ティレル・014(Tyrrell 014)は、ティレル1985年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。設計はモーリス・フィリップルノーV型6気筒ターボエンジン、EF4Bを搭載する。

ティレル・014
1985 European GP Brundle 02.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー モーリス・フィリップ
ブライアン・リスルズ
先代 ティレル・012
後継 ティレル・015
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムおよびカーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前:1,765 mm (69.5 in)
後:1,638 mm (64.5 in)
ホイールベース 2,756 mm (108.5 in)
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF4B 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ティレル / ヒューランド 5速 MT
重量 550 kg (1,200 lb)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム チーム・ティレル
ドライバー 3. イギリスの旗 マーティン・ブランドル (1985-1986)
4. ドイツの旗 シュテファン・ベロフ (1985),
イタリアの旗 イヴァン・カペリ (1985),
フランスの旗 フィリップ・ストレイフ (1985-1986)
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年フランスグランプリ
出走優勝ポールFラップ
13000
テンプレートを表示

014は自然吸気のフォードDFVを搭載したティレル・012の後継であった。事実上、ティレルはターボエンジンを確保した最後のチームであった。しかしながら、新車の開発は資金不足のため停止した。(1984年シーズンの「水タンク事件」による失格でチームはポイントばかりで無く、テレビ放映権からの分配金も失った。)チームはシーズン前半を012で戦い、014はフランスグランプリでのデビューとなった。チームは1985年シーズン、ランキング10位となった。唯一のポイントはイヴァン・カペリオーストラリアで獲得した3ポイントであった。

014は1986年シーズンの序盤2戦でも使用され、その後ティレル・015が投入された。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1985年 チーム・ティレル ルノー・ゴルディーニ EF4B
V6 tc
G BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
3 10位
  マーティン・ブランドル Ret 7 7 8 13 Ret 7 NC
  シュテファン・ベロフ 8 7 Ret
  イヴァン・カペリ Ret 4
  フィリップ・ストレイフ Ret
1986年 データゼネラル チーム・ティレル ルノー・ゴルディーニ EF4B
V6 tc
G BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
11* 7位
  マーティン・ブランドル 5 Ret 8
  フィリップ・ストレイフ 7 Ret Ret

* ティレル・015による9ポイントを含む。

編集