テリー・ダンフィールド

テレンス・ダンフィールド英語: Terrence Danfield1982年2月20日 - )は、カナダイングランドの元サッカー選手、現サッカー指導者。元カナダ代表。選手時代のポジションはMF

テリー・ダンフィールド Football pictogram.svg
Terry Dunfield - photo by Djuradj Vujcic.jpg
名前
本名 テレンス・ダンフィールド
ラテン文字 Terry Dunfield
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1982-02-20) 1982年2月20日(40歳)
出身地 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
身長 178cm
選手情報
ポジション MF(CMF)
利き足 両足
ユース
1987-1996 カナダの旗 ポイント・グレイ
1996-2000 イングランドの旗 マンチェスター・シティ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2002 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 9 (0)
2002-2005 イングランドの旗 ベリー 74 (5)
2007-2009 イングランドの旗 マクルズフィールド・タウン 61 (2)
2009-2010 イングランドの旗 シュルーズベリー・タウン 46 (2)
2010-2011 カナダの旗 バンクーバー・ホワイトキャップス 23 (3)
2011-2013 カナダの旗 トロント 56 (6)
2014 イングランドの旗 オールダム・アスレティック 2 (0)
2014-2015 スコットランドの旗 ロス・カウンティ 4 (0)
2016 カナダの旗 トロント・アトミック 16 (8)
代表歴2
2000  イングランド U-18 1 (0)
2000-2001  カナダ U-20 5 (0)
2002-2003  カナダ U-23 2 (0)
2010-2013  カナダ 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年12月1日現在。
2. 2022年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ歴編集

バンクーバー生まれ。イングランドで行われたサッカー大会でマンチェスター・シティFCから興味を持たれ、同クラブの下部組織に加入した。2001年にジェフ・ホイットリーとの交代でプレミアリーグ初出場を記録した[1]。しかし監督がジョー・ロイルからケビン・キーガンに代わると出場機会を失い、監督側は契約更新を求めていたものの、退団の運びとなった。

2002年にバリーFCに移籍。レギュラーとして活躍していたが、2005年1月に膝蓋骨を骨折し、同年夏に放出された。その後は治療のために専門家のいる北米に戻った。回復後は古巣のマンチェスター・シティでリハビリを行った。

2007年7月、練習参加を経てマクルズフィールド・タウンFCに加入した[2]。同シーズンのクラブ最優秀選手となった[3]

2009年1月にシュルーズベリー・タウンFCに6万5000ポンドに移籍。夏までは適応に苦しんだが、翌シーズンには代表に初選出されるほどの活躍を見せた。しかしカナダ代表のスティーヴン・ハート監督から代表でのキャリアを考えるのならEFLリーグ2より上のリーグでプレーするべきだと言われたために翌月に退団した。クラブのグラハム・ターナー監督は「彼にとってはリーグ2に所属するこのクラブのサッカーでは彼を満足させるに足らなかった」と述べた[4]

退団後にはマザーウェルFCの練習に参加していた最中にメジャーリーグサッカー入りが決まっていたバンクーバー・ホワイトキャップスからオファーを受けて、加入した[5]。2010年12月10日に翌シーズンのメンバー入りが発表され、メジャーリーグサッカーの選手となった[6]

2011年7月14日にトロントFCにトレードに出された[7]。同月30日にジュリアン・デ・グズマンとの交代で移籍後初出場を記録した[8]。移籍後初得点は2012年7月11日で、相手は古巣のバンクーバー・ホワイトキャップスであった[9]。同年のクラブ最優秀選手に選出された[10]。2013年6月に退団した[11]

2014年2月20日、練習参加を経てオールダム・アスレティックAFCに夏までの契約で加入した[12][13]。同年夏を以て契約満了した[14]

同年10月にロス・カウンティFCに加入した[15]。シーズン終了後に退団した[16]

2016年にトロント・アトミックFCに加入した。同年6月25日に加入後初得点を記録した[17]。8得点を記録し、クラブで最も得点をした選手となったが、同年で引退した[18]

代表歴編集

2010年5月29日に行われたベネズエラ代表戦でカナダ代表初出場を記録した。代表初得点は2011年6月1日に行われたエクアドル代表戦であったが、代表通じての得点はこの一点に止まった[19]。2013年9月10日のモーリタニア代表戦が代表最後の出場となった。

引退後編集

引退後はThe Sports Networkで分析官、OneSoccerでコメンテーターを務めた。

参考文献編集

  1. ^ FA Carling Premiership Saturday 19th May 2001”. The Telegraph (2001年5月19日). 2015年1月22日閲覧。
  2. ^ “Silkmen sign ex-Bury midfielder”. BBC Sport. (2007年7月27日). http://news.bbc.co.uk/sport1hi/football/teams/m/macclesfield_town/6919004.stm 2007年7月27日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ Port Vale: Vital statistics”. The Sentinel (2009年1月9日). 2009年1月9日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “Langmead and Dunfield leaving Town”. Shropshire Star. (2010年6月18日). http://www.shropshirestar.com/sport/2010/06/18/langmead-and-dunfield-leaving-town/ 2010年8月4日閲覧。 
  5. ^ “Soccer wunderkind returns home to play for the Vancouver Whitecaps”. Vancouver Sun. (2010年8月10日). https://vancouversun.com/sports/Soccer+Terry+Dunfield+returns+home+play+Whitecaps/3383092/story.html 2010年8月18日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ Whitecaps FC add Canadian international and 2010 USSF D-2 Defender of the Year | Vancouver Whitecaps FC”. Whitecapsfc.com (2010年12月10日). 2011年9月25日閲覧。
  7. ^ Weber, Marc (2011年7月14日). “Dunfield gets boot, traded to Toronto FC”. Theprovince.com. 2011年9月25日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ Revamped Reds Earn A Draw”. TorontoFC.ca (2011年7月30日). 2011年7月30日閲覧。
  9. ^ “Toronto FC beat Vancouver Whitecaps 3–2 in thriller at BMO Field”. thestar.com. (2012年7月12日). https://www.thestar.com/sports/soccer/mls/article/1225215--toronto-fc-beat-vancouver-whitecaps-3-2-in-thriller-at-bmo-field 2012年7月13日閲覧。 
  10. ^ “Toronto FC concludes woeful season with loss to Crew”. theglobeandmail.com. (2012年10月28日). https://www.theglobeandmail.com/sports/soccer/toronto-fc-concludes-woeful-season-with-loss-to-crew/article4714650/ 2014年2月13日閲覧。 
  11. ^ Toronto FC waive Dunfield”. Soccer By Ives (2013年6月13日). 2014年2月20日閲覧。
  12. ^ “Terry Dunfield Signs For Latics”. Oldham Athletic A.F.C.. http://www.oldhamathletic.co.uk/news/article/20140220-terry-dunfield-signs-1372858.aspx 2014年2月20日閲覧。 
  13. ^ Daniel Squizzato (2014年2月21日). “Canadian Exports: Terry Dunfield lands deal with League One's Oldham Athletic”. 2014年2月21日閲覧。
  14. ^ “Oldham Athletic retained list”. Oldham Athletic A.F.C.. http://www.oldhamathletic.co.uk/news/article/20140507-retained-list-1541282.aspx 2014年5月7日閲覧。 
  15. ^ “Ross County: Boss Jim McIntyre grateful for backing from board”. BBC Sport (BBC). https://www.bbc.co.uk/sport/0/football/29649673 
  16. ^ Ross County to release 14 players at end of season”. BBC Sport. BBC (2015年5月20日). 2015年6月29日閲覧。
  17. ^ Adamson, Stan. “TERRY DUNFIELD HAD IT ALL ……now one of CSL's special players | Canadian Soccer League” (英語). canadiansoccerleague.ca. 2017年2月7日閲覧。
  18. ^ 2016 First Division Stats | Canadian Soccer League” (英語). canadiansoccerleague.ca. 2017年2月7日閲覧。
  19. ^ “Canada draw Ecuador”. Sportsnet.ca (Rogers Sportsnet). (2011年6月1日). オリジナルの2011年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110605061809/http://www.sportsnet.ca/soccer/2011/06/01/canada_ecuador/ 2011年6月1日閲覧。 

外部リンク編集