テンスン・ナムゲル

テンスン・ナムゲル(Tensung Namgyal, 1644年 - 1700年)は、インドシッキム王国ナムゲル朝)の第2代君主(在位:1670年 - 1700年)。

生涯編集

1670年、父王プンツォ・ナムゲルの死により、王位を継承した [1][2]

テンスンは即位後、首都をヨクサムからラブデンツェに遷都した[2]

テンスンは議会と地方長官(ゾンペン)との間に対立が生じたのを見て、議会の定員を12人から8人に減らした。また、先住民のレプチャ族からも議員を出す妥協策を取った[2]

1700年、テンスンは死亡し、息子のチャドル・ナムゲルが王位を継承した[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b Sikkim 2
  2. ^ a b c d 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.379

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 

関連項目編集