メインメニューを開く

テレビ朝日系列昼ニュース枠(テレビあさひけいれつひるニュースわく)は、テレビ朝日をはじめとするANN系列で、毎日昼に放送されている報道番組の枠のことである。

目次

放送枠の歴史編集

1959年の日本教育テレビ(NET)開局と共に朝日新聞制作の『NETニュース』として開始。1970年にANNが発足するとタイトルを『ANNニュース』に変更する。

1975年4月改編でTBS - 朝日放送(ABC)とNET - 毎日放送(MBS)のいわゆる腸捻転ネットが解消され、ABCが近畿地方のANN系列局になる。これに伴い朝・昼・夕方・夜の定時ニュースに専用タイトルを付けることとなり、昼は『ANNニュースライナー』と命名される。

1970年代当時のANNはNNNFNNとのクロスネット局が多く、特にNNNとのクロスネット局では1972年以降11:30から『NNN昼のニュース』(日本テレビ)、途中ローカルニュースを挟み11:45から『ニュースライナー』を編成する局も多かった。現在でも福井放送がこの編成を採用しており、FNNやJNNの昼ニュース枠のように単独番組での放送時間拡大ができない要因の一つとなっている。このためテレビ朝日は『ニュースやきたてマドレーヌ』『NEWSプロフィール』等関東ローカルの報道番組を11:30 - 11:45に編成していた。中京圏においても、名古屋テレビ放送中京テレビ放送が並列で変則クロスネットだった時代、NBNでNNNとANNのニュースを連続放送していた[1]

1993年4月改編で昼の情報番組枠と統合し『ザ・ニュースキャスター』を開始するが、上記の都合から全局11:30 - 12:55(当時)のフルネットが不可能であり、編成上昼ニュース枠を内包扱いとした。この編成は現在の『ワイド!スクランブル』でも継承されている。また、同時期に番組タイトルも『ANNニュース』に戻される。

放送時間が短い都合と本枠直前の11時台がローカルセールス枠であることから、ローカルニュースは局によって放送時間が異なる。テレビ朝日に至っては2014年3月までローカルニュース枠がなかったため、月 - 金曜日は『ワイド!スクランブル・第1部』内の11:45 - 11:57(内包の『ANNニュース』の途中まで)に、土・日曜日は『ANNニュース』番組内で関東地方天気予報を画面左上にテロップ表記している。

なお、全曜日にわたって11:53に飛び降りポイントがある。土日は全系列局がこの時間よりローカルニュースあるいは天気予報を編成し、平日も福井放送が『ヒルナンデス!』(日本テレビ)放送のため飛び降り、テレビ宮崎は全曜日この時間よりローカルニュースを編成し、『バイキング』(フジテレビ)は12:00飛び乗りとなっている。

主な番組編集

テレビ朝日が日本教育テレビ(NET)だった時の番組も含む。

脚注編集

  1. ^ CTVは開局当初はANNは加盟しているが、NNN非加盟であることや、昼と夕方のANNニュースをNBNが放送していることへの配慮としてANN・NNNとも放送せず、東京12チャンネル日本経済新聞社制作・配給による「東京12チャンネルニュース」を「中京テレビニュース」に改題して放送した

関連項目編集