ティヤナ・ボシュコビッチ

ティヤナ・ボシュコヴィッチ(Tijana Bošković、女性、1997年3月8日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナトレビニェ出身の、セルビアの女子バレーボール選手。ポジションはオポジットセルビア代表。実姉のダヤナ・ボシュコヴィッチもバレーボール選手である。

ティヤナ・ボシュコヴィッチ
Tijana Bošković
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Tijana Bošković 3 Eczacıbaşı VitrA TWVL 20180426.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1997-03-08) 1997年3月8日(24歳)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 トレビニェ[1]
ラテン文字 Tijana Bošković
身長 193cm
体重 82kg
選手情報
所属 トルコの旗 エジザージュバシュ・イスタンブール
ポジション OP
利き手
スパイク 315cm
ブロック 307cm
獲得メダル
セルビアの旗 セルビア
オリンピック
2016 リオデジャネイロ
2020 東京
世界選手権
2018 横浜
ワールドカップ
2015 名古屋
ワールドグランプリ
2017 南京
欧州選手権
2015 ロッテルダム
2017 バクー
2019 アンカラ
テンプレートを表示

来歴編集

2013年、セルビア代表に初選出される。2014年、ジュニア代表としてヨーロッパ選手権に出場し、金メダルを獲得、自身もMVPに選ばれた。同年9-10月に開催された世界選手権ではシニア代表デビューを飾り、レギュラーに抜擢された。2015年8-9月のワールドカップでは得点ランキングで全体の3位に入る活躍[2]でチームを準優勝へ導き、リオ五輪の出場権獲得に貢献した[3]。2016年8月のリオ五輪でもエースとしてチームを牽引し、銀メダルを獲得した[4]

2018年に日本で開催された世界選手権ではセルビアを初優勝に導き、自身も大会MVPに選ばれた[5]。2021年開催の東京2020オリンピックで銅メダル獲得し、自身もベストオポジット賞を受賞した[6]

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集


脚注編集

外部リンク編集