テレビ朝日映像

テレビ朝日映像株式会社(テレビあさひえいぞう、TV Asahi Productions Co.,Ltd. 通称ViViA=ヴィヴィア)は、テレビ朝日の子会社[1]で、主にテレビ朝日系列で放送されるドキュメント、報道番組などの制作を手がけるが、近年は他局の案件も含めたドラマ・バラエティ制作にも業容を拡大している。

テレビ朝日映像株式会社
TV Asahi Productions Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 ViViA
本社所在地 106-0032
東京都港区六本木1-1-1
アーク放送センター内
設立 1958年11月13日
業種 情報・通信業
事業内容 テレビ番組・CM・ビデオソフトなどの制作
イベントの企画制作・運営
代表者 代表取締役社長 岡井 哲太郎
資本金 7,500万円
(2009年3月31日現在)
売上高 114億4400万円
(2008年3月期)
純資産 15億2679万2千円
(2009年3月31日現在)
総資産 42億1878万6千円
(2009年3月31日現在)
従業員数 235名
決算期 3月31日
主要株主 株式会社テレビ朝日
株式会社朝日新聞社
東映株式会社
関係する人物 大川博藤井恒男鮫島国隆小田久栄門大沢清孝
外部リンク http://www.tv-asahipro.co.jp/
テンプレートを表示
テレビ朝日映像が所在するアーク放送センター(アークヒルズ内)

目次

沿革編集

  • 1958年11月 朝日新聞社東映合弁会社株式会社朝日テレビニュース社」として発足
  • 1959年2月 日本教育テレビ(テレビ朝日の前身)の開局とともに、「NETニュース・朝日新聞制作」の制作を始める。
    また、「朝日新聞ニュース」(日本テレビTBS3社ニュース)の制作を日本映画新社から引き継ぐ。
    併せて東映系映画館向けのニュース映画「東映ニュース」の制作も開始する。
  • 1971年12月 NET朝日制作株式会社に商号変更。
  • 1977年4月 テレビ朝日映像株式会社に商号変更。
  • 1978年8月 報道部門をテレビ朝日に移管。「東映ニュース」も終了し、報道から撤退。純然たるテレビ番組制作・技術会社となるが、筆頭株主である東映株式会社に続いて旺文社も大株主であることには変わりなかった。
  • 1993年7月 六本木再開発計画(六本木ヒルズ計画)により、オフィスを六本木の旧テレビ朝日六本木センターから恵比寿に移す。
  • 1998年11月 愛称・ViViA制定。
  • 2003年2月 映像配信サイト「VIVIA.TV」開始(翌年4月終了)。
  • 2004年6月 本社をアークヒルズのアーク放送センターに移転。

主なテレビ番組作品編集

現在放送中の番組編集

(特番(不定期)も含む)

テレビ朝日編集

報道・情報
紀行・食・ドキュメンタリー
バラエティ
音楽
スペシャル
ミニ番組

ほか多数

BS朝日編集

その他編集

報道・情報
紀行・食・ドキュメンタリー
スポーツ
バラエティ
スペシャル

ほか

過去に放送した番組編集

テレビ朝日(NET)系列編集

報道
情報
ドキュメンタリー・教養
料理番組
スポーツ
バラエティ
音楽
ドラマ・映画
スペシャル枠

ほか多数

BS朝日編集

ほか多数

その他編集

日本テレビ

ほか多数

TBS
フジテレビ

テレビ番組以外の仕事編集

(過去のものも含む)

CM編集

ほか多数

ソフト関連編集

ほか多数

イベント編集

ほか多数

その他編集

など

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ テレビ朝日の子会社 テレビ朝日ホールディングス 

外部リンク編集