テリー・ブロス英語: Terry Bross, 本名:テレンス・ポール・ブロスTerrence Paul Bross1966年3月30日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州エルパソ出身の元プロ野球選手投手)。

テリー・ブロス
Terry Bross
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州エルパソ
生年月日 (1966-03-30) 1966年3月30日(56歳)
身長
体重
6' 9" =約205.7 cm
234 lb =約106.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 MLBドラフト13巡目
初出場 MLB / 1991年9月4日
NPB / 1995年4月9日
最終出場 MLB / 1993年9月14日
NPB / 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

ニューヨークセント・ジョーンズ大学時代は野球とバスケットボールで活躍。

プロ入りとメッツ時代編集

1987年MLBドラフト13巡目でニューヨーク・メッツから指名され、入団。

1991年にメジャーデビューし、同年は8試合に登板。

ジャイアンツ時代編集

1993年サンフランシスコ・ジャイアンツで2試合登板。メジャー通算成績は10試合で計12イニングを投げ、0勝0敗0セーブ、防御率3.00。

ヤクルト時代編集

1995年に2月にアリゾナ州ユマヤクルトスワローズが行った春季キャンプでの外国人選手の入団テストに参加して合格し入団[1]。入団時に年俸4000万円と聞いて「そんなにもらえるのか」と驚いたというほど[1]、当時にしては珍しいハングリー精神の持ち主であった。同年9月9日の読売ジャイアンツ戦でノーヒットノーランを達成し[1]大森剛への死球完全試合は逃した)、これによって巨人の自力優勝が消滅した。9月30日に本拠地である神宮球場での巨人戦で完封勝利し胴上げ投手となった(最後の打者は松井秀喜でセンターフライ)。このように、この年の巨人戦にはめっぽう強く、5勝0敗防御率0.23で(39回1/3で失点はNPB初登板した4月9日の後藤孝志のプロ初本塁打(ソロ)のみ)カモにした(先発5試合、救援3試合。勝利は全て先発)。最終的にNPB1年目は、長身から投げ下ろす速球親指人差し指ではさむ独特のフォークボールを武器に14勝を挙げ、4試合連続2ケタ奪三振も記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、前評判の悪かったヤクルトを日本シリーズ優勝に導く原動力となる。

1996年以降は、上から投げ下ろす投球フォームゆえにモーションを盗まれることが多く、打球処理が苦手という弱点を突かれるようになり、更に足の故障の影響もあり成績は低迷した(しかし3年目は投手陣の調整が遅れた影響もあり開幕投手に指名された)。ヤクルト時代、ベンチから敬遠の指示を受けたが「(暴投などをせずに指示通り敬遠をする)自信がない」と敬遠を拒否したことがある。バッテリーを組んでいた古田敦也は「体でっかいけど気は優しい」「5回ぐらい投げて勝ち投手の権利が発生するとどっか痛いと言い出す」と後年彼を評しており、現役時代に古田自身はブロスからマウンド上で優しく励ますことは止めて罵倒して奮い立たせるように頼まれ、これに応じたという[2]

西武時代編集

1998年西武ライオンズに移籍するが、オープン戦からオリックス・ブルーウェーブの当時の監督である仰木彬により、5連続セーフティバントを仕掛けられるなど、ヤクルト時代からの弱点を攻撃され[3]、期待された活躍をすることは出来なかった。

1999年は一軍登板のないまま退団した。 巨人や日本ハムファイターズに在籍していた晩年の落合博満との対戦では、初年度こそ抑えてたもの翌年以降は打ち込まれるケースが多く苦手としていた。1996年には500号本塁打、1998年には現役最終弾を被弾した。

引退後編集

引退後はアリゾナ州にあるスポーツ・マネジメント会社 Gaylord Sports Management で代理人として活動している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1991 NYM 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 39 10.0 7 1 3 0 0 5 0 0 2 2 1.80 1.00
1993 SF 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 3 1 1 0 0 1 0 0 2 2 9.00 2.00
1995 ヤクルト 32 24 5 3 0 14 5 0 -- .737 646 162.1 114 6 57 0 3 139 9 1 43 42 2.33 1.05
1996 23 21 2 1 0 7 12 0 -- .368 571 137.0 115 16 43 1 3 97 5 0 61 55 3.61 1.15
1997 23 21 0 0 0 7 8 0 -- .467 524 115.1 129 16 56 0 0 89 5 1 73 64 4.99 1.60
1998 西武 11 7 0 0 0 2 3 0 -- .400 179 42.1 35 9 23 0 1 28 3 1 28 27 5.74 1.28
MLB:2年 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 49 12.0 10 2 4 0 0 6 0 0 4 4 3.00 1.17
NPB:4年 89 73 7 4 0 30 28 0 -- .517 1920 457.0 393 47 179 1 7 353 22 3 205 188 3.70 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

NPB

表彰編集

NPB

記録編集

NPB

背番号編集

  • 46 (1991年)
  • 37 (1993年)
  • 24 (1995年入団時。3月に吉井理人が入団して24を着けたため、代わって近鉄に移籍した西村龍次が着用していた29に変更)
  • 29 (1995年 - 1997年)
  • 33 (1998年 - 1999年)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集