メインメニューを開く

テッド・グリフィンTed Griffin, 1970年12月21日 - )は、アメリカ合衆国の脚本家、プロデューサーである。『ラビナス』、『マッチスティック・メン』、『オーシャンズ11』などにクレジットされている。

テッド・グリフィン
Ted Griffin
生年月日 (1970-12-21) 1970年12月21日(48歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パサデナ
職業 脚本家
著名な家族 ウィリアム・A・サイター(祖父) 
マリアン・ニクソン(祖母)
ニコラス・グリフィン(兄弟)
テンプレートを表示

目次

生い立ち編集

カリフォルニア州パサデナで生まれ、1993年にコルゲート大学を卒業した。

祖父母は映画監督のウィリアム・A・サイターと女優のマリアン・ニクソン、兄弟は同じく脚本家のニコラス・グリフィンである。

キャリア編集

2005年、オリジナル脚本を書いた『迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-』で監督デビューを果たす予定であったが、撮影開始から12日後にロブ・ライナーと交代した[1]。近作ではリライトを務めたアシュトン・カッチャー主演の『キス&キル』がある[2]

テレビではFXチャンネルの『Terriers』のクリエイターを務めた。

フィルモグラフィ編集

映画編集

テレビシリーズ編集

参考文献編集

外部リンク編集