メインメニューを開く

テッド・タナベ(本名:田邉 哲夫(たなべ てつお)、1962年11月5日 - 2009年6月15日)は、日本レフェリーリングアナウンサー愛知県名古屋市出身。旧表記はテッド田辺(テッドたなべ)。

テッド・タナベ
Ted Tanabe.JPG
大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナに飾られている写真。中央にいるのがテッド・タナベ。
プロフィール
リングネーム テッド・タナベ
本名 田邉 哲夫
身長 不明
体重 不明
誕生日 (1962-11-05) 1962年11月5日
死亡日 (2009-06-15) 2009年6月15日(46歳没)
出身地 愛知県名古屋市
所属 大阪プロレス
デビュー 1987年
テンプレートを表示

経歴編集

国際プロレスにフロントスタッフとして入社の後、全日本プロレスを経て1987年ジャパン女子プロレスでレフェリーとしてデビュー。

その後、FMWを経てジャパン女子でコーチを務めていたグラン浜田1990年に旗揚げしたユニバーサル・プロレスリングに参加。

1992年からはザ・グレート・サスケが旗揚げしたみちのくプロレスに参加しメインレフェリーとして数々の試合を裁く他、闘龍門などみちのくプロレスと交流のあった団体へもしばしば出張した。

2006年1月、拠点を地元名古屋に移すため、みちのくプロレスを退団。同年、大阪プロレスに入団。

晩年は地元名古屋で学校給食の配達として働きながら、土曜休日に大阪で試合を裁く日々が続いた。

2009年6月14日大阪プロレス大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ大会のメインイベント(「大阪タッグフェスティバル2009」公式戦 ビリーケン・キッド&ペロvsヲロチ&タダスケ戦)を終えてリングを下りた直後に倒れ、意識不明に陥りすぐに病院へ搬送されるも、6月15日の12時23分に急性心筋梗塞により急死した。46歳没[1]。奇しくも、前日にプロレスリング・ノア創設者だった三沢光晴が亡くなったばかりで、2人は同じ年齢でもあった。なお、本人はかねてから糖尿病を患っていたという話もある。

人物編集

  • いくつもの団体を渡り歩いただけでなく、所属団体の選手が出場する対外試合での出張レフェリングも数多く務めたため、「多団体男」がキャッチフレーズであった。
  • ハードコアマッチデスマッチからコミカルな試合までスタイルを選ばず幅広くこなすレフェリングが特徴。「反則を見逃させたら日本一」と自評する通り、肝心なところで誤爆でダウンしていたり反則を見逃して選手と小競り合いを起こすシーンは名物化していた。お笑い系の試合では選手と絡みを見せるほか真面目に試合をしない選手にキレることもあった。
  • 身長が低く太った体型をしばしば選手にいじられる。
  • レフェリーだけでなくリング設営や運転手、営業などレスラー以外のほとんどの業務を経験しており、後輩のレフェリーやフロントスタッフの指導にも心血を注ぎ尊敬を得ていた。
  • 1999年にデルフィンらの大量離脱が起こると退団会見の席で対立するサスケ(当時のリングネームはSASUKE)とデルフィンの間に入り、デルフィンらへの説得や会見後に号泣するSASUKEをなだめた。
  • 2004年に万引き犯を捕まえたことがある。
  • 表向きは引き抜きに等しい形で大阪プロレスに入団後は、みちのくプロレスを批判する言動もあったが、その後も、みちのくプロレスと大阪プロレスの関係は崩れておらず、実際には円満だった事が窺える。
  • 公式ブログは死の2日前(6月13日)で更新が止まった状態だが、現在でも月命日になる度にファンによるコメントの書き込みが絶えない。中にはTAKAみちのくKAIENTAI DOJO)やMIKAMIDDTプロレスリング)といった選手からの書き込みもある。

脚注編集

外部リンク編集