メインメニューを開く

ティンカー・ベルと流れ星の伝説

ティンカー・ベルと流れ星の伝説』(ティンカー・ベルとながれぼしのでんせつ、原題:Tinker Bell and the Legend of the Neverbeast)は2014年制作のOVA。イギリスでは2014年12月12日、アメリカ合衆国では2015年3月3日、日本では2015年5月20日ブルーレイDVDが発売された。

ティンカー・ベルと流れ星の伝説
Tinker Bell and the Legend of the NeverBeast
監督 スティーヴ・ローター英語版
脚本 トム・ロジャース
ロバート・スクーリー英語版
マーク・マッコークル英語版
ケイト・コンデル
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 ジニファー・グッドウィン
メイ・ホイットマン
音楽 ジョエル・マクニーリー
上映時間 76分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船
テンプレートを表示

ティンカー・ベル・シリーズの最終作となる[1]。日本ではシリーズ全作をボックスにしたブルーレイセット、DVDセットも同時販売された[1]

KTタンストールが劇中で使用される3曲を書き下ろしている[1]

ストーリー編集

緑に輝く彗星が夜空に現れた後、フォーンは森の中で目覚めたばかりの大きな怪獣を見つける。怪獣をグラフと名付けたフォーンは、少しずつグラフと仲良くなって行く。

ニックスが古い資料から「彗星が現れるとネバービーストが目覚め、激しい雷の嵐が襲いピクシー・ホロウを焼き尽くす」という言い伝えと見つける。ネバービーストはグラフにそっくりだった。言い伝えでは、ネバービーストは春・夏・秋・冬の森にそれぞれ石の塔を作って、雷の嵐を起こすという。

フォーンはグラフを逃がそうとするが、ティンカー・ベルがグラフに襲われたと知り、グラフの捕獲作戦に協力する。しかし、実はグラフはティンカー・ベルを襲ったのではなく助けたのであり、グラフが作っていた石の塔も避雷針の役割をするものであった。

そのことを知らないニックスたちは石の塔を破壊するが、グラフ自身が避雷針となってピクシー・ホロウは雷の嵐の危機から救われた。妖精たちとも仲良くなったグラフだったが、1000年に一度の彗星に備えるために、フォーンたちと別れて再び眠りについた。

登場人物編集

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集