テオデリンダ

イタリアの女王(589-616)

テオデリンダまたはテオドリンダ イタリア語: Teodelinda, Teodolinda, 570年頃 - 628年)は、バイエルン公ガリバルト1世の娘[1]。ランゴバルド王妃。

テオデリンダ
Teodelinda
ランゴバルド王妃
Theodelinda married Agilulf (detail).jpg
テオデリンダのフレスコ画ザヴァッタリ画)
在位 588年 - 590年
591年 - 616年

出生 570年頃
死去 628年
配偶者 アウタリ
  アギルルフ
父親 バイエルン公ガリバルト1世
宗教 ニカイア派キリスト教
テンプレートを表示

生涯編集

588年、ランゴバルド王アウタリに嫁いだ。彼が590年に死去すると、次の夫を選ぶことを認められたテオデリンダは、591年にトリノアギルルフを次のランゴバルド王に選び再婚した[2]ニカイア派キリスト教の熱心な信者だったテオデリンダは、この信仰をイタリアに復活させるためアリウス派と争った。

アギルルフがニカイア派に改宗すると、彼女はロンバルディアトスカーナに数々の教会を建てた。その中には、モンツァ大聖堂フィレンツェの最初の洗礼堂であるサン・ジョヴァンニ洗礼堂がある。これらはいずれも、洗礼者ヨハネに捧げられたものである。

モンツァ大聖堂に保管されている宝物として有名なロンバルディアの鉄王冠は、彼女の時代から言及されるようになる。1444年、グレゴリオ・ザヴァッタリがモンツァ大聖堂内のテオデリンダ聖堂に、テオデリンダと鉄王冠の関係を物語るフレスコ画を描いている。

脚注編集

  1. ^ Herbermann, Charles, ed. (1913). Lombardy. Robert Appleton Company 
  2. ^ "Theodelinda", Brooklyn Museum

参考文献編集

  •   この記事にはパブリックドメインである次の百科事典本文を含む: Herbermann, Charles, ed. (1913). "Lombardy". Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company.

外部リンク編集