テイラー・ロジャース

テイラー・アレン・ロジャースTaylor Allen Rogers, 1990年12月17日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州リトルトン英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBサンディエゴ・パドレス所属。

テイラー・ロジャース
Taylor Rogers
サンディエゴ・パドレス #17
18August2018TwinsPitcher (Cropped).jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2018年8月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コロラド州リトルトン英語版
生年月日 (1990-12-17) 1990年12月17日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 MLBドラフト11巡目
初出場 2016年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

双子の弟のタイラーもプロ野球選手であり、こちらはアンダースローの右腕投手である[1]

経歴編集

プロ入り前編集

2009年MLBドラフト37巡目(全体1106位)でボルチモア・オリオールズから指名されたが、契約せずにケンタッキー大学へ進学した。

プロ入りとツインズ時代編集

2012年MLBドラフト11巡目(全体340位)でミネソタ・ツインズから指名されプロ入り。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級エリザベストン・ツインズ英語版でプロデビュー。A級ベロイト・スナッパーズ英語版でもプレーし、2球団合計で15試合(先発10試合)に登板して4勝3敗、防御率2.27、74奪三振を記録した。

2013年はA級シーダーラピッズ・カーネルズ[2]とA+級フォートマイヤーズ・ミラクルでプレーし、2球団合計で25試合(先発24試合)に登板して11勝7敗、防御率2.88ー93奪三振を記録した。

2014年はAA級ニューブリテン・ロックキャッツでプレーし、24試合に先発登板して11勝6敗、防御率3.29、113奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ソルトリバー・ラフターズ英語版に所属した。

2015年はAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレーし、28試合(先発27試合)に登板して11勝12敗、防御率3.98、126奪三振を記録した。この年のオフもアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[3]

2016年はAAA級ロチェスターで開幕を迎えたが、4月13日にメジャー初昇格を果たした[4]。翌14日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。この年はリリーフとして新人ながらチーム3位の57試合に登板して3勝1敗、防御率3.96、64奪三振を記録した。

2017年はチームトップの69試合に登板とリリーフの主力として定着し、両リーグ最多の30ホールドを記録した。

2018年は72試合に登板して1勝2敗2セーブ、防御率2.63、75奪三振を記録した。

2021年オールスターゲーム前日の7月12日にマリナーズの菊池雄星とヤンキースのゲリット・コールが選出されていたオールスターゲームを辞退したことに伴い、代替選手としてレイズのアンドリュー・キットレッジと共に自身初めて選出された[5]。ただし、7月13日に開催されたオールスターゲームには参加はしたが、出場機会は無かった[6]

パドレス時代編集

2022年4月7日にクリス・パダックエミリオ・パガン後日発表選手とのトレードで、ブレント・ルッカー、金銭と共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[7]。シーズン開幕後、4月11日のジャイアンツ戦で弟のタイラーと対面。粋な計らいでメンバー表の交換も兄弟で務めた。試合にも出場し、史上5組目の双子の同一試合出場となった[8]

投球スタイル編集

ツーシームカーブが武器[9]

人物編集

一卵性ということあり、弟のタイラーとは良く似ており、タイラーの所属するジャイアンツが出場していた2021年のナショナルリーグディビジョンシリーズをスタンドから観戦していた際にはファンから「なぜスタンドにいるのか?」と勘違いされたほどである[10]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 MIN 57 0 0 0 0 3 1 0 9 .750 264 61.1 63 7 16 3 5 64 1 0 29 27 3.96 1.29
2017 69 0 0 0 0 7 3 0 30 .700 237 55.2 52 6 21 5 3 49 1 0 20 19 3.07 1.31
2018 72 0 0 0 0 1 2 2 18 .333 260 68.1 49 3 16 3 2 75 0 0 20 20 2.63 0.95
2019 60 0 0 0 0 2 4 30 10 .333 278 69.0 58 8 11 2 6 90 2 0 20 20 2.61 1.00
2020 21 0 0 0 0 2 4 9 2 .333 91 20.0 26 2 4 0 1 24 1 0 14 9 4.05 1.50
2021 40 0 0 0 0 2 4 9 8 .333 166 40.1 38 4 8 2 0 59 3 0 18 15 3.35 1.14
MLB:6年 319 0 0 0 0 17 18 50 77 .486 1296 314.2 286 30 76 15 17 361 8 0 121 110 3.15 1.15
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手(P)












2016 MIN 57 4 13 3 1 .850
2017 69 1 5 0 1 1.000
2018 72 6 8 0 0 1.000
2019 60 5 9 1 1 .933
2020 21 1 1 0 0 1.000
2021 40 1 4 0 0 1.000
MLB 319 18 40 4 3 .935
  • 2021年度シーズン終了時

記録編集

背番号編集

  • 55(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Michael Hicks (2014年8月5日). “BROTHERS IN ARMS Twins Tyler and Taylor Rogers making their pitch in the minor leagues” (英語). Columbine Courier.com. 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ 2013年よりツインズ傘下
  3. ^ Twins protect 7 prospects from Rule 5 Draft” (英語). MLB.com (2015年11月20日). 2017年4月19日閲覧。
  4. ^ Twins call up former UK pitcher Taylor Rogers to majors for first time
  5. ^ Manny Randhawa (2021年7月13日). “Kittredge, Rogers named to AL All-Star team” (英語). MLB.com. 2021年7月14日閲覧。
  6. ^ Do-Hyoung Park (2021年7月14日). “Denver area's Rogers proud to be All-Star” (英語). MLB.com. 2021年8月7日閲覧。
  7. ^ Press release: Twins acquire Chris Paddack, Emilio Pagán and a player to be named later from San Diego”. www.mlb.com. 2022年4月8日閲覧。
  8. ^ AJ Cassavell, Maria Guardado (2022年4月12日). “Taylor Rogers 'in a weird spot' after earning save as twin Tyler takes loss” (英語). MLB.com. 2022年4月14日閲覧。
  9. ^ 「ミネソタ・ツインズ」『2017MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 46頁
  10. ^ Stefanie Lee (2021年10月9日). “Giants pitcher's twin in stands confuses fans”. MLB.com. 2021年10月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集