メインメニューを開く

テトリスコレクション』は、セガエイジス2500シリーズの一つ(Vol.28)として発売されたコンピュータゲームPS2用ソフトとして発売された。

セガエイジス2500シリーズ Vol.28 テトリスコレクション
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 PlayStation 2
開発元 セガ
発売元 セガ(後のセガゲームス
人数 1人〜2人
メディア CD-ROM
発売日 2006年9月28日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

新作『テトリス ニューセンチュリー』に加えて、過去作のセガ製『テトリス』及びその派生作2作が収録。この3作は、いずれも家庭用ゲーム機には初の完全移植となった。2000年に製作された『セガ テトリス』は収録されていない。

テトリス』・「セガテトリス」自体については当該項目先を参照。

収録タイトル編集

テトリス ニューセンチュリー編集

見た目は後述する「システム16」版だが、発売当時(2006年)のガイドラインに基づくルールを取り入れた、「セガテトリス」系では発売当時の最新に近い作品。他社の『テトリスDS』や『TI』など、他のガイドラインに慣れたテトリスプレイヤーにも違和感なくプレイできるが、「T-Spin Triple が採用されていない」など、細部にいくつかの相違点がある。

テトリス編集

システム16
セガ製作「テトリス」の初作。日本におけるテトリスブームの火付け役となった(詳細は別項を参照)。
今回の収録版が、家庭用ゲーム機では初めての完全移植バージョンとなる
 同作はこれ以前にセガサターンで発売された『テトリスS』において、BGMやグラフィックがアレンジされて移植されたケースがある)。
ゲーム本編のほか、「アーカイブス」モードで下記のような達人テトリスプレイヤーのスーパーリプレイが再現出来る。
  • スコア・ライン・レベルをカンストさせるプレイ(ボーナス得点の上積みによるスコアのカンストプレイも含む)
  • 電源パターン」を利用した「全消し」のプレイ
システムE
簡潔に述べると「システム16よりも廉価な基盤に移植したエコノミー版」。
「アーカイブス」モードではアーケード業者への販促用に作成されたチラシや、本版を格納したコンパクトキャビ版の筐体写真などが収録されている。
メガドライブ
テトリスのライセンスにおける諸々の事情(詳細はテトリス#ライセンスなどを参照)により、完成・生産していながら発売中止を余儀なくされた作品。
このコレクションへの収録版が、(ボーナスタイトルとしての扱いだが)約20数年ぶりに実現した初の正式発売版ということになる。
同一画面で別々のテトリミノを操作する「ダブルスモード」、3分間で強制終了となる「タイムアタックモード」も収録。
「アーカイブ」モードではメガドライブ版のパッケージで使われる予定であったジャケットや取扱説明書、北米の一部地域において、ごく短期間のみ展開されていたアーケード用ゲーム基板「MEGA PLAY」版の筐体写真が収録されている。
2019年にセガゲームスがメガドライブを復刻させたゲーム機・メガドライブ ミニに、「幻のメガドライブ版テトリス」という触れ込みで収録されている版は、システム16版をベースに完全新規で移植をした版であり、今作に収録されているものとは異なる。

下記2タイトルは厳密な意味でのテトリスではなく、セガ独自のルールを取り入れた派生作品。

フラッシュポイント編集

システム16版
オリジナル版。「アーカイブス」モードでは業者向けチラシ写真が収録されている。
メガドライブ版
『テトリス』と同様に開発中止となった幻のタイトルを今回ボーナスタイトルとして再現・収録したもの。
同一画面で別々のテトリミノを操作する「ダブルスモード」、自分で問題を作る事が出来る「エディットモード」も収録されている。

ブロクシード編集

システム18
オリジナル版。

下記2つの版はボーナスとしてのシークレット(隠し)収録。

Cボード
日本国外向けにリリースされた、メガドライブと同性能のアーケード基板向け移植であり、メッセージは英語となっている。
システム16版
当時の最新に近い基盤だったシステム18よりも、ある程度普及が進んだ状態にあったシステム16への(感覚としてはエコノミー)移植版。

関連項目編集

外部リンク編集