メインメニューを開く

ティモ・サロネン

ティモ・サロネンTimo Salonen1951年10月8日 - )はフィンランドの元ラリードライバー。1985年世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオン。

ティモ・サロネン
Timo Salonen.jpg
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1951-10-08) 1951年10月8日(67歳)
WRCでの経歴
活動時期 1974年 - 1992年, 2002年
所属チーム フィアットダットサン日産プジョーマツダ三菱
出走回数 95
チャンピオン回数 1 (1985)
優勝回数 11
表彰台回数 24
ステージ勝利数 256
通算獲得ポイント 524
初戦 1974 1000湖ラリー
初勝利 1977 ケベック・ラリー
最終勝利 1987 スウェディッシュ・ラリー
最終戦 2002 ラリー・フィンランド
テンプレートを表示

目次

人物編集

巨体で、分厚い眼鏡をかけ、さらにヘビースモーカーだった(ジャーナリストに、喫煙しているところを見せないように努力していた)彼は他の運転手より目立っていた。しかし、ラリーにおいて最速を誇る運転手の一人であったことは今でも知られている。またその柔和な気質と、片手でステアリングを操作するスタイルから、本国ではLöysä(フィンランド語で「怠け者」)という愛称がつけられた[1]

主にサロネンのコ・ドライバーを務めたのは、セッポ・ハルヤンネだった。ハルヤンネは後にトミ・マキネンと共に更なる成功を収めた。ラリーからリタイアした後のサロネンは自らの会社、「Autotalo Timo Salonen」のCEOを務めている。

経歴編集

 
プジョー・205T16 E2をドライブするサロネン(1985ラリー・サンレモ

サロネンが最初に世界ラリー選手権で表彰台に立ったのは、フィアット・131アバルトで参戦した1977年1000湖ラリーで2位を獲得した時である。そして次のケベック・ラリーでは優勝した。これは彼にとってわずか5戦目のWRCイベントであり、初めての母国外ラリーだった[2]

その後日産からワークスデビューし、主に長距離イベントを戦った。1984年の一連の好成績がジャン・トッドの目に留まり、1985年プジョーに移籍。この年はアリ・バタネンのサポート役を務めたが、バタネンがアルゼンチンで瀕死の重傷を負った後には、ファーストドライバーとしての能力を発揮した。サロネンは4イベントに連続で勝利し、当時の記録を打ち立てた(2005年にセバスチャン・ローブが6連勝を達成するまで破られることはなかった[3])。そして、2位のスティグ・ブロンクビストに52ポイントの差をつけて世界チャンピオンになった。1986年もプジョーに残留したが、新しくチームに加入したユハ・カンクネンと、ランチアマルク・アレンに次ぐ3位に終わった。

グループB廃止後の混乱の中、サロネンはマツダに移籍し、1987年にはスウェディッシュ・ラリーで優勝した。その後は三菱・ギャランVR-4で出場した1992年ラリー・ポルトガルをもって引退したが、2002年のラリー・フィンランドでは1戦限りの復帰を果たし、プジョー・206WRCで総合14位と健闘した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Timo Salonen, ensimmäisen luokan ajaja” (Finnish). Suomen Moottoriurheilumuseo. 2008年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月26日閲覧。
  2. ^ Timo Salonen”. RallyBase. 2008年8月26日閲覧。
  3. ^ Loeb ties win record with victory in Turkey”. Motorsport.com. 2008年8月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集