テイ湾: Firth of Tayスコットランド・ゲール語: Linne Tatha)は、スコットランドテイ川河口から北海にかけて広がるファイフパース・アンド・キンロスアンガスの各カウンシル・エリアとダンディー市が面する。幅は最大でも3キロしかない[1]

テイ湾と流入河川の地図

テイ道路橋とテイ橋(テイ鉄道橋)の二つの橋が架かる[2]。2000年7月28日、エデン川とともにラムサール条約に登録された。

湾内にはマグドラム島という湿地帯の島がある[3]

1892年から1893年に南極を探検したダンディー捕鯨団のトーマス・ロバートソン団長は、発見した湾に郷里のスコットランドにちなんでテイ湾と命名した。この近くにはダンディー島もある。

町村編集

  • バルメリーノ (Balmerino)
  • ブローティーフェリー (Broughty Ferry)
  • ダンディー (Dundee)
  • インバーゴウリー (Invergowrie)
  • キングーディー (Kingoodie)
  • モニフィース (Monifieth)
  • ニューバーグ (Newburgh)
  • ニューポート=オン=テイ (Newport-on-Tay)
  • テイポート (Tayport)

名所編集

  • バルメリーノ修道院
  • ブローティー城博物館
  • マグドラム島
  • テイ橋(テイ鉄道橋)
  • テイ道路橋
  • テンツミュアの森

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Tay, Firth of”. Angus Council. 2008年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  2. ^ The Tay Bridges”. Tay Estuary. 2013年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  3. ^ Historical perspective for Mugdrum Island”. Gazetteer for Scotland. 2012年2月26日閲覧。

関連項目編集


座標: 北緯56度26分 西経3度00分 / 北緯56.433度 西経3.000度 / 56.433; -3.000