メインメニューを開く

テーブルさん座π星(テーブルさんざパイせい)は、テーブルさん座の5等星。この恒星太陽と同じ黄色の主系列星に属し、半径や光度は太陽を上回り、年齢は太陽より少し若い。また、固有運動量は大きい。NASAのTerrestrial Planet Finderの対象天体100個の100番目に挙げられていた。

テーブルさん座π星[1]
Pi Mensae
星座 テーブルさん座
視等級 (V) 5.67[1]
分類 G型主系列星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 05h 37m 09.8851202601s[1]
赤緯 (Dec, δ) -80° 28′ 08.831347245″[1]
赤方偏移 0.000036[1]
視線速度 (Rv) 10.73 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 311.187 ミリ秒/年[1]
赤緯: 1048.845 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 54.7052 ± 0.0671ミリ秒[1]
(誤差0.1%)
距離 59.62 ± 0.07 光年[注 1]
(18.28 ± 0.02 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.4[注 2]
Mensa constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
π星の位置
物理的性質
半径 1.15 ± 0.01 R[2]
質量 1.11 ± 0.01 M[2]
表面重力 4.35 ± 0.01 (log  g)[2]
自転速度 3.1 km/s[3]
スペクトル分類 G0V[1]
光度 1.532 ± 0.004 L[2]
表面温度 6,013 ± 18 K[2]
色指数 (B-V) +0.60[4]
色指数 (U-B) +0.11[4]
色指数 (R-I) +0.19[4]
金属量[Fe/H] 0.05[3]
年齢 34 ± 6 億年[2]
別名称
別名称
CD -80 195[1]
CPD -80 161[1]
Gaia DR2 4623036865373793408[1]
HD 39091[1]
HIP 26394[1]
HR 2022[1]
SAO 258421[1]
GJ 9189[1]
LTT 2359[1]
Template (ノート 解説) ■Project

目次

惑星系編集

2001年10月15日、テーブル座π星を回る太陽系外惑星が発見された[5]。この惑星は、それまでに発見された中で、最も質量が大きいものの1つだった。軌道はかなり偏心的で、2151日かけて公転している。

2018年9月16日、地球の約2倍の大きさを持つスーパー・アースが、太陽系外惑星探索衛星TESSの観測データから発見された。これにより、この惑星はTESSによる観測で発見された、最初の太陽系外惑星となった[6]

テーブル座π星の惑星[7]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
c 4.82+0.84
−0.86
 M
0.06839 ± 0.00050 6.2682 ± 0.00024 0 87.27 ± 0.07° 2.14 ± 0.044 R
b 10.27 ± 0.84 MJ 3.38 ± 0.22 2,151 ± 85 0.6405 ± 0.0072

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u SIMBAD Astronomical Database”. Results for pi. Men. 2017年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Bonfanti, A. et al. (2015). “Revising the ages of planet-hosting stars”. Astronomy & Astrophysics 575: A18. arXiv:1411.4302v2. doi:10.1051/0004-6361/201424951. ISSN 0004-6361. 
  3. ^ a b Valenti, Jeff A.; Fischer, Debra A. (2005). “Spectroscopic Properties of Cool Stars (SPOCS). I. 1040 F, G, and K Dwarfs from Keck, Lick, and AAT Planet Search Programs”. The Astrophysical Journal Supplement Series 159 (1): 141-166. doi:10.1086/430500. ISSN 0067-0049. 
  4. ^ a b c 輝星星表第5版
  5. ^ Jones, Hugh R. A. et al. (2002). “A probable planetary companion to HD 39091 from the Anglo-Australian Planet Search”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 333 (4): 871-875. arXiv:astro-ph/0112084v1. doi:10.1046/j.1365-8711.2002.05459.x. ISSN 00358711. 
  6. ^ Huang, Chelsea X. et al. (2018年). “TESS Discovery of a Transiting Super-Earth in the π Mensae System”. arXiv:1809.05967v1 [astro-ph.EP]. Bibcode2018arXiv180905967H. 
  7. ^ Butler, R. P. et al. (2006). “Catalog of Nearby Exoplanets”. The Astrophysical Journal 646 (1): 505-522. arXiv:astro-ph/0607493. Bibcode2006ApJ...646..505B. doi:10.1086/504701. ISSN 0004-637X. 

外部リンク編集