メインメニューを開く

ディアッカ・エルスマンDearka Elthman)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物。笹沼尭羅(当時は笹沼晃)。

目次

人物編集

  • 人種:コーディネイター(第2世代)
  • 誕生日:C.E.54年3月29日
  • 星座:牡羊座
  • 血液型:AB型
  • 年齢:17歳→19歳
  • 身長:176cm→180cm
  • 体重:67.5kg→58kg
  • 趣味:日本舞踊
  • 髪色:金
  • 瞳:薄い紫
  • 出身:プラント フェブラリウス市

ザフトのエリート部隊・クルーゼ隊に所属する赤服パイロット。士官アカデミーの成績は4位。エリート意識の強い他の赤服達に比べ、成績を気にする描写はなく、あまり興味がない様子。戦闘での追撃数に関しては〝スコア更新〟と意気揚々とし、好戦的な面が伺えた。

彫りの深い端整な男顔で、健康的な褐色肌が特徴。 軽く見えて掴み所がない反面、根は真面目で実直な性格。

父親はプラント最高評議会議員タッド・エルスマン。父親の反対を押し切ってザフトに志願した。士官アカデミーでイザーク・ジュールとルームメイトとなって以降親友となり[1]、共に行動することが多い。

クルーゼ隊配属当時はアスランと不仲であった。これはストライク撃破任務でのアスランの命令無視など不可解な行動[2]、また本心を隠している様子を不審に思っていた為、信頼していなかった。 が、後に本音で話す機会がありお互いの蟠りが溶け、戦争の早期集結を誓い、和解する。[3] その後は事あるごとにアスランと衝突するイザークを宥めるためクッション役を自認し、両方の間に立って便宜をはかるなど、面倒見も良い。

イザークと同じくコーディネイター選民思想の傾向にあり、ナチュラルに対しても好戦的であったが、恋人を失ったミリアリア・ハウとの出会いによって大きく変化することとなった。

趣味は日本舞踊で、戦前は師匠の元に通っていた[4]。 身だしなみには気を遣っており、ヘアースタイルは寝癖ではなく自分でセットしているほか[1]、私服姿もルナマリアメイリンに絶賛され、「彼のいる部隊に配属されたい」と憧れを持たれていた[5]

初期設定での名称は「アリマン」で、イザークが「ディアッカ」となっていた。また、「激怒すると狡猾な性格が現れる」「好戦的」などの設定がされていた。一方「TV本編とは異なるものである」という前置きの上で、後藤リウによるSEED小説版でのディアッカは嫌味な性格や悪口雑言の類が大幅に緩和されたキャラクターとして描かれている。

なお上記の「狡猾」という性格に関連して、インターネット上では「初期設定は残忍だった」とするものもよく見られるが、公式書籍等では初期のものでも「残忍」という表現は確認できない。

2011年にHDリマスター発売記念でYahoo!JAPANで行われたキャラクター人気投票ではキラ、アスランに次いでの3位と高い人気を見せた。

理由は不明だが、『SEED DESTINY』放映から数年後の2008年以降に発売されたゲーム作品では、登場しても一切声があてられていなかった。しかし2012年に発売された『機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』『SDガンダム GGENERATION OVER WORLD』で久々に声をあてられた[6]

劇中での活躍編集

機動戦士ガンダムSEED編集

クルーゼ隊の一員としヘリオポリスを襲撃し、G兵器の一機バスターを奪取する。以降搭乗機とし、アスラン・ザラらと共にアークエンジェルを追撃し続ける。

同僚であるニコル・アマルフィの慎重な戦術を「臆病者」と批判し、イザーク同様年下の彼を小馬鹿にした態度をとっていた。しかし、オーブ近海戦においてニコルが戦死した際には、更衣室で感情を爆発させ争うアスランと涙するイザークを必死に食い止めて「仲間同士が争っても何にもならない、自分達が撃つべき敵は仇のストライクだ」と正論を訴え、二人の諍いを冷静に仲介する。その結果、仲間達の意志を固く団結させた。

その後、キラ・ヤマトのストライクを迎撃する決戦時、ニコルやミゲル・アイマン、イザークの傷の仇をとるために奮闘する。しかし、ムウ・ラ・フラガスカイグラスパーに機体を中破されアークエンジェルの目の前に不時着してしまう。身動きが取れなくなった直後にアークエンジェルの主砲にロックオンされてしまい、苦渋の思いで投降。アークエンジェルの捕虜となり、バスターも奪還される事になった。その後、そこで恋人の死で泣いたミリアリア・ハウを真相を知らないまま茶化してしまい、事件を引き起こしてしまう。その体験で彼女の傷ついた心情に直に触れ、急速にナチュラルへの感情を変化させていく。そして戦争に対しても、プラントを死守しているという自軍の英雄感覚が、いかに悲しみを招くものかを改めて痛感する。

逃亡艦となったアークエンジェルと共にオーブに向かい、地球連合軍によるオーブ解放作戦を前に解放される。しかしアークエンジェルの危機を見過ごすことが出来ず、また戦争を終結させるために命を掛けて闘う正しい心をもった人間を死なせるわけにはいかないと感じ、自分よりも非力な年下の少女から本当の闘う意味を見出した彼なりの敬意と感謝の意として、モルゲンレーテ社工場内で修復されていたバスターに搭乗しアークエンジェルと共にオーブ防衛に貢献する。この戦いの中でアスランと再会し、迷いを抱く彼を後押しした。そのままアークエンジェルの陣容に加わり、アークエンジェル、クサナギと共に宇宙へと上がり、ディアッカのバスターはムウのストライクと共にアークエンジェルに配備された。コロニー・メンデルでの戦闘では、イザークとの再会を果たす。恋人を失ったミリアリア、亡きオーブ代表首長ウズミ、そしてキラやアスランの姿を見てきたディアッカの言葉は、親友イザークに大きな影響を与えた。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、レイダーに攻撃されたイザークのデュエルを救い、奮戦する。その後、アークエンジェルに接近してきたクルーゼのプロヴィデンスに攻撃を仕掛け、ドラグーンの一斉射によって機体を中破させられる。直後にレイダーから攻撃されるが、イザークによって救われ、アークエンジェルのブリッジで終戦を迎えた。

停戦後は、議員職に戻ったイザークの傍らにザフトレッドとして同行する姿が見られた[7]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY編集

『SEED』終了後、臨時議長を務めたアイリーン・カナーバによって「個人情報の紛失により、あらゆる利敵行為を問えない」という超法規的措置がとられた為、MIAのまま三隻同盟に協力する立場だったディアッカも、プラント籍に戻ることなどを黙認される。

ただしザフトへの復隊にあたっては、一時期ザフトレッドのままだったが[7]、除隊→再入隊という手続きを改めて取りジュール隊に配属。そうして一般兵(緑服)姿での登場となった。なお、もともとザフトには階級制がないので、緑服と赤服はアカデミーの成績差でしかなく、決して降格されたわけではない。 とはいえ実質的には隊長に次ぐポジションで描かれ、本来その役割である黒服(副長級)的な立場でイザークと言葉を交わし、お互いに一段と成長した事をうかがわせた。

ユニウスセブン落下テロの際は、ガナーザクウォーリアを乗機として出撃し、偶然の再会となったアスラン・ザラを交えて円熟した腕前をイザークと共に披露した。彼ら歴戦の強戦士の戦いぶりは、後輩のシン・アスカ達を驚嘆させていた。その後も宇宙でプラント防衛任務に就いていたが、ディアッカもギルバート・デュランダルら議会のやり方に疑問を抱き始める。

一方、前大戦終結後からミリアリアとは恋人、または交際関係にあったらしいが、彼女が戦場ジャーナリストという危険な職に就くことについて意見の相違があり、最終的には「私から振っちゃった」事がミリアリア自身から語られた。

レクイエム攻防戦からは黒色のザクファントム専用機を乗機とするようになり、メサイア攻防戦ではデュランダルが行った大量破壊兵器による飽和攻撃に反発[8]、イザークと共にクライン派を援護、最終決戦を戦い抜き生還している。

「FINAL PLUS 選ばれた未来」や「スペシャルエディション完結編 自由の代償」でのメサイア攻防戦では被弾するカットが追加されている。また、後者の新規エンディング・クレジットのシーンでは黒服に昇格しており、再会を喜び抱き合うキラとラクスの姿をイザークやシホらと共に微笑みながら見守っていた。

主な搭乗機編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「月刊アニメージュ 『ガンダムSEED なぜなに質問箱』」 徳間書店[要出典]
  2. ^ ゲーム『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』にて。ストライク撃破任務時のアスランに対し「戦闘ではつまらないドジ噛ます」と発言している。
  3. ^ ゲーム『機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ』。
  4. ^ ゲーム 『機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。
  5. ^ 月刊ニュータイプ』 角川書店[要出典]
  6. ^ 同時期にカガリ・ユラ・アスハも同様な事態になっていた。なお、『SDガンダム Gジェネレーション ワールド』ではディアッカには声がついていないが、影のカリストの声を笹沼が担当している。
  7. ^ a b 「SEED DVD最終巻 映像特典 『AFTER-PHASE 星のはざまで』」 。一方、イザークとは逆に本職に戻ったのか否か、それ以前に職業自体が何だったのかは不詳。
  8. ^ 「データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY下巻 『OFFICIAL REPORT』」 メディアワークス。
  9. ^ リマスター版では専用カラーとなっている。

関連項目編集