ティモシー・ドレンスキー

ティモシー・ドレンスキー(英語: Timothy Dolensky, 1992年7月18日 - )は、アメリカ合衆国出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

ティモシー・ドレンスキー
Timothy Dolensky
Figure skating pictogram.svg
2012 World Junior FS Timothy Dolensky.jpg
2012年世界ジュニア選手権でのドレンスキー
選手情報
生年月日 (1992-07-18) 1992年7月18日(28歳)
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出生地 アメリカ合衆国 ジョージア州ケネソー
身長 168 cm
元コーチ ダニイル・バランツェフ
デビー・プラチャー
ブリトニー・ボトムス
グラハム・ペイン
リンダ・ストラック
元振付師 ライアン・ヤンキー
ダニイル・バランツェフ
ブリトニー・ボトムス
カタリナ・リンデン
トム・ディクソン
所属クラブ Salt Lake City FSC
引退 2019年4月17日
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 209.02 2018 CSネーベルホルン杯
ショート 71.06 2018 CSロンバルディア杯
フリー 141.22 2018 CSネーベルホルン杯
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

6歳でスケートを始めた。2010年全米選手権ではノービスクラスで銅メダルを獲得した。

2010-2011シーズンには、ジュニアグランプリシリーズに参戦し、ジョン・カリー記念で4位に入った。全米選手権には、予選会のイースタンセクショナルで5位となり、上位4名に入れず本選出場を逃した。

2011-2012シーズンは、SPの使用楽曲を自ら作曲した。ジュニアグランプリシリーズのボルボ杯で銅メダルを獲得した。全米選手権ジュニアクラスでは銀メダルを獲得。初出場の世界ジュニア選手権では12位。

2012-2013シーズンよりシニアクラスに移行。USインターナショナルクラシックでは4位。全米選手権予選会のイースタンセクショナルでは6位となり、2年ぶりに本選出場を逃した。

2014-2015シーズンは、SPの使用楽曲を3年ぶりに作曲した。全米選手権では14位だった。

2015-2016シーズン、ジョシュア・ファリスの負傷によりスケートカナダへの出場が決まった。同大会では7位に入った。全米選手権では大きく順位を上げ7位。

2016-2017シーズン終了後、長年師事したデビー・プラチャーとブリトニー・ボトムスの元を離れ、ペーター・ケインとダーレーン・ケイン夫妻にコーチを変更した[1]

2019年4月17日、競技からの引退を発表した[2]

主な戦績編集

大会/年 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19
全米選手権 3 N 2 J 13 14 7 7 7 6
GPスケートアメリカ 8
GPスケートカナダ 7
CSロンバルディア杯 6
CSゴールデンスピン 6
CSネーベルホルン杯 7
CSフィンランディア杯 4
CS USクラシック 4 4 6
CSオータムクラシック 4
世界Jr.選手権 12
JGPオーストリア 4
JGPボルボ杯 3
JGP J.カリー記念 4
  • N - ノービスクラス
  • J - ジュニアクラス

詳細編集

2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年9月12日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 6
71.06
6
126.31
6
197.37
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
78.75
6
136.19
6
214.94
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 6
78.86
9
149.90
7
228.76
2016年12月7日-10日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 5
75.36
6
144.06
6
219.42
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 6
77.59
8
148.94
8
226.53
2016年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7
67.76
4
139.73
7
207.49
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月15日-24日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 5
80.01
7
156.12
7
236.13
2015年10月30日-11月1日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレスブリッジ 11
62.46
6
156.60
7
219.06
2015年10月9日-11日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 6
66.52
3
144.03
4
210.55
2015年9月16日-20日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
69.18
4
139.86
4
209.04
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 13
68.41
14
124.97
14
193.38
2014年10月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ スケートカナダオータムクラシックバリー 8
63.69
4
133.24
4
196.93
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 13
61.76
13
123.08
13
184.84
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年9月12日-16日 2012年USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 5
63.68
4
139.91
4
203.59
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 9
57.73
13
112.21
12
169.94
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(サンノゼ 1
63.20
3
124.64
2
187.84
2011年9月28日-10月2日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯インスブルック 8
54.35
5
113.79
4
168.14
2011年8月31日-9月4日 ISUジュニアグランプリ ボルボ杯リガ 4
56.52
3
120.25
3
176.77
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 5
51.94
5
105.13
4
157.07
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(スポケーン 9
39.67
1
93.50
3
133.17

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS
2018-2019 Spark
曲:アンバー・ラン
振付:ダニイル・バランツェフ
Faux
曲:ノーヴォ・アモール、エド・タレット
Faux (Remix)
編曲:Said the Sky
振付:ライアン・ヤンキー
2017-2018 Awake My Soul
曲:マムフォード・アンド・サンズ
振付:ライアン・ヤンキー
2016-2017 Sometimes I Dream
ボーカル:マリオ・フラングリス
振付:ブリトニー・ボトムス
2015-2016[3] 映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より
ボーカル:ジョシュ・グローバン
ショパンの主題による交響的変奏曲
作曲:アンジェ・ロズマン
2014-2015[4] Fantasia Cantando
作曲:ティモシー・ドレンスキー
2013-2014[5] 主よ御許に近づかん
演奏:ザ・ピアノ・ガイズ
映画『イル・ポスティーノ』より
作曲:ルイス・エンリケス・バカロフ
パジャドーラ
演奏:リサンドロ・アドロベール
振付:カタリナ・リンデン
2012-2013 ラ・メール
作曲:シャルル・トレネ
振付:ブリトニー・ボトムス、トム・ディクソン
2011-2012 Windfall
作曲:ティモシー・ドレンスキー
ジプシー・キングスの音楽
映画『ハバナ』サウンドトラックより
作曲:デイヴ・グルーシン
2010-2011 Face au Canon Mobile
映画『キートンの大列車追跡』サウンドトラックより
演奏:久石譲
ワルソー・コンチェルト
作曲:リチャード・アディンセル
演奏:フランク・チャックスフィールド
2009-2010 フラメンコ
by Didyula

脚注編集

参考文献編集