メインメニューを開く

テンニング包囲戦(テンニングほういせん、英語: Siege of Tönning)は、大北方戦争中に2度起きた、シュレースヴィヒ公国テンニング英語版要塞の包囲。1度目は1700年におき、デンマーク=ノルウェーは包囲を解かざるを得なかったが、反スウェーデン同盟による2度目の包囲(1713年から1714年)は成功した。

第一次包囲編集

テンニング包囲戦
 
テンニングの防御工事
戦争大北方戦争
年月日1700年3月 - 8月
場所シュレースヴィヒ公国テンニング英語版要塞
結果トラヴェンタール条約で講和
交戦勢力
  スウェーデン帝国
  ホルシュタイン=ゴットルプ家
  デンマーク=ノルウェー
指導者・指揮官
  シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フレデリク4世
  ニルス・ユレンシェーナ英語版

第一次テンニング包囲戦は大北方戦争の最初期の戦闘である。デンマーク=ノルウェーザクセンポーランド=リトアニア同君連合ロシア・ツァーリ国は各自でスウェーデン帝国に侵攻することで合意し、スウェーデンに三正面作戦を強いることにした。合意に従い、デンマーク軍はスウェーデンの同盟国で家系的にもスウェーデンに近い[1]シュレースヴィヒ=ホルシュタインに進軍[2]、1700年3月にテンニング英語版を包囲した[2]。しかし、スウェーデン王カール12世艦隊の援助を得て奇襲をしかけ、軍を率いてコペンハーゲンの前に現れたことで、デンマーク王フレデリク4世は1700年8月17日にトラヴェンタール条約を締結、戦争から脱落した[3]。デンマークはスウェーデン軍が1709年のポルタヴァの戦いで敗れてからようやく再参戦した[4]

第二次包囲編集

テンニング包囲戦
戦争大北方戦争
年月日1713年 - 1714年2月
場所シュレースヴィヒ公国テンニング英語版要塞
結果:反スウェーデン同盟の勝利
交戦勢力
  スウェーデン帝国
  ホルシュタイン=ゴットルプ家
  デンマーク=ノルウェー
  ザクセン選帝侯領
  ロシア・ツァーリ国
指導者・指揮官
  マグヌス・ステンボック   アレクサンドル・メーンシコフ
戦力
スウェーデン軍9,000
ホルシュタイン軍1,600
36,000

1713年初、スウェーデンとホルシュタイン=ゴットルプ家の軍勢はロシアザクセンポーランドの連合軍によって、テンニング英語版近くの孤立地帯英語版で包囲された。このスウェーデン軍はストラルスンドの孤立地帯英語版から脱出したマグヌス・ステンボックの残部1万6千人であり、ステンボックはストラルスンドから脱出した後、ガーデブッシュの戦いデンマーク軍に勝利して、それをホルシュタインまで追撃した。デンマークの同盟国であるロシア、ザクセン、ポーランドは軍勢3万6千を派遣してステンボックを追った[5]

1713年2月、幼いシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公カール・フリードリヒ[6]は中立を破って[7]ステンボックを庇護、テンニング要塞へ援軍を派遣した。これは1700年の包囲の再現(英蘭艦隊の援助と、デンマークの脱落)を期待してのことだったが、英蘭両国は動かず、9千人まで減ったステンボックの軍勢は補給が不足した。そして、いよいよ食料も足りなくなり、病人が2,800人まで増えると、ステンボックは1713年5月16日に降伏した[8]

テンニング要塞のホルシュタイン駐留軍1,600人は包囲に耐え[8]、1714年2月7日にようやく降伏した[9]。デンマーク軍は1713年3月13日に発された王令に従い[7]、ホルシュタイン=ゴットルプの完全支配を目指し、1715年に最後まで抵抗したホルシュタイン軍を捕虜にしたことで成功した[8]。テンニングが降伏した後、その防御工事と宮殿は破壊され、1735年まで再建されなかった[10]

カール・フリードリヒがステンボックの保護、およびその降伏の決定を下したことは、彼の宮廷にいる外交官のゲオルク・ハインリヒ・フォン・ゲルツ男爵によるところが大きかった。アレクサンドル・メーンシコフは本国のピョートル1世から、最も多くの兵士を提供したので最も広大な領土を確保すべき、とする命令を受けたが、結局領土の分割は等分とされた。この命令の不服従により、メーンシコフはゲルツからの賄賂を受けている、という噂が流れた[6]

脚注編集

  1. ^ Frost 2000, p. 227.
  2. ^ a b Frost 2000, p. 228.
  3. ^ Frost 2000, p. 229.
  4. ^ Frost 2000, p. 294.
  5. ^ Wilson 1998, p. 139.
  6. ^ a b Bushkovitch 2001, p. 310.
  7. ^ a b Jakubowski-Tiessen 1983, p. 157.
  8. ^ a b c Wilson 1998, p. 140.
  9. ^ Jakubowski-Tiessen 1983, p. 158.
  10. ^ Klose 1958, p. 259.

参考文献編集

  • Bushkovitch, Paul (2001). Peter the Great. The struggle for power, 1671-1725. New studies in European history. Cambridge University Press. ISBN 0-521-80585-6. 
  • Frost, Robert I (2000). The Northern Wars. War, State and Society in Northeastern Europe 1558-1721. Longman. ISBN 978-0-582-06429-4. 
  • Jakubowski-Tiessen, Manfred (1983) (German). Der frühe Pietismus in Schleswig-holstein. Entstehung, Entwicklung und Struktur. Arbeiten zur Geschichte des Pietismus. 19. Vandenhoeck & Ruprecht. ISBN 3-525-55802-3. 
  • Klose, Olaf (1958) (German). Handbuch der historischen Stätten Deutschlands: Bd. Schleswig-Holstein und Hamburg, hrsg. von O. Kolse Band 1 von Handbuch der historischen Stätten Deutschlands. Kröner. 
  • Wilson, Peter Hamish (1998). German armies. War and German politics, 1648-1806. Warfare and history. Routledge. ISBN 1-85728-106-3. 

座標: 北緯54度19分00秒 東経8度57分00秒 / 北緯54.3167度 東経8.9500度 / 54.3167; 8.9500