メインメニューを開く

ティレル・012(Tyrrell 012)は、モーリス・フィリップを責任者として設計されたF1マシンで、1983年シーズンから1985年シーズンにかけてティレルチームが使用した。

ティレル・012
ティレル・012(2010年クアラルンプールで撮影)
ティレル・012(2010年クアラルンプールで撮影)
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル・レーシング・オーガニゼーション
デザイナー モーリス・フィリップ
先代 ティレル・011
後継 ティレル・014
主要諸元[1]
シャシー カーボンモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、プルロッド、コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング
エンジン フォード・コスワースDFY 2993cc V8 NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド・FGA400 5速 MT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ティレル・レーシング・オーガニゼーション
ドライバー 3. イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
4. アメリカ合衆国の旗 ダニー・サリバン
3. イギリスの旗 マーティン・ブランドル
3. スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
4. ドイツの旗 ステファン・ベロフ
4. ニュージーランドの旗 マイク・サックウェル
出走時期 1983 - 1985
通算獲得ポイント 5
初戦 1983年オーストリアGP
最終戦 1985年オーストリアGP
出走優勝ポールFラップ
29000
テンプレートを表示

概要編集

 
1983年仕様の012

ティレルチームは1983年シーズンの序盤は前年モデルの011で参戦していたが、後半のオーストリアGPで初めて012がミケーレ・アルボレート用に投入された。ダニー・サリバンのために2台目の012が投入されたのは、最終戦の前戦ヨーロッパGPだった。

012の新車発表会で装着されていた奇妙な形状のV型リヤウイング(ブーメランウイング)が、012のデビュー戦である1983年オーストリアGPにも登場した。しかし、ダウンフォースが極端に不足したため、コンベンショナルなストレートタイプのものが以後使用された。

1983年ベネトンがタイトルスポンサーであったため、緑色のカラーリングをしていた。

シャーシ履歴編集

012は1983年に2台、1984年に3台、1985年に2台が製造され、3年間で7台がレースに投入された。シャーシナンバー1と4の2台は1985年のシーズン前にバロン・レーシングに売却され[2]ロベルト・モレノクラウディオ・ランジェスがこのマシンでF3000に参戦した。


F1における全成績編集

012は勝利を挙げることはできなかったが、ティレルチームは1983年にコンストラクターズランキング7位(12ポイント)、1985年が同9位(4ポイント)となった。1984年マーティン・ブランドルアメリカ東GPで2位、ステファン・ベロフモナコGPで3位の活躍を見せるも、チームの不正(水タンク事件)によりリザルトを全て無効とされた。

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1983年 ベネトンティレル・レーシングチーム コスワース・DFY
V8 NA
G BRA
 
USW
 
FRA
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
DET
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
RSA
 
12* 7th
ミケーレ・アルボレート Ret 6 Ret Ret Ret
ダニー・サリバン Ret 7
1984年 ティレル・レーシング・オーガニゼーション コスワース・DFY
V8 NA
G BRA
 
RSA
 
BEL
 
SMR
 
FRA
 
MON
 
CAN
 
DET
 
DAL
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
EUR
 
POR
 
0* NC
マーティン・ブランドル DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DNQ DSQ DSQ DNQ
ステファン・ヨハンソン DSQ DSQ DNQ DSQ EX EX EX
ステファン・ベロフ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ DSQ EX DSQ EX EX EX
マイク・サックウェル DNQ
1985年 ティレル・レーシング・オーガニゼーション コスワース・DFY
V8 NA
G BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
4 9位
マーティン・ブランドル 8 Ret 9 10 12 Ret 10 DNQ
ステファン・ベロフ 6 Ret DNQ 11 4 13 11
ステファン・ヨハンソン 7

* 1983年の11ポイントは011によるポイント。
* ティレルは1984年シーズンの成績から除外された。


脚注編集

  1. ^ STATS F1 - Tyrrell 012”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1985). AUTOCOURSE 1985-86. Hazleton Publishing. pp. p.197. ISBN 0-905138-38-4.