テオドール・ホフマン

テオドール・ホフマンTheodor Eduard Hoffmann1837年 - 1894年)は、ドイツ軍医1871年明治4年)、大学東校医学教師として来日した御雇い外国人の一人。

内科学を担当した。レオポルト・ミュラーとともに東校の医学教育制度を改革し、ドイツ式の大学形態とした。 日本に初めて穿胸術(せんきょうじゅつ)や肋骨切除術を伝える。 また、脚気(かっけ)の研究を行い、栄養学ももたらした。

1875年(明治8年)、帰国。

関連項目編集