メインメニューを開く

ティレル・020 (Tyrrell 020) は、ティレルF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。020は1991年の開幕戦から最終戦まで、020Bは1992年の開幕戦から最終戦まで、020Cは1993年の開幕戦から第9戦まで実戦投入された。

ティレル・020
ティレル・020B
ティレル・020C
Tyrrell 020 front-left 2012 Japan.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル・レーシング・オーガニゼーション
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
ジョージ・ライトン
先代 ティレル・019
後継 ティレル・021
主要諸元[1][2][3]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド コイルスプリング
エンジン 1991年: ミッドエンジン, 縦置き, 3,493 cc (213.2 cu in), ホンダ RA101-E, 60度 V10, NA
1992年: ミッドエンジン, 縦置き, 3,478 cc (212.2 cu in), イルモア LH10, 72度 V10, NA
1993年: ミッドエンジン, 縦置き, 3,493 cc (213.2 cu in), ヤマハ OX10A, 72度 V10, NA
トランスミッション ヒューランド製 6速 MT
燃料 1991年: シェル
1992年: エルフ
1993年: BP
タイヤ 1991年: ピレリ
1992年 / 1993年: グッドイヤー
主要成績
チーム ブラウン ティレル ホンダ
ティレル・レーシング・オーガニゼーション
ドライバー 3. 日本の旗 中嶋悟
4. イタリアの旗 ステファノ・モデナ
3. フランスの旗 オリビエ・グルイヤール
4. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
3. 日本の旗 片山右京
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1991年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
41 0 0 0
テンプレートを表示

目次

020編集

1990年シーズンに実戦投入した019に引き続いてアンヘドラルウイングを採用。フロントダンパー018以来継続するモノショック方式。

エンジンはカスタマー仕様のフォードDFR (V8) に代わり、ホンダのワークスV10エンジンを獲得。前年のチャンピオンエンジンを搭載して、さらなる速さを追及した。

しかし、この年に行われたレギュレーションの変更が大きな影響を与えた。フロントウイングの幅が1990年よりも100mm縮小されたためにフロントのダウンフォースが不足気味となった。また、ピレリタイヤのグリップ不足も常に問題となった。結局このシーズンは入賞は両ドライバー合わせて4回にとどまった。

1991年限りで引退となった中嶋悟用に、日本GPには鈴鹿スペシャルのRA101E/SN(Satoru Nakajima)が搭載された。

1990年夏にホンダエンジンの獲得が決定したとき、当時のテクニカルディレクターであったハーベイ・ポスルスウェイトが、「ケン(・ティレル)には、020に搭載するエンジンはフォードHBエンジンを選んでほしかった」と語っていた。1991年シーズンにHBエンジンを搭載したジョーダン・191が快走を見せたことから、ポスルスウェイトの指摘は間違いではなかった。

1992年シーズンオフテストでは無限ホンダがF1参戦に向け、エンジンを無限ホンダV10エンジンに換装した真っ白なテストカーが登場した(テストドライバーを務めたのは鈴木亜久里)。

スペック編集

シャーシ編集

  • シャーシ名 020
  • 全高 1,000 mm
  • ホイールベース 2,940 mm
  • 前トレッド 1,800 mm
  • 後トレッド 1,670 mm
  • ブレーキキャリパー AP
  • ホイール ダイマグ
  • タイヤ ピレリ
  • ダンパー コニ

エンジン編集

  • エンジン名 ホンダRA101E,RA101E/SN
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,498cc
  • 全長 620mm
  • 全幅 550mm
  • 全高 540mm
  • 最高回転数 12,000回転
  • 最大馬力 650馬力
  • 重量 150kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 シェル

020B編集

1991年にタイトルスポンサーであったブラウンやエンジンサプライヤーであったホンダが撤退した影響で一転してチームは資金難に陥った。そこでマールボロから持ちこみ資金が豊富なアンドレア・デ・チェザリスと、オリビエ・グルイヤールの布陣で臨んだ。またカラーリングは1990年以来のブルー/ホワイトを基調とした定番カラーとなった。(ただし019とは若干、カラーリングは異なる)


この年のマシンである020Bは020にイルモアV10エンジンを積んだだけという状態だったが、ホンダエンジンよりも軽量で駆動系への負担も減ったが、エンジンパワーはあるものの、信頼性には欠けていた。しかしながらタイヤが全チーム共通のグッドイヤーに変更されたこともあって1年落ちのシャーシでもそれなりの好走を見せ、チェザリスが4度の入賞をもたらした。


スペック編集

シャーシ編集

  • シャーシ名 020B
  • 全高 1,000 mm
  • ホイールベース 2,940 mm
  • 前トレッド 1,800 mm
  • 後トレッド 1,670 mm
  • ブレーキキャリパー AP
  • ホイール ダイマグ
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン編集

  • エンジン名 イルモア2175A
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,500cc
  • 全長 592mm
  • 最大馬力 約670馬力
  • 重量 125kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 エルフ

020C編集

新たに片山右京が加入したことで日本のタバコブランドであるキャビンからのスポンサーを得られた。シーズン前には、僚友であるチェザリスはマールボロの資金を持ち込んでいたため銘柄のバッティングからチームを離脱するのでは?と言われた。結局マールボロではなくキャビンロゴをマシンに掲載することで話はまとまったが、マールボロからの資金もチームにはもたらされていた。

エンジンはジョーダンと決別したヤマハとワークス契約を結び、新開発のV10エンジンを搭載した。フロントウイングはフラップが大型化されるなどの改良が施された。しかし、資金難のため1991年に中嶋が使用したモノコックを改良したものもあり、2年落ちのシャーシでは戦闘力は乏しく経年劣化による剛性の低下も激しい為に、ストレートを真っ直ぐ走る事さえままならない状態であった。また著しいハイテク化の流れにも乗り遅れてノーポイントに終わった。シーズン中盤の第9戦にチェザリスが、第10戦に右京が021にスイッチした。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名 ヤマハOX10A
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 3,500cc
  • 重量 135kg
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 BP

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 ティレル 020 ホンダ RA101-E
V10
P USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
12 6位
中嶋悟 5 Ret Ret Ret 10 12 Ret 8 Ret 15 Ret Ret 13 17 Ret Ret
ステファノ・モデナ 4 Ret Ret Ret 2 11 Ret 7 13 12 Ret Ret Ret 16 6 10
1992年 ティレル 020B イルモア LH10
V10
G RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
8 6位
オリビエ・グルイヤール Ret Ret Ret Ret 8 Ret 12 11 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret
アンドレア・デ・チェザリス Ret 5 Ret Ret 14 Ret 5 Ret Ret Ret 8 8 6 9 4 Ret
1993年 ティレル 020C ヤマハ OX10A
V10
G RSA
 
BRA
 
EUR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
0 NC
片山右京 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 17 Ret 13
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret DSQ 10 Ret 15
  • コンストラクターズランキング-位(020Cと021)
  • ドライバーズランキング-位(片山右京)予選最高位13位 決勝最高位10位
  • ドライバーズランキング-位(アンドレア・デ・チェザリス)予選最高位15位 決勝最高位10位

関連商品編集

タミヤから1/20のプラモデルと、タミヤミニF-1(モーター動力)のバージョンで020が発売されていた(いずれも絶版)。

WAVEからは、020Bが1/24プラモデルで発売されていた。

1993年のカルビーポテトチップスには、裏面にティレルF1の設計場面が描かれたものが発売されていた。

出典編集

  1. ^ STATS F1 - Tyrrell 020”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ STATS F1 - Tyrrell 020B”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  3. ^ STATS F1 - Tyrrell 020C”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。