テレンス・ヤング

ショーン・テレンス・ヤング(Shaun Terence Young、1915年6月20日 - 1994年9月7日)はイギリス映画監督。映画007シリーズの初期の監督として知られる。

テレンス・ヤング
Terence Young
本名 Shaun Terence Young
生年月日 (1915-06-20) 1915年6月20日
没年月日 (1994-09-07) 1994年9月7日(79歳没)
出生地 中華民国の旗 中華民国(北京政府) 上海
死没地 フランスの旗 フランス カンヌ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督
主な作品
007 ドクター・ノオ
007 ロシアより愛をこめて
007 サンダーボール作戦
暗くなるまで待って
テンプレートを表示

来歴編集

英国警察長官の父のもと、1915年、上海市共同租界に生まれる[1]。英国で学び、ケンブリッジ大学を出る。大学ではテニスラグビークリケットが得意だった。大学新聞に批評を書き、夏はブリティッシュ・インターナショナル・ピクチャーズでアルバイトをし、卒業後脚本家となる。1941年、メロドラマ『デンジャー・イン・ムーンライト』の脚本家として注目される。

ヤングは第二次世界大戦後期のマーケット・ガーデン作戦の際、イギリス軍の戦車部隊長を務めており、激戦地のアルンヘムで砲撃の指揮をとっていた。後に「もう少し左を狙っていたら(当時同地に住んでいたオードリー・ヘプバーンを撃ってしまって)、今頃はこの仕事についていないだろう」とよく冗談を言っていたという[2][3]

ロンドン脚本家助監督を経て監督になり[4]1953年の『赤いベレー』でハリウッドデビューを果たす。1962年には007シリーズ第1作『ドクター・ノオ』をヒットさせ、『ロシアより愛をこめて』、『サンダーボール作戦』の3作を監督した。 映画を作るにあたり、無名だったショーン・コネリーを行きつけの高級テーラーに連れて行き、スーツを日常的に着させるところから始めたことから、ジェームズ・ボンドのファッションはテレンス・ヤングの嗜好が少なからず反映されているとも言える[5]。 『サンダーボール作戦』を製作後、「最終作を撮る時は戻ってくる」と言い残して去ったが、結局最後までカムバックすることはなかった。

1994年にフランスカンヌの病院で[4]、心不全により79歳で死去した[1]

主な監督作品編集

脚注編集

  1. ^ a b “Terence Young, 79; In 1960's, Directed 3 James Bond Films” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1994年9月9日). http://www.nytimes.com/1994/09/09/obituaries/terence-young-79-in-1960-s-directed-3-james-bond-films.html 2009年7月3日閲覧。 
  2. ^ ショーン・ヘプバーン・フェラー (2004年5月18日). 『母、オードリーのこと』p4. 竹書房 
  3. ^ エレン・アーウィン&ジェシカ・Z・ダイヤモンド (2006年9月25日). 『audrey hepburn treasures』p127. 講談社 
  4. ^ a b Sheil, Robert. “Young, Terence (1915-1994)” (英語). screenonline. 2009年7月3日閲覧。
  5. ^ 「男が憧れる」007 歴代ボンド、一流の装いの秘密” (2020年6月2日). 2020年6月1日閲覧。

外部リンク編集