テクノ・アニマル

テクノ・アニマルTechno Animal)は、1990年にイギリスのミュージシャン、ジャスティン・ブロードリックゴッドフレッシュのバンド・メンバー)とケヴィン・マーティン(ザ・バグと呼ばれたゴッドのバンド・メンバー)によってイングランドのロンドンで結成された電子音楽のデュオ。このデュオは1991年のデビュー作『Ghosts』から6枚のLPをリリースした。彼らはダブ制作をダークでビート志向のアンビエント・ミュージックやパラノイアのテーマとブレンドした[1]

テクノ・アニマル
Techno Animal
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル イルビエントダブ、ポスト・インダストリアル、ダーク・アンビエント
活動期間 1991年 - 2004年
レーベル Pathological、ヴァージン、Blue Angel、Position/Chrome、City Slang、Digital Hardcore、マタドール
共同作業者 ゴッドゴッドフレッシュアイス、ゾウナル
旧メンバー ジャスティン・ブロードリック
ケヴィン・マーティン

略歴編集

ケヴィン・マーティンは1987年にすでにインダストリアル・メタル・グループのゴッドを結成していた。ジャスティン・ブロードリックは1988年にゴッドフレッシュを結成し、ナパーム・デスでレコーディングを行い、まもなくマーティンと一緒にゴッドに加わった[1]。テクノ・アニマル・プロジェクトは、スタジオでの探求に対するミュージシャンとしての共通の関心から生じ、1990年に実現した[2]。その意図は、プロジェクトをスタジオに限定し、サンプリングを使用して音楽を開発することであり、マテリアルをライブで演奏することは意図していなかった[3]。この名前は「技術的な動物」という概念を指しており、ジャンルとしてのテクノを直接的に指すものではない[2][4]

テクノ・アニマルのデビュー・アルバム『Ghosts』は1991年にリリースされた。アルバムのレビューで、イングランドの音楽評論家サイモン・レイノルズは、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンディー・クルップス23スキドゥーなど他のサンプル・ベースのミュージシャンたちの音楽と比較した[5]

2017年、マーティンとブロードリックは15年後に再会し、ゾウナルというバンドを結成した[6]。ブロードリックによると、この新しいプロジェクトはテクノ・アニマルの精神的な継続だという。ゾウナルに関して彼は言った:

「コラボレーションについて再び新鮮なものと感じていました。古い名前の何かを追求したくはなかったんです……ゾウナルは過去のテクノ・アニマルの曲をいくつか演奏していますが、セットのほとんどはゾウナルとしての新しいマテリアルです。それは、テクノ・アニマルとして中断したところからほぼほぼ続いています」。[7]

影響編集

特に、テクノ・アニマルの音楽は、電子音楽のミュージシャンであるキッド606にとって重要なインスピレーションの源であり、デビュー・アルバム『Ghosts』は特に影響を与えた。「これは私が今まで聞いた最初の実験的な電子音楽のレコードの1つでした。ケヴィン・マーティンとジャスティン・ブロードリックは早い段階から私に大きな影響を与えてくれました」[8]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Ghosts (1991年、Pathological)
  • Re-Entry (1995年、Virgin)
  • Radio Hades (1998年、Position Chrome)
  • Techno Animal Versus Reality (1998年、City Slang)
  • Symbiotics (1999年、Force Inc. Music Works) ※with ポーター・リックス
  • 『ザ・ブラザーフッド・オヴ・ザ・ボム』 - The Brotherhood of the Bomb (2001年、Matador)

シングル & EP編集

  • Babylon Seeker (1996年、Blue Angel)
  • Unmanned (1996年、Position Chrome)
  • "Demonoid" (1997年、City Slang)
  • Phobic (1997年、Position Chrome)
  • Cyclops (1998年、Position Chrome)
  • "Brotherhood of the Bomb"/"Monolith" (1999年、Force Inc. Music Works)
  • "Megaton"/"Classical Homicide" (2000年、Matador) ※ダイアレックとのスプリット盤
  • "Dead Man's Curse" (2001年、Matador)
  • "We Can Build You" (2001年、Matador)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Cooper, Sean. “Techno Animal”. Allmusic. 2014年9月13日閲覧。
  2. ^ a b Techno Animal: Full Discography”. Matador Records (2014年). 2014年9月13日閲覧。
  3. ^ Reynolds, Simon (24 May 2011). Bring the Noise: 20 Years of Writing About Hip Rock and Hip Hop. Soft Skull Press. p. 192. https://archive.org/details/bringnoise20year0000reyn 2014年9月13日閲覧。 
  4. ^ Broadrick, Justin (2018年4月21日). インタビュアー:Holly Dicker. “EX.406 Justin Broadrick – Kicking against the pricks with the Birmingham prodigy”. Resident Advisor. https://www.residentadvisor.net/podcast-episode.aspx?exchange=406 2018年5月17日閲覧。 
  5. ^ “Techno Animal: Ghosts”. Melody Maker. (1991). http://2.bp.blogspot.com/_soXI82GSn1A/SM1sBSNdt6I/AAAAAAAAAkg/Ek-jqH53EIA/s1600/technoanimalGhosts.jpg 2012年10月8日閲覧。. 
  6. ^ Quietus interview”. The Quietus. 2017年11月13日閲覧。
  7. ^ Metal Invader interview”. Metal Invader. 2017年11月13日閲覧。
  8. ^ “Kid-606: Glitch Glyphs”. The Wire (194–196): 10. (2000). https://books.google.com/books?id=_x5MAAAAYAAJ&q 2012年10月8日閲覧。. 

外部リンク編集