ティンドゥフ県Tindouf)は、アルジェリア民主人民共和国の西部に位置する県。県都はティンドゥフ。人口は27060人(1998年、西サハラ難民含む)。モロッコ西サハラモーリタニアに接し、マリにも近い。

ティンドゥフ県

ولاية تندوف
DZ-37 (2019).svg
座標:北緯27度41分 西経8度8分 / 北緯27.683度 西経8.133度 / 27.683; -8.133座標: 北緯27度41分 西経8度8分 / 北緯27.683度 西経8.133度 / 27.683; -8.133
アルジェリアの旗 アルジェリア
県都 ティンドゥフ
面積
 • 合計 159,000 km2
人口
(2008)c. 160,000 (disputed)
58193 Algerians
c. 100,000 Sahrawis[注釈 1][1]
 • 合計 160,000人
 • 密度 1.0人/km2
等時帯 UTC+01 (CET)
市外局番 +213 (0) 49
ISO 3166コード DZ-37
地区 1
基礎自治体 2

歴史編集

en:Tajakantの町だったが、1895年遊牧民en:Reguibat tribeに占領された。 アルジェリアの独立前、遊牧民の部族連合の拠点だった。

1963年en:Sand Waren:Western Sahara War1975年-1991年)中には、en:First Battle of Amgala (1976)の基地となった。 県内に西サハラから脱出してきたサハラウィー人英語版難民のキャンプが存在する(en:Sahrawi refugee camps)。

地理編集

地理的に不毛だが、豊富な資源を有し、マリとの国境付近に多量の鉄鉱石が存在する。

戦略的重要性編集

3カ国が接するティンドゥフ県には、アルジェリアの陸軍および空軍基地が存在する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Office National des Statistiques, Recensement General de la Population et de l’Habitat 2008 Archived 2008-07-24 at the Wayback Machine. Preliminary results of the 2008 population census. Accessed on 2008-07-02.
注釈
  1. ^ Sahrawis are not legally recognized as dwellers of the province but rather as illegal or temporary refugees and migrants in Sahrawi refugee camps. Their exact number is unknown.

関連項目編集