デアデビル (映画)

デアデビル』(Daredevil)は、2003年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画。監督はマーク・スティーヴン・ジョンソン、出演はベン・アフレックジェニファー・ガーナーなど。20世紀フォックス製作。マーベル・コミック刊行の『デアデビル』の映画化。昼は弁護士、夜は正義の復讐者という2つの顔を持つ盲目のスーパーヒーロー「デアデビル」の活躍を描いている[2]

デアデビル
Daredevil
監督 マーク・スティーヴン・ジョンソン
脚本 マーク・スティーヴン・ジョンソン
原作 スタン・リー
ビル・エヴェレット英語版
デアデビル
製作 アーノン・ミルチャン
ゲイリー・フォスター
アヴィ・アラッド
製作総指揮 バーニー・ウィリアムズ
スタン・リー
出演者 ベン・アフレック
ジェニファー・ガーナー
マイケル・クラーク・ダンカン
コリン・ファレル
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 エリクソン・コア英語版
編集 デニス・ヴァークラー
アルメン・ミナジャン
製作会社 ニュー・リージェンシー・エンタープライズ
マーベル・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年2月9日
日本の旗 2003年4月5日
上映時間 103分
133分(ディレクターズ・カット版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $78,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $102,543,518[1]
世界の旗 $179,179,718[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

幼少の頃盲目となり他の感覚において超人的能力を持つようになったマットが、「正義の行いとは何か」葛藤をいだきながら、成長していくストーリー。

昼は盲目の弁護士として、夜は法で裁ききれない悪を一掃しに街へ繰り出す。エレクトラとの出逢いをきっかけに、事件は展開、街の悪の根源キングピンの正体が明らかとなっていく。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 機内上映版
マット・マードック / デアデビル ベン・アフレック 小山力也 咲野俊介
エレクトラ・ナチオス英語版 ジェニファー・ガーナー 岡寛恵
ウィルソン・フィスク / キングピン英語版 マイケル・クラーク・ダンカン 大友龍三郎
ブルズアイ英語版 コリン・ファレル 村治学
フランクリン・“フォギー”・ネルソン英語版 ジョン・ファヴロー 茶風林
ベン・ユーリック英語版 ジョー・パントリアーノ 円谷文彦
マット・マードック(少年時代) スコット・テッラ英語版 小林良也
ジャック・マードック デヴィッド・キース 菅生隆之
ウェズリー・オーウェン・ウェルチ リーランド・オーサー 亀山助清
カレン・ペイジ英語版 エレン・ポンペオ 園崎未恵
ニック・マノリス刑事 レニー・ロフティン 牛山茂
エヴェレット神父 デリック・オコナー 永田博丈
ニコラス・ナチオス エリック・アヴァリ 小林勝彦
ホセ・ケサダ ポール・ベン=ヴィクター 立木文彦
ファロン マーク・マーゴリス 麦人
ジャック・カービー ケヴィン・スミス
新聞読む通行人 スタン・リー
ダンテ・ジャクソン クーリオ[注 1] 志村知幸
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録
ディレクターズ・カット版が収録されているDVDとBDも同一キャストによって追加収録されている。

スタッフ編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ベン・アフレックは役柄に合っていて、ストーリーもそこそこ面白いが、『デアデビル』は結局のところ、このジャンルに何の新しさももたらさない、退屈で陰鬱な原点回帰の物語である」であり、229件の評論のうち高評価は44%にあたる100件で、平均点は10点満点中5.2点となっている[3]Metacriticによれば、35件の評論のうち、高評価は5件、賛否混在は23件、低評価は7件で、平均点は100点満点中42点となっている[4]

第24回ゴールデンラズベリー賞において、ベン・アフレックが本作と『ジーリ』『ペイチェック 消された記憶』の3作品で最低主演男優賞を受賞している[5]

その他編集

  • エヴァネッセンスのデビュー・アルバム『フォールン』は、1stシングル「ブリング・ミー・トゥ・ライフ - Bring Me to Life」がこの映画のサントラに収録されたことも手伝い、全世界で大ヒットした。
  • 本作のヒロインであるエレクトラが主役のスピンオフ映画『エレクトラ』が2005年に公開された。
  • 2005年発表された「ディレクターズ・カット」版には筋書きを補強する部分があり、本来の構想を理解する参考になる。

リブート編集

今後に本作のリブートが企画されている[6]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ディレクターズカット版のみ登場。

出典編集

  1. ^ a b c Daredevil (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月19日閲覧。
  2. ^ デアデビル[ディレクターズ・カット版]”. WOWOW. 2021年8月29日閲覧。
  3. ^ Daredevil” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年8月29日閲覧。
  4. ^ Daredevil Reviews” (英語). Metacritic. 2021年8月29日閲覧。
  5. ^ 2003年 第24回 ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)”. allcinema. 2021年9月2日閲覧。
  6. ^ “「デアデビル」リブートにジョー・カーナハン監督?”. 映画.com. https://eiga.com/news/20120809/7/ 2021年8月29日閲覧。 

外部リンク編集