テトリス (ゲームボーイ)

テトリス』 (TETRIS) は、1989年6月14日に日本の任天堂から発売されたゲームボーイ落ち物パズル

テトリス
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 ゲームボーイ (GB)
開発元 任天堂開発第一部
発売元 任天堂
プロデューサー 横井軍平
ディレクター 岡田智
デザイナー アレクセイ・パジトノフ
プログラマー 山本雅央
音楽 田中宏和
美術 松岡洋史
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 256キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 198906141989年6月14日
アメリカ合衆国 1989081989年8月
PAL 199009281990年9月28日
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
デバイス 通信ケーブル
売上本数 約424万本
その他 型式:日本 DMG-TRA
アメリカ合衆国 DMG-TR-USA
ヨーロッパ DMG-TR-NOE
テンプレートを表示

アレクセイ・パジトノフによって開発され、日本国内においてもすでにBPSからパソコン各機種やファミリーコンピュータに移植された他、セガからアーケードゲームとして稼働されていた『テトリス』の初の携帯型ゲーム機への移植版となった。通信ケーブル を使用した対戦モードが追加されている事を特徴としている。

開発は任天堂開発第一部が行い、ゲームボーイ本体の基本設計などに携わったスタッフが参加しており、プロデューサーは横井軍平、ディレクターは岡田智が担当している他、音楽は『スーパーマリオランド』(1989年)を手掛けた田中宏和が担当している。

販売本数は約424万本で、ゲームボーイ用ソフト単体およびパズルゲームとしての売り上げ本数で第1位となり、ゲームボーイ本体の普及に大きく貢献した。

2011年12月28日からニンテンドー3DSバーチャルコンソールでも配信されたが、2014年12月31日に配信を終了した。

ゲーム内容編集

システム編集

1人プレイでは「A-TYPE」と「B-TYPE」の2つのモードがあり、A-TYPEはゲームオーバーになるまでラインを消し続けてハイスコアを競うモードであるのに対し、B-TYPEは25ラインを消し終えた際のスコアを競うモードとなっている。

2人プレイでは先に一定のライン数を消すか、相手プレイヤーのブロック画面いっぱいになるまでせり上げるのを競うモードとなっており、ここで史上初めて対戦プレイの要素が導入された。

LEVELは0から9まであり、9は1番難易度が高い。

ゲームモード編集

1-PLAYERゲーム編集

A-TYPEゲーム

積み上げたブロックがフィールドの最上段まで達し、次のブロックが出てくる所がつまるまで延々と続けるモード。

B-TYPEゲーム

LEVEL0〜9とHIGH1〜5の組み合わせから選び、25ライン消して得点を競うモード。25ライン全てを消し終えた時点で得点を清算する。LEVEL9をクリアした時、HIGHの数値で音楽と画面が変化する[2]

2-PLAYERゲーム編集

1Pがマリオ、2Pがルイージとなって相手より先に30ライン消すか、相手のブロックを先にフィールドの上まで押し上げてしまえば1ゲーム勝ちとなり、先に4ゲーム取った方が勝利となる。 本体とカートリッジが2個ずつあれば対戦が出来る。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 出典
1 テトリス   201112222011年12月22日
  201112282011年12月28日
ニンテンドー3DS 任天堂開発第一部 任天堂 ダウンロード
バーチャルコンソール
- [3]

音楽編集

BGMはA-TYPE、B-TYPE、C-TYPE、OFFがあり、この4種類から選択したゲームを開始する。初期型と後期型ではA-TYPEの曲が異なっており[4]、近年発売されているテトリスのCMには後期型の楽曲が採用されている[5]
C-TYPEではJ.S.バッハ作曲の『フランス組曲第3番ロ短調 BWV814』の「メヌエット」が使用されており、ゲームクリアBGMではチャイコフスキー作曲のバレエ音楽くるみ割り人形』の「ロシアの踊り(トレパック)」が使用されている。

使用されているゲームタイトル

  • 大乱闘スマッシュブラザーズX』 - ステージの1つ「ルイージマンション」のBGMとして、A-TYPEとB-TYPEの編曲が使用されている。
  • テトリスDS』 - レコード画面や1人用モードなど、至る所で使用されている。

スタッフ編集

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
Computer and Video Games95% (GB)[6]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー31/40点 (GB)[6]
ファミ通27/40点 (GB)[7]
ファミリーコンピュータMagazine25.02/30点 (GB)[1]
The Games Machine85% (GB)[6]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計27点[7]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り、25.02点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ゲームボーイ オールカタログ」では、本作が空前のパズルゲームブームを引き起こした事や、ゲームボーイ本体の売上を大幅に上昇させた事などに触れた他、ファミリーコンピュータワードプロセッサパソコン電子手帳など多岐に亘り移植された事に触れた上で「ゲームボーイ版の人気はかなり高い」と主張した[1]。また本作において最も面白いのは対戦モードであると称賛した[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.46 4.03 4.36 4.61 4.41 4.15 25.02

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 188頁。
  2. ^ ゲームボーイ テトリス 1-PLAYERゲーム”. 任天堂. 2016年9月4日閲覧。
  3. ^ ゲームボーイ版『テトリス』が3DSのバーチャルコンソールで復活” (日本語). iNSIDE. イード (2011年12月21日). 2020年11月1日閲覧。
  4. ^ 初期型はオリジナル曲の「メヌエット」、後期型ではロシア民謡の「コロブチカ(コロベイニキ)」が使用されている。
  5. ^ セガハドソンなど、ほとんどの作品で使用されている。
  6. ^ a b c Tetris for Game Boy (1989)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2020年11月1日閲覧。
  7. ^ a b テトリス(TETRIS) まとめ [ゲームボーイ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年11月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集