TSR(ティーエスアール)は、日本オートバイレーシングチームである。現在の名称はテクニカルスポーツレーシング(Technical Sports Racing)の頭文字からきている。

概要編集

運営母体は三重県鈴鹿市ホンダワールド株式会社で、オートバイショップの店舗名とレーシングチームの名称に『TSR』を使用している。

レース活動以外でも公道車両販売部門により、マフラーやバックステップなどオートバイのカスタマイズパーツの販売、公道用車両の販売、各種整備などを手掛けている。

レース活動編集

1980年代から1990年代にかけてテクニカルスポーツのチーム名で、ホンダ系の有力プライベーターとして全日本ロードレース選手権鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。2002年まではロードレース世界選手権を主戦場としていた。オリジナルフレームのGPマシンを製作したり2006年の鈴鹿8耐で総合優勝するなどレーシングチームとしてのレベルは高い。

2010年よりMotoGPのMoto2クラスにおいてフレームビルダーとしてJiRチームにフレームを供給し(ビルダーとしての登録名はモトビとなっている)、アレックス・デ・アンジェリスが勝利を挙げている。また日本グランプリには自社でスポット参戦している。2012年からはMoto3クラスのテクノマグCIPチームに所属ライダーの藤井謙汰と共に参加し、Technomag-CIP-TSR としてレーサーを提供する。

2016年からレース活動の主軸をFIM世界耐久選手権へ置く。2017-2018シーズンはルマン24時間耐久ロードレース、オッシャースレーベン8時間耐久で優勝し、ランキングトップで迎えた鈴鹿8時間耐久ロードレースで5位入賞し、参戦3シーズン目にして選手権総合優勝を成し遂げた[1]

なお、1980年代から1990年代にかけて同じくホンダ系プライベートチームの雄として活躍し、岡田忠之青木宣篤らを輩出したテクニカルスポーツ関東(TS関東)と、宇川徹柳川明らを輩出したテクニカルスポーツ九州(TS九州)という2つのレーシングチームがあるが、前者は筑波サーキットを本拠地とするワールド筑波が、後者は高武富久美率いるTeam高武が母体であり、三者の間に直接の資本関係はない(ただしワールド筑波創設者の橋本勲は、TSRの前身となったワールドモーター創設メンバーのひとりである)。

スポンサー編集

  • メインスポンサーは一貫してクラッチメーカーF.C.C.が務めている。鮮やかなブルーに白地の同社ロゴを配したマシンカラーリングは「F.C.C.ブルー」と呼ばれ、ホンダのスポーツバイクのカスタムペイントとして人気がある。
  • 世界耐久選手権では、2017 - 2018年シーズンからフランスのホンダ現地法人「Honda France」とタッグを組み、『F.C.C. TSR Honda France』として参戦している。チームカラーはフランスの国旗、青白赤の3色を使用している。
  • 以前は名古屋のFMラジオ局・ZIP-FMが1995年から2007年まで鈴鹿8耐のみスポットスポンサーとして加わっていた。当時のナンバーはZIP-FMの周波数から#778であった。

主なレース活動編集

鈴鹿8時間耐久ロードレース編集

ゼッケン チーム(マシン) ライダー 決勝順位 周回数 Total time Delay
2011 #11 F.C.C. TSR Honda
(ホンダ・CBR1000RR)
  秋吉耕佑
  伊藤真一
  清成龍一
優勝 217周 8:00'50.922 -
2012 #11   ジョナサン・レイ
  秋吉耕佑
  岡田忠之
優勝 215周 8:01'35.450 -
2013 #11   ジョナサン・レイ
  清成龍一
リタイヤ 58周 2:15'12.621 156Laps
2014 #11   秋吉耕佑
  ジョナサン・レイ
  ロレンツォ・ザネッティ
40位 157周 6:58'09.7113 15Laps
2015 #778   ジョシュ・フック
  カイル・スミス
  ドミニク・エガーター
2位 204周 8:01'47.119 1'17.411

FIM世界耐久選手権編集

ゼッケン チーム(マシン) ライダー 選手権シリーズ 決勝順位 周回数 タイム ポイント 総合 順位/ポイント
2016 #5 F.C.C. TSR Honda
(ホンダ・CBR1000RR)
  渡辺一馬
  ダミアン・カドリン
  アラン・テシェ
  アルツゥール・ティゾン
第1戦  
ル・マン24時間耐久
(2016 4/9-10)
3位 808周 24:02'30.173 44pt 7位 / 56pt
  渡辺一馬
  ダミアン・カドリン
  パトリック・ジェイコブセン
第2戦  
ポルティマオ12時間耐久
(2016 6/11)
12位 381周 12:00'27.802 9pt
  渡辺一馬
  パトリック・ジェイコブセン
  ドミニク・エガーター
第3戦  
鈴鹿8時間耐久
(2016 7/31)
18位 208周 8:01'49.703 3pt
  渡辺一馬
  ダミアン・カドリン
  パトリック・ジェイコブセン
第4戦  
オッシャースレーベン8時間耐久
(2016 8/27)
リタイヤ 70周 2:26'09.073 -
2016-2017 #5 F.C.C. TSR Honda
(ホンダ・CBR1000RR)
  渡辺一馬
  ダミアン・カドリン
  伊藤真一
  アルツゥール・ティゾン
第1戦  
ボルドール24時間耐久
(2016 9/17-18)
5位 674周 23:51'54.846 32pt 4位 / 115.5pt
  ダミアン・カドリン
  グレッグ・ブラック
  アルツゥール・ティゾン
第2戦  
ル・マン24時間耐久
(2017 4/15-16)
5位 843周 24:00'36.167 35pt
  ダミアン・カドリン
  グレッグ・ブラック
  ジョシュ・フック
第3戦  
オッシャースレーベン8時間耐久
(2017 5/20)
5位 314周 8:00'50.178 17pt
  ダミアン・カドリン
  グレッグ・ブラック
  ジョシュ・フック
第4戦  
スロバキアリング8時間耐久
(2017 6/24)
21位 197周 8:01'11.689 0pt
  ステファン・ブラドル[2]
  ドミニク・エガーター
  ランディ・ド・ピュニエ
  ジョシュ・フック
第5戦  
鈴鹿8時間耐久
(2017 7/30)
3位 215周 8:01'58.784 31.5pt
2017-2018 #5 F.C.C. TSR Honda France
(ホンダ・CBR1000RR)
  ジョシュ・フック
  アラン・テシェ
  フレディ・フォーレイ
  アルツゥール・ティゾン
第1戦  
ボルドール24時間耐久
(2017 9/16-17)
6位 670周 24:01:07.831 37pt 総合優勝 / 171.5Pt
第2戦  
ル・マン24時間耐久
(2018 4/21-22)
優勝 843周 24:01:04.008 58Pt
  フレディ・フォーレイ
  アラン・テシェ
  ジョシュ・フック
第3戦  
スロバキアリング8時間耐久
(2018 5/12)
3位 224周 08:02:55.164 21Pt
第4戦  
オッシャースレーベン8時間耐久
(2018 6/9)
優勝 312周 08:00:49.802 30Pt
第5戦  
鈴鹿8時間耐久
(2018 7/29)
5位 196周 08:01:04.467 25.5Pt
2018-2019 #1 F.C.C. TSR Honda France
(ホンダ・CBR1000RR SP2)
  ジョシュ・フック
  フレディ・フォーレイ
  マイク・ディ・メリオ
第1戦  
ボルドール24時間耐久
(2018 9/15-16)
優勝 698周 24:01:50.590 51Pt 2位 / 137.5Pt
第2戦  
ル・マン24時間耐久
(2019 4/20-21)
35位 587周 24:02:35.461 3Pt
第3戦  
スロバキアリング8時間耐久
(2019 5/11)
3位 217周 08:01:35.074 25Pt
第4戦  
オッシャースレーベン8時間耐久
(2019 6/9)
優勝 308周 08:00:53.715 30Pt
第5戦  
鈴鹿8時間耐久
(2019 7/28)
4位 215周 07:57:14.500 28.5Pt
2019-2020 #5 F.C.C. TSR Honda France
(ホンダ・CBR1000RR SP2)
  ジョシュ・フック
  フレディ・フォーレイ
  マイク・ディ・メリオ
第1戦  
ボルドール24時間耐久
(2019 9/21-22)
リタイヤ 144周 18:09:19.174 13Pt 3位 / 143.5Pt
第2戦  
セパン8時間耐久
(2019 12/14)
12位 78周 05:52:16.715 12Pt
第3戦  
ル・マン24時間耐久
(2020 8/29-30)
優勝 816周 24:00:57.502 62Pt
第4戦  
エストリル12時間耐久
(2020 9/27)
2位 421周 12:01:28.455 56.5Pt

主な製品編集

  • AC8
  • AC10M
  • AC28M
  • AC51M
  • AC90M(CBR900RR特別仕様)
  • AC110M(CBR1100XX特別仕様)
  • AC6(Moto2マシン・通称はTSR6)
  • TSR2(Moto2マシン・2012年モデル)
  • TSR3(Moto3マシン)

主な所属ライダー編集

※過去に所属したライダーを含む

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集