ティン・ソルジャー」(Tin Soldier)は、スモール・フェイセス1967年に発表した楽曲。P.P.アーノルドがバッキング・ボーカルとして参加している。当初の邦題は「涙の少年兵」であった[2]

ティン・ソルジャー
スモール・フェイセスシングル
B面 I Feel Much Better
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ(1967年11月6日)
ジャンル ロック
時間
レーベル イミディエイト・レコード
作詞・作曲 スティーヴ・マリオットロニー・レイン
プロデュース スティーヴ・マリオット、ロニー・レイン
チャート最高順位
スモール・フェイセス シングル 年表
Itchycoo Park
(1967年8月)
ティン・ソルジャー
(1967年12月)
Lazy Sunday
(1968年4月)
ミュージックビデオ
「Tin Soldier」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

クレジット上はスティーヴ・マリオットロニー・レインの共作となっているが、マリオットが単独で書いた作品である。マリオットは当時モデルのジェニー・ライランスに夢中で、その気持ちをこの曲にあらわした。なお、ライランスがロッド・スチュワートと別れるとマリオットはすぐに求愛し、二人は1968年5月29日に結婚している[3]

「ティン・ソルジャー」はそもそもはアフリカ系アメリカ人の女性歌手、P.P.アーノルドへの提供曲であった。アーノルドは、アイク&ティナ・ターナーのバック・ダンサー兼歌手として1966年にイギリスに渡った際、ソロ歌手となるべくバンドを脱けてそのままロンドンに残った。1967年4月にカバーした「ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト」が全英シングルチャートで18位を記録。順調にキャリアを積み、その過程でマリオットと交際し始めた。しかし彼は書き上げた曲の出来栄えを気に入り、自分らのグループで録音することを決めた。

1967年11月6日、ロンドンのオリンピック・スタジオでレコーディング。アーノルドもバッキング・ボーカルとして参加した。同年12月1日、シングルA面として発売。全英シングルチャートで9位、西ドイツで7位、オランダで4位、オーストラリアで3位、カナダで38位を記録するなど各国でヒットを飛ばした。Billboard Hot 100では73位を記録した。

1969年11月発売の2枚組のコンピレーション・アルバム『The Autumn Stone』に収録されている。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『しっかり者のスズの兵隊』(英語題:The Steadfast Tin Soldier)を元に書かれた作品と考えられる。皮肉なことに冒頭の「僕は君の炎に飛び込みたいと願う小さなブリキの兵隊みたいなもんだ」という歌詞は後年、マリオットの焼死事故を想起させてしまうこととなった。

カバー・バージョン編集

脚注編集