メインメニューを開く

テンヨ武田(てんよたけだ)とは、本社を山梨県甲府市に置く醤油調味料の製造販売会社。子会社として山梨県内食品卸大手の武田食品を抱える。

株式会社テンヨ武田
Tenyo Takeda co., ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 テンヨ
本社所在地

日本の旗 日本
400-0857
山梨県甲府市幸町9-30

北緯35度38分48.5秒東経138度34分15.8秒座標: 北緯35度38分48.5秒 東経138度34分15.8秒
設立 1934年7月
業種 食料品
法人番号 2090001001474
事業内容 調味料の製造販売
代表者 武田信彦
資本金 1億円
従業員数 72名
外部リンク http://www.tenyo-takeda.co.jp/
テンプレートを表示
テンヨ武田工場

目次

概要編集

  • 社名:株式会社テンヨ武田
  • 代表取締役社長:武田信彦
  • 資本金:100,000,000円
  • 製造している醤油は、『テンヨ醤油』の名前で有名。他にはだしつゆ「ビミサン」など。

沿革編集

  • 1872年明治5年)5月 - 武田伝右衛門が味噌醤油醸造業を創業。
  • 1934年昭和9年)7月 - 法人組織に改組し、法人名を株式会社武田本店とする。資本金10万円。
  • 1935年(昭和10年)7月 - 社名を武田醤油株式会社と変更。
  • 1948年(昭和23年)6月 - 牛乳、乳製品の製造を開始(武田牛乳)。
  • 1949年(昭和24年)3月 - 社名を武田食糧株式会社と変更。
  • 1954年(昭和29年)10月 - 液体麹タンク培養法の特許を取得。
  • 1955年(昭和30年)4月 - 和光堂株式会社と共同出資して三協乳業株式会社を設立。後に牛乳、乳製品部門を移管。
  • 1975年(昭和50年)5月 - 資本金を1億円に増資。
  • 1994年平成6年)4月 - 社名を株式会社テンヨ武田と変更。
  • 1996年(平成8年)1月 - 卸売り部門を独立し、武田食品株式会社とする。
  • 1996年(平成8年)2月 - 醤油の短期製造法の特許を取得。
  • 1996年(平成8年)3月 - 子会社の武田食品と菱食が業務提携。
  • 2004年(平成16年)12月 - 子会社の武田食品と三井物産が業務提携、資本提携。
 
武田3.6牛乳(武田食品へ継承)

事業所編集

本社・総務経理部
  • 〒400-0857 山梨県甲府市幸町9番30号
製品本部(甲府南工場)営業一部・二部・製造部
東京営業所
札幌出張所

商品編集

ここでは家庭用について記述する。

醤油
  • 丸大豆特選しょうゆ
  • 丸大豆特級しょうゆ
  • 丸大豆うす塩しょうゆ
  • 丸大豆減塩しょうゆ
  • 特選しょうゆ
  • 国産小麦丸大豆使用しょうゆ
  • 寿司しょうゆ
つゆ
その他
  • 白だし(東日本北陸地方を中心に販売)
  • 北の白だし(北海道限定販売)
  • 塩ぽん酢
  • 美味ぽん酢
  • 甲府鳥もつ煮のタレ
  • ひじきをおいしくするたれ
  • しょうゆ糀(こうじ)
  • 塩糀
  • なめ茸
  • 甲州 葡萄のお酢

その他編集

  • 戦国時代、敵の上杉謙信から塩を送られた武田信玄は、これを敵からの塩とは公言できず、『天から与えられた塩』『天与のもの』として領民に分け与えた。社名は、この『天与』にちなんだもの。
  • 創業者の一族は、武田信玄の父信虎の末裔。
  • 看板商品の「ビミサン」のラベルの女の子は、滝平二郎による切り絵。当時の社長が朝日新聞日曜版に連載されていた滝平の切り絵を見て、その切り絵に共感した社長が滝平に依頼して製作された。なお、「ビミサン」は読売テレビ制作・日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』で山梨県で一番親しまれている調味料として紹介された。

グループ企業編集

  • 武田食品

外部リンク編集