ティルチラーパッリ包囲戦 (1743年)

ティルチラーパッリ包囲戦英語:Siege of Tiruchirappalli)は、1743年3月から8月にかけて、ティルチラーパッリにおいてニザーム王国およびカルナータカ太守マラーター王国との間で行われた戦いである。

ティルチラーパッリ包囲戦
Siege of Tiruchirappalli
1743年3月 - 8月29日
場所インドティルチラーパッリ
結果 ニザーム王国カルナータカ太守連合軍の勝利、ティルチラーパッリの占領
衝突した勢力
Flag of the Maratha Empire.svg マラーター王国

Asafia flag of Hyderabad State.png ニザーム王国[1]

Flag of the principality of Carnatic.gif カルナータカ太守
指揮官
Flag of the Maratha Empire.svgムラーリー・ラーオ・ゴールパデー Asafia flag of Hyderabad State.pngアーサフ・ジャー
Flag of the principality of Carnatic.gifサアーダトゥッラー・ハーン2世
Flag of the principality of Carnatic.gifアンワールッディーン・ハーン
戦力
10,000人 騎兵80,000人[2]
歩兵200,000人 [2]

戦闘に至る経緯編集

1742年10月3日カルナータカ太守サフダル・アリー・ハーンは宮廷内の争いから、ムルタザー・アリー・ハーンに暗殺された[3]。 だが、デカン地方ニザーム王国がこれに介入し、1743年3月アルコットを占領し、その幼い息子サアーダトゥッラー・ハーン2世が即位した[4]

一方、1741年初頭のティルチラーパッリ包囲戦以来、ティルチラーパッリマラーター王国から派遣されたムラーリー・ラーオ・ゴールパデーの支配下に置かれていた。

そして、ニザーム王国およびカルナータカ地方政権の連合軍は、マラーターの支配していたティルチラーパッリに兵が送った。

包囲戦編集

かくして、ニザーム王国とカルナータカ地方政権の圧倒的多数の大軍はティルチラーパッリを包囲するところとなった[4]

ハティルチラーパッリに立て籠もるマラーター軍は10,000人足らずであり、この大軍にかなうはずもなく、かなり不利な状況に追い込まれた[4]

8月29日、守将ムラーリー・ラーオは降伏してティルチラーパッリを明け渡し、連合軍は大した流血もなくこの地を奪い返した[4]

その後の経過編集

こうして、ティルチラーパッリはニザーム王国の支配するところとなり、ニザーム側は本国に兵を引き上げ、ホージャ・アブドゥッラー・ハーンをこの地の代官とした。

1744年7月、太守サアーダトゥッラー・ハーン2世は殺害され、後見役であったアンワールッディーン・ハーンがニザームによって太守に任命され、同年には英仏間で第一次カーナティック戦争が勃発した[3]

1746年12月以降、マラーター王国の宰相バーラージー・バージー・ラーオの従兄弟サダーシヴ・ラーオ・バーウは南インドへと遠征し、ティルチラーパッリの周辺地域を奪い返した。ニザームの息子ナーシル・ジャングは奪い返そうとしたものの、逆に敗れて追い返されてしまった。

結局、この地域のマラーター勢力はのち、イギリスフランスの両国によって一掃された。

脚注編集

  1. ^ 1
  2. ^ a b 1
  3. ^ a b 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p.198
  4. ^ a b c d Advanced study in the history of modern India 1707-1813

参考文献編集

  • 辛島昇 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』山川出版社、2007年。 

関連項目編集