メインメニューを開く

ティレル・026は、ティレル1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカー。ティレル最後のF1マシンであり、リカルド・ロセット高木虎之介がドライブした。

ティレル・026
Takagi98es.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, コイルスプリング/ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, コイルスプリング/ダンパー
エンジン フォード ゼテック-R 72度 V10
トランスミッション ティレル製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ティレル フォード
ドライバー 20. リカルド・ロセット
21. 高木虎之介
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

1998年はティレルにとって最後のシーズンであった。ケン・ティレルは初戦の前にBARにチームを売却した。ケンは1997年のドライバーであったヨス・フェルスタッペンに代わって豊富なスポンサー資金を持つロセットが選ばれたことで、それに怒ってチームを離脱した。競争力のあるV10エンジンと良くできたシャシーを持っていたものの、失望のシーズンに終わった。

チームはシーズンを通してノーポイントに終わった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 PIAA ティレル フォード V10 G AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
0 NC
リカルド・ロセット Ret Ret 14 Ret DNQ DNQ 8 Ret Ret 12 DNQ DNQ DNS 12 Ret DNQ
高木虎之介 Ret Ret 12 Ret 13 11 Ret Ret 9 Ret 13 14 Ret 9 16 Ret

参照編集