テオドール・マータム(Theodor Matham、1605年か1606年生まれ、1676年3月26日没)は、オランダの画家、版画家である。名前は Theodoor やDirck、Theodorusとされることがある。

テオドール・マータム
Theodor Matham
アドリアン・ファン・デ・フェンネの原画によるマータムの版画
誕生日 1605年か1606年
出生地 ハールレム
死没年 1676年3月26日
死没地 アムステルダム
テンプレートを表示

略歴

編集

ハールレムで有名な版画家、ヤーコプ・マータム(Jacob Matham: 1571-1631)の息子に生まれた[1]。兄に画家、版画家になるアドリアーン・マータム(Adriaen Matham:c.1599-1600)とヤン・マータム(Jan Matham: 1600-1648)がいる[2]

父親から版画を学んだ[3]。1621年から1625年の間、ハールレムで活動した後、パリに移り[2]、収集家のミシェル・ド・マロレス(Michel de Marolles: 1600-1681)が出版した復刻版画集「Tableaux du temple des muses tirez du cabinet de feu Mr Favereau」のための版画復刻の仕事をした[4]。 1629年からローマに移り[2]、1633年からはローマの銀行家で美術収集家のヴィンチェンツォ・ジュスティニアーニ(Vincenzo Giustiniani: 1564–1637)が収集した美術作品を版画にする仕事をした[5]。この仕事は画家のヨアヒム・フォン・ザンドラルト(1606-1688)が指揮し、コルネリス・ブルーマールト(c.1603-1692)やレイニール・ファン・ペルセイン(Reinier van Persijn: 1615-1668)といった版画家が参加していた。

1637年にハールレムに戻り、ハールレムで多くの版画を制作した。1641年7月にアムステルダムで結婚した。その後1644年からデンハーグ、1652年からアムステルダム、1656年から再びハーグで活動し1656年に結成された「Confrérie Pictura(絵の兄弟信心会)」の創立メンバーになった[5]。1962年にアムステルダムに移りそこで亡くなった。

作品

編集

脚注

編集

参考文献

編集
  • "Matham, Theodor (Dutch printmaker, born 1605 or 1606, died 1676)", in Union List of Artist Names Online, 2014. URL consultato l'11 giugno 2014.
  • Emil Kren, Daniel Marx, "MATHAM, Theodor", in The Web Gallery of Art, 2014. URL consultato il 6 giugno 2014.
  • "MATHAM", in Enciclopedie on line - Treccani.it, 2013. URL consultato il 9 giugno 2014.
  • "Theodor Matham", in Rijksbureau voor Kunsthistorische Documentatie, 2014. URL consultato il 5 giugno 2014.
  • Abraham Jacob van der Aa, Karel Johan Reinier van Harderwijk;Gilles Dionysius Jacobus Schotel, Biografisch Woordenboek der Nederlanden, vol.XII, Haarlem, J.J. van Brederode, 1869, pp. 367-368. URL consultato l'11 giugno 2014.