocker誌のアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた[3]

それ以外の活動編集

1993年12月リリースのセイント・エティエンヌのシングル「I Was Born on Christmas Day」にゲストボーカルとして参加。同シングルのプロモーションビデオにも出演。シングル発表に合わせて行われたセイント・エティエンヌのライブにも数回飛び入り参加した。

1995年ケミカル・ブラザーズの1stアルバム『さらばダスト惑星』収録の「ライフ・イズ・スウィート」にゲストボーカルとして参加。2004年にシャーラタンズ、ケミカル・ブラザーズともに出演したフジロック・フェスティバルで、バージェスはケミカル・ブラザーズのステージに飛び入り参加し、同曲をライブで披露した。

2004年カール・バラーが結成したスーパーグループチャヴズにボーカルとして参加。チャヴズは現在も不定期に活動を行っている。

2005年、再びケミカル・ブラザーズとコラボレーションし、アルバム『プッシュ・ザ・ボタン』収録の「ザ・ボクサー」にゲストボーカルとして参加。

2009年、ロックバンドハッチャム・ソーシャルのシングル「Til The Dawn」にプロデューサーとして関わった。2009年3月にリリースされたバンドの1stアルバム『You Dig the Tunnel, I'll Hide the Soil』のプロデュースも務めた。

2008年、映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でジョニー・キャッシュ役を演じた俳優のホアキン・フェニックスと、スペースホッグのアントニー・ラングドンとともに新プロジェクトを結成し、活動を始めている。

2010年ニュー・オーダーピーター・フックを中心に結成されたユニット・フリーベースの楽曲「You Don't Know This About Me」にボーカル参加し、同曲はユニットのデビューEP『Two Worlds Collide』に収録された[4]

2011年、自身が主宰するレコードレーベル「O Genesis」を立ち上げた。

2013年BBC Radio 6 Musicの司会者であるローレン・ラヴァーンジャーナリスト労働組合BBCを相手取りストライキを行い、その期間中バージェスは司会を務めた[5]

2014年アーシア・アルジェントの楽曲「Hours / Ours」でコラボレーションを行い、自身のレーベルであるO Genesisよりリリースされた[6]

2014年3月にBBC Radio 6 Musicで行われたロディ・フレイムとのインタビューにて、バージェスはフレイムとエドウィン・コリンズのファンであることを公言し、自身が経営するカフェに2人を招待し、フレイムとコリンズは演奏を行った。フレイムはインタビュー中、バージェスはとても積極的であったと語っており、この件でバージェスとの親交を深め、時々一緒にお茶を飲んでいると話している[7]

ソロ作品編集

アルバム編集

  • I Believe (2003年)
  • Oh No I Love You (2012年)
  • Oh No I Love You More (2012年) ※リミックス盤

シングル編集

  • "I Believe in the Spirit" (2003年)
  • "Only a Boy" (2003年)
  • "A Case for Vinyl" (2012年)
  • "White" (2012年)
  • "The Doors of Then" (2013年)
  • "Economy" (2013年)
  • "Oh Men" (2014年)

脚注編集

  1. ^ Results for England & Wales Births 1837-2006
  2. ^ Gemma Sproston (2006年10月7日). “North country boy Tim's back in town”. Northwich Guardian. 2015年3月9日閲覧。
  3. ^ ARTROCKER AWARDS 2012 – Nominations Revealed + VOTE NOW !”. Artrocker. Artrocker Magazine (2012年11月8日). 2015年3月9日閲覧。
  4. ^ Audio: Freebass’ ‘You Don’t Know This About Me’ (Arthur Baker Mix), with Tim Burgess”. Slicing Up Eyeballs. Slicing Up Eyeballs (2010年8月21日). 2015年3月9日閲覧。
  5. ^ Josh Halliday; Tara Conlan (2013年2月18日). “BBC strike: presenters join walkout”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/media/2013/feb/18/bbc-strike-presenters-walkout 2015年3月9日閲覧。 
  6. ^ TIM BURGESS READIES O GENESIS LABEL COMPILATION FEATURING R. STEVIE MOORE, KURT WAGNER, NIK COLK VOID AND MORE”. Fact Magazine. The Vinyl Factory (2015年3月9日). 2014年4月3日閲覧。
  7. ^ Radcliffe and Maconie: Roddy Frame chats to Stuart Maconie”. BBC Radio 6 Music. BBC (2014年3月31日). 2015年3月9日閲覧。

外部リンク編集