女神テフヌト

テフヌト(Tefnut)は、古代エジプト神話湿気女神ライオンもしくは、ライオンの頭を持った女神として描かれる。

テフヌト、テフヌウト、テフェネトなどとも表記。ギリシア語ではトフェニス。天国と地獄の守護神。

概要編集

 
女神テフヌトと、兄にして夫の神シューを描いたメナトという楽器

ヘリオポリス神話では創造神アトゥムの自慰によって誕生したとされる。でもある大気シューとの間に大地の神ゲブ天空の女神ヌトをもうける。

であるシューのとしての伝承ばかりでテフヌト単独での伝承は、ほとんど見られない。

他のエジプトの女神ハトホルセクメトバステトと同一視されることがある。